提携航空会社特典航空券つづき

発着地 利用
クラス
目的地
韓国
(Zone 2)
アジア 1
(Zone 3)
アジア 2
(Zone 4)
ハワイ
(Zone 5)
北米
(Zone 6)
欧州
(Zone 7)
アフリカ、
中東
(Zone 8)
中南米
(Zone 9)
オセアニア、
ミクロネシア
(Zone 10)
日本
(Zone 1-A ※)
Y 15,000 20,000 35,000 40,000 50,000 55,000 設定なし 45,000
C 30,000 40,000 60,000 65,000 85,000 90,000 75,000
F 45,000 60,000 105,000 120,000 150,000 165,000 135,000
発着地 利用
クラス
目的地
韓国
(Zone 2)
アジア 1
(Zone 3)
アジア 2
(Zone 4)
ハワイ
(Zone 5)
北米
(Zone 6)
欧州
(Zone 7)
アフリカ、
中東
(Zone 8)
中南米
(Zone 9)
オセアニア、
ミクロネシア
(Zone 10)
日本
(Zone 1-B)
Y 18,000 23,000 38,000 43,000 55,000 60,000 70,000 90,000 50,000
C 33,000 43,000 63,000 68,000 90,000 95,000 110,000 143,000 80,000
F 54,000 69,000 114,000 129,000 165,000 180,000 210,000 270,000 150,000
 Zone1-AとZone1-Bの違い


Zone1-A
国内→上海→国内

海外を単純に往復。国内では往路・復路2回ずつの乗換と1回の途中降機が出来る。

Zone1-B
国内→台湾(乗換24時間以内)→上海(乗換24時間以内)→タイ(目的地)→(シンガポール乗換24時間以内)→北京(途中降機)→国内

国内に2回ずつとさらに、海外でも往路・復路で2回ずつ乗り換え、途中降機が往復で1回できる。シンガポールを途中降機にして、北京を乗換地にしてもいい。実際に運航されているかは別として、ルール上はこれでタイの往復マイルが必要なので、38000マイル+諸税。

MAX乗ると、出発→(国内24時間以内)→(国内24時間以内)→(海外乗換24時間以内)→(海外24時間以内)→海外目的地

(目的地と同じエリア)→(海外乗換24時間以内)→(海外24時間以内)→国内(24時間以内)→国内(24時間以内)→帰りに降りていないところ

目的地はもちろん、この他にどこか一カ所途中降機(24時間を超える滞在)できる。

エコノミークラス38000マイルもいいが、ビジネスクラス63000マイル使用すればビジネスクラスに6回搭乗することができる。

最も大きな問題は、割当の席が少ないのでかなり先の予約をしなければならないこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください