本場徳島の阿波おどり

関東周辺でも見られる阿波踊り、本場徳島市の阿波おどりと何が違うか。
ずばり、街中で阿波踊りが踊られているという違い。
商店街でもどこでもちょっとした直線で踊っている。
そして、少なくとも日付が変わる付近までは踊り続けている。

そんな徳島の阿波おどり、弊社でもツアーとして販売していますが、遠いだけあってやっぱりお高い。
いちばん高くて楽なのは、もちろん航空機。これは当然として、意外に高いのがJR。
多少でも割引のある航空券と、この期間無割引のJRではJRの方が圧倒的に高い。
JRは快適かというと、岡山までのぞみに乗って、岡山から徳島まで直通の特急は一日数本、そして混雑する。
高松まで快速マリンライナー、そこから特急うずしおに乗り換える。
なんだかんだと、東京から徳島まで新幹線と特急利用でも6時間近くかかる。

安価なものは、東京~徳島~新門司のオーシャン東九フェリーと、高速夜行バス。ただ、フェリーは徳島発が朝になるので、わざわざ一泊して翌朝フェリーに乗船することになってしまう。

少し安くてそこそこ快適な経路としては、神戸まで飛行機で行って、神戸空港から高速バスで2時間40分。
または、新幹線などで新大阪まで行って高速バスでも岡山回りより早いくらい。
大阪から南海電車に乗り換えて和歌山港、南海フェリーで2時間ちょっと、徳島入りもできる。

究極に安いのはこれ。

東京からムーンライトながら、大垣、姫路など乗り継いでいくと、徳島に14時頃着くことができる。
これなら小田原までの乗車券(JRでも小田急でも)、青春18きっぷ一回分(2,370円)、ながらの座席指定券(520円)だいたい5,000円くらいで行くことができる。

ただし、徳島市内のホテルを予約するのはほぼ不可能なので、近隣のホテルを探すかツアーに参加するか。

ハマトラベル阿波おどりツアー2018
http://hamatravel.com/highlight/domestic/shikoku/awaodoritour