週末は札幌へ

ひょんなことから週末は札幌へ一人旅。
ミッションは別にあるので、空いてる時間は何をしよう。
今年の目標でもある、全国路面電車走破を早速敢行!

札幌に何度も行っているのに、まだ乗ったことのない札幌市電。
路線図を見てみると、ごく最近400メートル延伸されて環状になったそうだ。


(札幌市交通局より)

ポイントは札幌駅に乗り入れていないこと。一周はおよそ50分なので、2時間もあればたっぷり乗り降りできそう。一乗車200円と路面電車としては少し高めで、一日乗車券は360円なので一度乗り降りするだけでもとが取れる。今回は関係ないが、子どもひとりも乗車が無料になる。

札幌市営地下鉄も調べてみる。地下鉄前線がゴムタイヤで走るのか!


(札幌市交通局より)

こちらも特徴的で、三線すべてが大通駅を中心に放射状に伸びている。
新千歳から快速エアポートに乗ってくると、新さっぽろに停車し、札幌よりも200円前後安い。
土日祝日専用の一日乗車券が発売されていて、520円。新さっぽろ、ホテルの最寄駅、所用の最寄り駅を結ぶだけでも一日乗車券のほうが得になりそう。
二日目も同様の行程なので、2日連続で地下鉄の一日乗車券を買うことになりそう。

チキン南蛮

ただでさえカロリーの高い揚げ物に、マヨネーズベースのタルタルソースをたっぷりかけるチキン南蛮。宮崎県が発祥といわれるが、肝心なものが抜けているお店が多い。

アジの唐揚げで作った南蛮漬けというものがあるが、チキン南蛮と共通して大切なものは、甘酢。
鶏の唐揚げに甘酢をかけて、さらにタルタルソースをかけるのが本場のチキン南蛮。
ごはんにとても合うが、これとごはん、明らかにカロリーオーバー。
欲を言えば、これでもっと生野菜が食べたい。

うちで焼とん

おつまみで好きなもの5本指に入る、やきとん。
普段行くスーパーには置いていないが、豚タンと豚かしら肉のかたまりを売っているお店がいくつかある。
うちでやきとんを作る場合、選択に悩むことがある。

串にさすか刺さないか

塩にするかタレにするか

焼鳥は煙でいぶされないといけない、高温で一気に焼かないとあまりおいしくないので、自宅では作らない。
カシラは串に刺してグリルで焼いて、タンは油をしいたフライパンで焼いた方がおいしい。塩コショウでもおいしいが、にんにく、みりん、しょうゆのタレもおいしい。みりんを入れれば砂糖を入れる必要はないくらい。

これなら手間をかける価値があることがわかった。牛ステーキを考えれば、豚タンはひとり一本でも食べられる量。豚バラブロックを買ってくれば、居酒屋で不動の人気の豚バラ串も食べられる。

ブリ、野菜

寒ブリ2回目。今日のブリは天然モノなのか、前回の3倍くらいおいしい。

レタスが1個498円の昨今、今こそ野菜を食べるしかない。
ほうれん草のサラダ。なぜか玉子焼きが入っている。合わなくもないが、おいしくもない。

地元以外での恒例の寄り道はサミットストア。
会計だけセルフがここでも深く浸透、ちょっと圧巻。

今年はじめての、みなとみらいまで

ポートサイドのあたりを走っているのは何度も見たが、子安浜の向こうの高島貨物線を行く列車を初めて見た。

子安浜と首都高と自宅

オーケーストアの本社がある、オーケーみなとみらい。
採算をあまり考えてなさそうなので、試験的であろうフードコートがある。
ワインも飲めるし、チューハイや生ビールも飲める。下の売り場で買ってきたものを持ち込んで食べても良いそうだ。

この他に、和牛の焼き肉レストランもある。

オーケーの売り場にあるものをフードコートで食べられる、そういうコンセプトらしい。ワインもそのようなコンセプトだ。下でプラコップと共に買ってくればさらに安くなるが…

うちからも近くはないので実現しなそうだが、ちょい飲みには対応できそう。横浜第二合同庁舎で飲む!と同じ位置づけ。

寒ブリ

この季節はじめて寒ブリを食べた。

養殖のブリはちょっと脂がのりすぎているので、しゃぶしゃぶにしたり、炙った方がおいしい。ブリとハマチについて整理する。

ブリは出世魚で、関東ではワカシ、イナダ、ワラサ、ブリの順でブリというと80cmを超えて相当大きなものになる。関西ではまた少し違うので、関東だけ整理してみる。

ハマチ=養殖ブリの若いもの(短期育成)

ワカシ、小さなイナダは養殖業者が出荷するはずがないので、必然的に天然モノになる。

個人的な嗜好と判断では、ブリ(脂っぽすぎ)<カンパチ<シマアジの順においしいと思っている。

横浜の子ども

小学生の時に、口を開けたまま学級文庫って言ってみて!
そんなくだらないことがちょっと流行した。
東京では学級文庫だが、横浜の子どもはちょっと違うらしい。

駅名ぜんぜん見えず

金沢文庫って言ってみて!と言うらしい。
青葉区や緑区の東急沿線の子どもは言わない気もする。

オーケー藤沢店

藤沢に行くと、オーケーストアに行きたくなる。

他のテナントも入っているとはいえ、ここのオーケーは巨大。
オーケーは、ミニスーパー、スーパー、ディスカウントストア、ホームセンターのようにランクがあって、ここは文句なくホームセンター。

家庭用雑貨、日曜大工用品などもある。

オーケーは価格を競合店の価格に合わせてあって、競争の激しい地域では安く、そうではない地域では意外に安くないことも多い。たとえば、藤沢店で150円で売っていても、うちの近所のそうてつローゼンが170円で売っていれば、うちの近所のオーケーは168円だの170円で販売し、特価品を除くと150円で売ることはほぼない。当然といえば当然だが、非常に効率のいい商売をしているように思える。

半額シールが貼られことは少ないので、出先のオーケーは魅力に乏しいが藤沢店の品揃えは半端ではないのでいつも面白い。

いちばん好きな魚はなんだろう

魚が好きなのは自他共認めるとして、いちばん好きな魚はなんだろう。
結論として、いちばんは決められない。だから、マグロ丼とかウニ丼とか一種類または二種類くらいの丼はあまり魅力がない。

シマアジも養殖物とはいえおいしいが、超新鮮なサバのお刺身と比べたら、魚好きならサバの方がおいしく感じるはず。天然モノの適切にねかされたシマアジとサバではシマアジの方がおいしいと思う。

養殖でもおいしいシマアジ、カンパチよりワンランクもツーランクも上。

今年も全国いろいろなところで、いろいろな魚を食べたい、日本酒を飲みたい。

 

すごいめまい

これで2回目、夜中に目が冷めてすごいめまい。
原因は飲み過ぎなのだけれど、飲み過ぎによる脱水症状が原因みたい。
めまいには大きく分けて二種類あって、目が回るようになる回転性めまいと、ふわふわする、俗にいうふらっとする浮動性めまい。
回転性のめまいの原因は平衡感覚の中心の内耳が原因で、そのほとんどが良性のもの。浮動性の場合は脳の問題がある可能性があるので注意したほうがい。
いずれにしても目が回るのは、想像以上にひどい不快な気分。どこかが痛いよりかなりつらい。

足はひどくつるし、水分が足りないのは体感していたのでもっと積極的に水を飲むようにした方がいいのだろう。
年明け早々、健康に自信がなくなった。