今日も富士山

富士山が見えるとカメラを手にしてしまう。今まで何枚撮影しただろう。この部屋にもいつまでいるかわからないし。ズームレンズを使っているので、実際にはもっと遠くに見える。

意外に雪は少ない。もう少し北寄りには榛名山(たぶん)も見えるが、こちらは完全に雪山。

春からどんな生活が待っているのだろう。楽しみでもあり、少し不安でもある。

 

実家で作業

実家の温水洗浄便座が壊れたらしく、住宅設備用のものをネット通販で注文したものが届いたので、取り替えに行った。我が家のPanasonicはおよそ10年使えたが、実家のTOTOはランクは低いといっても5年くらいで使えなくなってしまった。

実家に行くのに、久しぶりにここを通った。

今見ると、ずいぶんきれいになっている。実家は事件現場にさらに近いが、さすがにいつもの住宅街に戻っていた。

風邪がひどくなって水のような鼻水が出るので早めに横浜に帰る。

石垣から届く

石垣島の郵便局に持ち込んだ泡盛が届いた。すっぽりちょうど入る箱はスーパーで手に入り、年賀切手で別納したのでかなりお得に手に入れることができた。強いていえば、イオンではなく地元のスーパーだと、一本あと数十円安かった。

沖縄では水割りで飲むのがほとんどだが、今の季節はこちらは寒いのでお湯割りがおいしい。焼酎のように炭酸水で割るのは意外においしくない。
沖縄の人が毎日飲むようないわゆる新酒(古酒のように数年寝かせていない)だが、沖縄を思いながら飲むのも楽しい。

乾燥にんじん

旅行に行く前に天日干ししたにんじんを冷凍したものを、チクワと煮た。

相変わらず盛りつけが雑、撮影も適当、インスタ映えなどまったく無視。
これでにんじん4本分で、乾燥させた分、甘みが増した。みりんを少し入れたが、砂糖を入れたように甘い。

手間の割にはにんじんをそのまま炒めたものも好きなので、もう作らなそう。

羽田→石垣からスタート!

ANA特典航空券の旅、いよいよスタート!

NH91 羽田(1120)→石垣(1445)

はじめての、自答手荷物預け機。搭乗券をタッチするとタブが出てくるので、自分で荷物に巻き付ける。
所定のところに置くと、画像の左のように扉が閉まって荷物がゴロンと向こう側に転がる。

ラウンジで外を見ると、バスが走っている。友人がこのバスを運転しているので、あれじゃないか、これじゃないかと探してみるとそれらしき人影。彼にメールすると、すぐに返事が来た。

今日は休みで自宅にいます、と。

3時間のフライトではじめての石垣島へ。

(石垣島のバス、東運輸より)

まずは突端に行かないと気が済まない、最北の平久保崎灯台へ。
車で30分くらい。アップダウンは少ないが、結構くねくね道。

駐車場はトイレ完備。

平久保崎灯台

沖縄には沖縄バヤリースがある。

ちょっと違うの出てきた。果汁が10%に減ってるし。香りだけで薄い味…

ETCは着いているが、石垣島に有料道路はない(沖縄本島にはある)

島の北側を一周するように中心部へ。地図の下の一部分に集中している。下の一部分以外コンビニなどもちろんない。

スーパーにはまぐろのお刺身。トンボマグロは本州ではビンチョウマグロといわれているもの。生だからおいしいだろう。

今宵の宴

ジーマミー豆腐おいしかった。ブラックじゅーしー、じゅーしー、じゅーしーとは炊き込みごはんで、カマボコの中に炊き込みごはんという珍しい食べ物。まあまあおいしい。
島バナナは酸味があって熟れていないバナナみたいな味。オリオンビールをたっぷり飲んだ。
明日は、写真を取り損なった川平湾へ再訪しよう。

明日から旅行

荷物を作りながら徐々に緊張。このところ体調もあまり良くないし、7回も飛行機に乗るし。飛行機の何が嫌って、トイレに行かれない時間があるから。揺れても落ちることはないので怖くないが、それによって酔うこと、その間はトイレに行かれないことが恐怖。
飛行機に乗る度に、鉄道で旅行がしたいと思うのだが、安くあるいは得に旅行をしようと思うと近距離を除くと飛行機になってしまう。

はじめての石垣からスタート!

慣れない雪道

来週の旅の最後は北海道。慣れない雪道をレンタカーで走る予定。念のため、ぶつけても、ロードサービスを頼んでも料金がかからない補償プランに加入。1000円なら入るべきでしょう。
あとは前回の北海道旅行のように10年に一度の低気圧がやってきてとんでもないことにならないように祈るだけ。

東京メトロ中野車両工場の見学会の当選通知が来たが、旅行中なので行かれない…

安全と健康を最優先に旅行を計画中。

泡盛を沖縄で買う

沖縄県内では泡盛を安く購入することができる。生産地だからということではなく、ガソリンなどと同じように税率が軽減されている。具体的にはビールが20%、泡盛が35%軽減されている。沖縄で買って自宅に送ったらどうか計算した。

基本の酒税は1Kリットルあたりアルコール20%の場合20万円で、1%増える毎に1万円増える。30%の泡盛なら30万円であるので、1.8リットルの一升瓶または紙パックは540円課税されることになる。

沖縄県は35%軽減されているので、189円軽減される。酒税だけで200円近いので輸送コストを考えるともっと安くなるはず。沖縄の酒屋から泡盛を取り寄せることがあるが、ある程度まとめて購入しても1本あたり1500円くらいになる。それが那覇のスーパーでは1000円くらいで売っていた。

送料は沖縄県の場合はゆうパックが安く、サイズによるが1600~2500円くらいになりそう。10本くらい買えば送料をかけても得になりそうということになった。ゆうパックの送料は1個から切手別納という制度で、切手で金券のように支払うことができる。ここで一昨年のくじ付き年賀切手をつかうことができる。

まずはスーパーで泡盛の紙パックがいくらで売られているかチェック。

きくやの女将さん亡くなる

青森県鰺ヶ沢にある、きくや商店。

一昨年のツアーで立ち寄ることができた。
海辺で子犬のわさおが拾われて、きくやさんが育てたらしい。きくやさんが入院したとき、わさおは毛が抜けてしまい、退院してくるとまた生えてきたそうだ。間質性肺炎で亡くなったそうだが、難病指定されている病気で、2年前の時も酸素ボンベをつかっていた。
お店はイカ焼きが名物で、干物やみやげものなどを売っていた。
わさおは店の人に飼われるそうなので、これからも会うことができるが、はじめてわさおを見に行った人はこのおばさんのことがわからないと思うと悲しい。

最近気に入って食べるもの

以前はあまり食べなかったが、よく食べるようになったもの。

煮豆。

おそろしく手間がかかるので作ることは、ほぼない。
市販のものでも甘すぎることなく、カロリーオーバーを気にせず食べることができる。小腹が空いたときに、コーヒーと一緒に食べるとおいしい。特に何が好きということもなく、安くなっていると購入する程度。しいていえば、黒い空豆のようなお多福豆はあまり好きではなかったが、今はどうだろう。

この金時豆も好きではなかったので、煮豆全般が好きになったのかもしれない。栄養価も高いので、甘くない豆も積極的に食べたい。