やっと登記完了

やっと合資会社から合同会社の種類変更登記が完了。
インターネットで申請して失敗、その後法務局に3回出頭。

次は全部事項証明書を持って、県税事務所、市役所、社会保険事務所、銀行で変更の届けを出さないといけない。
枠組みはきちんとできた。あとは中身を充実させよう。

いざ銭湯開始!

最寄り駅は京急線子安駅徒歩4分で、JR横浜線大口駅からでも徒歩10分くらい。
スーパー銭湯のような感じだが、実情は銭湯なので大人の入湯料470円。
地下200メートルからわき出る天然温泉で、露天風呂もあって銭湯にしてはかなりの充実ぶり。
小さな飲食コーナーもあって、ビールを飲むこともできる。シャンプー、ボディシャンプーが置いてあるので、タオルだけ持って行けばいい(レンタルタオル140円もある)

驚いたのは、入れ墨をしている人が何人もいたこと。怖い人というより職人風なのだが、ひざ上まで立派な彫り物のおっちゃんの隣でカランを使うのはちょっと緊張する。スーパー銭湯や温泉と違って、何かルールがありそうで落ち着かない。

お風呂から出ると胃が痛くなることがあって、調べてみたら湯あたりの症状らしく、入浴前に水を飲んだり長湯しないようにした方がいいそうだ。
次回は子安漁港の近く、さらに地元民だけのディープな銭湯に行ってみよう。

鷲の湯
http://www.washinoyu.com/index.htm

三度目の法務局

合資会社から合同会社への種類変更で法務局に3回足を運んだ。
一度はインターネット上から申請しているので、厳密には4回近い。

一度目はネット上からの申請したが、誤りが多いので紙で申請してくれと。
添乗したものをすべて返してもらった。

二度目は紙で申請書を作り提出。後日電話がかかってきて、やはり足りないものがあって、もう一度行くこと確定。

三度目は足りない書類と印鑑を持って、やっと完了。

予定通り3月24日に登記完了するはず。
次は全部事項証明書を持って、税務署、社会保険、銀行口座などの会社名の変更に奔走。

dailymotion

昔のドラマを見るのが好きで、BS放送などで録画しているが、Youtubeなどの動画サイトに投稿されているものを見ることができる。
著作権上はアウトなので削除されてしまうことが多いが、違う動画サイトにアップされているのを見つけた。

dailymotionというサイトがそれで、そこには石立鉄男が主演の名作「雑居時代」が全話アップされている。当時の放送を録画できる人は数少ないので、再放送を録画したものだろうが、そんなことはどうでもいい。
このdailymotionは実に嫌なCMやバナー広告を挿入してきて、正直うっとおしい。バナーは大きいものと小さいものが混ざっているので、再生画面が大きくなったり小さくなったり、画面の隅で見ていると非常に目障り。
CMも頻繁に流れて中断されるのも、Youtubeよりひどい。

ところが、GooleChromeで選んだらChromecastでテレビに出力すると、CMが流れないのを発見。これで快適に昭和のドラマが楽しめる。
削除されてしまう前に早めに見る。

雑居時代のほぼ主演の大原麗子さん、小島家と同じお寺にお墓があることがわかった。大原麗子さんは生前、ファンの人がお参りに来てくれるお墓に入りたいと言っていたそうなので、今度行ったときにお参りしてくることにした。

つゆしゃぶしゃぶ

自宅でよく豚しゃぶを食べるのだが、飲食店のやり方を参考にして食べてみた。
お店ではお湯ではなく、そばつゆに白髪ねぎを入れた鍋でしゃぶしゃぶする。
タレは特になくて、つゆに塩やゆず胡椒を入れたもので食べる。

ピアゴは19時を過ぎると肉や魚が半額になるものが多く、自動的に豚しゃぶになる。
ただ、これを利用すると食べ始める(飲み始める)のが21時頃になってしまう。
おかげで、外でしゃぶしゃぶを食べる気がしない。

横浜合同第二庁舎で飲める!

横浜地方法務局の入っている横浜合同第二庁舎。船舶免許の更新でやってくる関東運輸局もここに入っている。
一階には贅沢にも喫茶室と食堂、二つも福利厚生施設が整っている。

食堂には夕方パブタイムなるものが存在。

手間のかからないおつまみ。値段が安いので文句はない。パーティーメニューもあった。

充実のドリンクメニュー

安めの居酒屋といった価格設定。お通しもないだろうから安く上がりそう。ボトル類がかなり安い設定で、中の人を優遇しているのだろうか。
ちなみに、このパブタイムは17:30と遅めのスタートで、20時に終わってしまう。パーティーメニューとセットだろうが、飲み放題もあった。

 

修繕工事おおむね終了

毎日ゴンドラが降りたり上がったり、ベランダにドシンと人が飛び降りて作業をするのは本当に憂鬱。
ほぼ終わったようだが、終わるはずの日に終わっていない。

作業は上から行われているので、上が白くきれいになっている。
昔の丸ノ内線の車内のようなピンクのような変な色から、汚れが目立つであろう白へ。
高所で作業をするのは鳶の人なのだろうか、それとも高いところが強いそれぞれの職人さんなのであろうか。
作業は終わっても、ゴンドラが上下に通過していくのはあと数ヶ月続く。

ズームレンズを持って

ズームレンズをつけて出かけた。
遠くのものを撮るのはいいが、町歩きではまったく役に立たなかった。
もっと下がらなければ全景が入らない、そんな景色ばかり。

横浜中央卸売市場前の店舗、横浜乾物株式会社だから、ヨコカン!

東海道本線貨物支線(通称高島線)の踏切がある。
関内、石川町駅で待っていると貨物列車が通過することがある。ところが、この貨物列車を横浜駅で見かけることはない。
タンク車は根岸の石油工場から桜木町からこの高島線に入り、鶴見に至る。
旅客列車は臨時列車以外は運転されていない。

高島線

(Wikipediaより)

鶴見方向を望む

桜木町方向を望む

みなとみらい橋からベイブリッジ、ロイヤルウイング(レストラン船)

次は標準レンズを持ってこよう。

資格学校の新しいカタチ

とある国家試験の資格試験の勉強をしているが、ネット上で展開する予備校を発見。
よくある1回目から数回無料で後は受講料を払うスタイルではなく、授業はすべて無料公開。
テキストは16000円と少し高めだが、テキストを買っても買わなくても勉強はできる。
さらに、受験対策の授業や問題演習の授業もあり、こちらは当然有料になる。
パソコン一台と、極端にいえばうちでも授業の動画を撮影することもできる。教室がいらない、人件費も安く上がる、教室運営としてかなり安くできるのと、ひとつの授業で1万人でも2万人でも受講することができる。
この先生が始めたことではないかもしれないが、やはり頭のいい人が考えることはすごい。

銭湯巡り

神奈川の組合に加盟している銭湯で利用できる入浴券を安く購入した。
横浜でもけっこう銭湯が残っているので、いくつか行ってみよう。