唎酒師

お酒が好きだから、せっかくなら本格的に勉強してもいいかもしれない。
ワインならソムリエ(実務経験が必要だが)、日本酒なら唎酒師(ききざけし)がある。
講習を受けて、それなりにお金がかかる。
さらに協会に所属するので、受講と入会金、年会費を併せると10万円以上かかる。
知識の乏しいワインを勉強するか、日本酒にするか。
日本酒なら、全国にある酒蔵ツアーに、「唎酒師と行く」という冠がつけられる。

遅くても年明けには初めてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください