春の大洗添乗バスツアー

ハマトラベル一押しの春の大洗、2泊3日のバスツアーに行ってきました。

初日の昼食は、魚屋が経営している大洗で評判のお店を選びました。

地魚丼

マコガレイ、イシガレイ、石鯛、ホッケ、タイラガイ、真だこ、メヒカリ、車エビ、白魚、アイナメ

「どの魚にも味を付けてあるのでそのまま召し上がれますが、ご遠慮なく醤油をお使いください。」

せっかくなので、もちろんそのままで。新鮮な素材の旨みや食感をダイレクトに味わえました。

 

かねふくのめんたいパーク大洗

工場見学や、できたて明太子を試食。明太子あらびきソーセージは、ピリ辛チョリソー風でした。

 

大洗の宿は、割烹旅館「肴屋本店」

明治初期より7代続く老舗旅館は、素朴で、落ち着いた雰囲気です。

若旦那自らが仕入れから調理まで行うという、自慢の料理(肴屋本店WEBサイトより)

先付け、お造り、常陸牛の石焼き、大洗産しらす釜飯、 ショウサイフグ竜田揚げ、メバルの煮付け、小鉢

更にオプションで、ホッキ貝のしゃぶしゃぶ、旬の焼きハマグリなど。

 

大洗は、テレビアニメ『ガールズ&パンツァー』の舞台で、ガルパン聖地と言われています。

旅館にも、声優さん達のサインがたくさんありました。

秋のあんこう祭では、6年連続でイベントが行われ、震災後の町を盛り上げています。

 

翌日は、絶好の釣り日和となりました。釣り船をチャーターして出発されるお客様。

お客様が出発されてすぐ、大洗マリンタワーへ上ってみました。

地上60メートル、3階の展望室

遠くに小さくお客様の船(たぶん)が見えました。手前は、大洗フェリーターミナルです。

 

午後のターミナルには、北海道へ向かうフェリー「さんふらわあふらの」がいました。

2000年頃、家族旅行で大洗から室蘭へ、そして苫小牧から戻ってきました。船は違いますが、かなり揺れたことを覚えています。

お客様は大漁。

夕食で、釣果のメバルの煮付けと鯖の塩焼きをご馳走になり、お酒が進みました。

 

最終日は、鹿島灘を横目に、鹿島神宮へ。

本殿

厳かに、ご祈祷が執り行われました。

 

昼食は、是非ご案内したかった鰻店へ。神栖の住宅街にある隠れた名店です。

35年前の開店以来、作り足しているたれが決め手で、串を刺さずに焼いているそうです。

関東風蒲焼の最大の特徴は「蒸し」ですが、一口いただくと柔らかくて、身がふっくらでした。

 

数日後、親切だった茨城弁の船頭さんが写真を送ってくれました。

船頭さん、旅館の女将さん、鰻屋のご主人など笑顔が素敵な皆さんに囲まれ、魅力的な旅になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.