2010年 5月 の投稿一覧

「横浜のおいしい水」検定

横浜市水道局のWebサイトから問題をダウンロードし、回答して封書で送る。

返信用封筒に切手を貼って送ると、合格ならば認定書と抽選で次のようなものがもらえる。

img16.jpg

サッカーはまったく興味がなく、横浜FCが何なのかもよくわからない。

ファンクラブじゃないだろうし…

詳しくはこちらをどうぞ。

 

横浜市は井戸を掘っても海水が出てきてしまい、主な水道水は山梨県を流れる道志川から取水している。

山梨県道志村は面積の90%を横浜市が所有している。

横浜市では浄水場と呼ばず、水再生センターなどと呼んでいる。

キャラクターは「はまぴょん」

img13.gif

横浜市交通局のキャラクターは「はまりん」

profile.gif

横浜の旅行会社と言えば「ハマトラベル」(イメージ)

hamat.jpg

 

 

さんふらわあで行く北海道

茨城県の大洗港から北海道苫小牧間をフェリーが毎日2往復している。

所要時間は便によって違うが、18時間くらい。

map.gif

期間限定だが、深夜便が大幅割引。

2010年7月1日(木)〜7月15日(木)出港便まで

■大人片道1名様・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・60%割引 11,500円→ 4,600円
■小人片道1名様・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20%割引  5,750円→ 4,600円
■乗用車5m未満+運転者1名様・・・・・・・・・・25%割引 29,000円→21,750円
■乗用車6m未満+運転者1名様・・・・・・・・・・25%割引 34,000円→25,500円
※他の割引との併用は不可。

大洗港へは高速バスで水戸まで行くと、便利で安く行かれる。

水戸からは路線バス、または鹿島臨海鉄道で大洗駅下車、徒歩かタクシー。

苫小牧港も札幌行き連絡バスか、JR利用で札幌まで2時間かからない。

 

この深夜便はすべて2等寝台であるが、一段ベッドでかなり快適そう。

bed.jpg
船は一万トンを超える大きなものだが、実は揺れるときは揺れる。

過去1往復半しているが、快適だったのは一度だけ。

さらに一度は航海中ずっと時化ているというすごい状態で、航海19時間中14時間くらい寝ていた。

揺れなければ、鉄道より広いし安いしいいことずくめ。

 

フェリーには大きな展望浴場がだいたいあって、お風呂に入ってビールが飲める。

2等寝台はJRの解放寝台よりずっと快適で、2等料金に大体3000円くらいプラスするだけで済む。

バイキングが多いがレストランもあるし、フェリーはかなり快適な交通機関。

ハマトラベルで発売中の北海道ツアーのフェリーは日本でも有数の豪華フェリー。

今年は船旅をしてみませんか、強くオススメ。

daisetu.jpg

拙宅からのスカイツリー

友達からの指摘で、スカイツリーが見えることが判明。

肉眼だとこんな感じ(クリックで拡大)

syat.jpg

ズームレンズでこの程度。双眼鏡だともう少し見える(クリックで拡大)

skytup.jpg

 

夜は、こんなものを買ってみた。安くなる瞬間の戦いに勝てたから。

aspara.jpg

緑のアスパラはユリ科アスパラ属だが、これはアブラナ属アブラナ科。

生でも食べられ、火を通すと緑になるのだ。

オリーブオイルで軽く炒めて、レモンと塩こしょうでもおいしい。

もちろん、マヨネーズでも。

 

以上、昨日の話でした。

総会に出席

神奈川県や横浜市、川崎市などに協議会を置くとある会の総会に出席してきた。

壇上を見ると、よく知っている人の顔があった。

キリンビール横浜工場の広報部長の方だ。

よく知っていると言っても一方通行で、向こうはおそらく知らない。

さらに、よく知っている(一方通行)松沢県知事が登場。

武田薬品が藤沢市に世界最大の研究所を作ること(誘致)、がん治療のホープ重粒子線治療施設が日本で4施設目として県立がんセンターに設置されたことなどを話した。

さすが第一級の政治家、にこやかに穏やかに熱く語る。

 

同業者である旅行業者の名簿を見てみると、当然のように大手旅行業者の名前が連なる。

Jとか近とかクラとか。

おもしろかったのが、それぞれの所属と役職名。

 

販売促進部自治体イベント企画担当チーム

地域振興室マネージャー

地域振興室マネージャー

 

そして、ハマトラベル 代表社員

なんかおそろしく場違い。

 

そして名前もみんな長い。

JR東日本は、横浜支社営業部販売促進課観光開発担当課長

横浜市交通局 沿線協働推進担当課長

わが神奈川県も組織改革があり担当が、神奈川県商工労働部商業観光流通課観光室になった。

 

これから何回か会議をすることになる。

旅行業者、宿泊施設などが一丸となって商品を開発するらしい。

一丸はいいけど、うちなど0.01丸くらいだな。

 

ホテルニューグランド、重慶飯店、崎陽軒、マリンタワー、日産自動車、などこれでもかというくらい神奈川を代表するような会社が並ぶ。

参加できることだけでもありがたく思う。

何か一つ意見でも述べて、貢献できるようにがんばろう。

鉄道のご用命はハマトラベルへ

のりものの好きな旅行会社、だったのだが、いっそ鉄道に特化してしまおうかと思うようになった。

もちろん、バスや飛行機も取れるのだが、なんといっても鉄道には自信があるから。

JR東日本は独自ルートができたので、いろんなところで皆さんのお役に立てそう。

 

単純往復だけでも、ぜひご相談ください。

 

今日の鉄道ネタ

横浜駅で都営5300形1931T三崎口19:56発「快特高砂」を二日連続で見た。

一日一本の列車なのだが、二日連続だ(ただ帰りの時間が同じだっただけ)

それと、京急新子安に到着する普通品川が、もう長くない1000形だった。

 

暗号のような文章でしょう。わかる人にわかればいいです。

ほめて伸ばす

女の子にモテる第1位は、聞き上手らしい。

たしかに、話を聞きたいより、話を聞いてほしいの方が多いかもしれない。

同業の人なのだが、何か話をすると「それはいいかもしれないね」という人がいる。

口癖のようにそう言うのだ。

その言葉に責任はないのだが、なぜかその人に話してみようという気持ちになる。

 

反対に、何を言っても「そんなにうまくゆくかな」「そんなに甘くないよ」と否定ばかりする人もいる。

「そんなにうまくゆくかな」→「こうしたらどうだろう」

それならいいのだが、そういう人はたいてい否定して終わり。

 

「大学なんてどこに行っても同じだよ」

東大や慶応を出てる人からこんなセリフを聞いたことがない。

少なくとも、大学で勉強の苦労をした人はたとえ三流大学卒でも絶対にこの言葉は出ない。

 

予備校講師のとき、やる気がないならやめたら、みたいな感じだった。

ほめて伸ばすは科学的には間違っていないことが証明されている。

ハタチ前の学生なんてしょせん未完成の人間なんだ。

ほめることと、おだてることは違うのだ。

子どもができたら、ほめて伸ばして、少なくとも俺より上には行ってもらおう。

帰宅難民にならないために

有事の時に帰宅難民にならないようにシミュレーションしてみた。

それはウソで単なる気まぐれで、自宅から事務所まで歩いてみた。

新子安から関内までの営業キロは7.0キロ。

百聞は一見にしかず、歩いてみよう。

16.jpg

新子安駅前から16号を南下してみる。

15分くらい歩くと、京急子安駅前にたどりつく。

交差点信号下は「京浜子安駅前」そもそも京浜子安などという駅名は現在も過去も存在しない。

なぜかここはラーメン店と中華料理の店が多い。

 

神奈川警察を右に見てポートサイド地区最寄りに近づく。

横浜駅に分かれる交差点を左に進み、みなとみらいを目指す。

port.jpg

ハマの景色としては新しいポートサイト地区。

隣接する貨物線に偶然貨物列車が通りかかる。

ef210.jpg

EF210がタキ10000を引いている(電気機関車が空の石油タンク車を根岸に運んでると訳す)

minatomirai.jpg

10年前にはまったくなかった景色だ。ここまで1時間近くかかってる。

nipponamaru.jpg

みなとみらいの日本丸と新しいハマの景色を見ながら進む。この時点で疲労困憊(こんぱい)

 

修学旅行生を横目に見ながら本町2丁目を右折する。

tvk.jpg

横浜メディアビジネスセンター、ここから毎日TVKテレビ「ハマランチョ」が中継されている。

tvkana.jpg

中村アナは去年11月に結婚したのだ、好きだったのだが。

となりのテミヤンというおっさんは湘南では人気のミュージシャン。

関内を出た京浜東北線の中で見かけたのだが、声をかける勇気がなかった。

中村アナだったら何がなんでも声をかけたのだが。

 

ここまで来ればもう庭のようなもの。

結局事務所までは休まず1時間半。

いくら水を飲んでもお茶を飲んでものどが渇く、おしっこは出ない。

 

有事の訓練、健康対策にしてもこの疲れ方は業務に支障が出そう。

今日飲んだお酒

夕方近くに、メールが受信できないという会社にジーパンで出向いてサポート業務。

WindowsUpdateなどをしたが、結局はCドライブの容量を拡張しないといけないという結論で撤収。

居酒屋(もちろん調査)でビールと日本酒一合をたしなむ。

まったく足りないのだが、お酒が高いので仕方がない。

 

上野駅構内のガーーデン自由が丘でカップ酒とドライ納豆とやらを買って13番線ホームへ。

このホームは、カシオペア、北斗星、今はなき北陸、あけぼのなどが来る花形ホーム。

地下なので薄暗く、それだけでもの悲しい。

そこでカップ酒「越の誉」という酒造メーカーも書いていないものを飲んで、ほろ酔い気分で帰った。

 

飲み足りないのでさらに、菊の露(泡盛)を数杯。

こんな感じでかけがえのない一日が終わりました。

今日は二度と来ないのに。

 

まあいいや、「明日できることは今日するな!」

ランキング

毎日ハマトラベルの検索順位を調べている。

鉄道旅行がひとつ下がって16位、東北四大祭りが117位になった。

これはYahoo!の順位で、Googleでは300位以下。

 

一般的にGoolgeは被リンク、つまりいかにリンクされているかで順位が決まる。

それも、評価の高いページからのリンクで順位が上がるのだ。

要するに、ハマトラベルはあまりリンクされていない、ということ。

 

まあいいや、日本ではYahoo!の方がまだ利用者が多いし。

SEO(検索エンジン最適化)にもちょっと行き詰まった。

あとは内容の充実だろう。

結局は勉強でも何でも地道にやらないといけないんだ。

移動だけの一日

明日が期限の回数券を消化するために羽田空港に行かないといけない。

どうせなら新設されたエアポート急行に乗ってみよう。

というわけで、京急新子安から不運の1500形に乗って横浜へ。

横浜からエアポート急行新逗子行きに乗ってそのまま新逗子へ。

2000形エアポート急行

8連の2000形は往年の快特を思い出させる。

 

乗り換えはすべて裏目に出ながら、羽田空港へ。

パンダの飛行機がやってきた。

ANAパンダ

kuko.jpg

そろそろ、東海道貨物線を体験しないといけない。

 

平塚まで行くと、東京行きの211系2000番台オールロングシート編成10両がやってきた。

今日は辻堂駅のホーム拡幅工事の影響で貨物線を経由し、藤沢の次は武蔵小杉なのだ。

 

駅でも繰り返し放送され、車内でも繰り返し放送されたにもかかわらず、武蔵小杉で動揺していた乗客が多かったのには呆れた。

東海道貨物線は東戸塚あたりから本来の東海道線をはずれる。

新横浜の南あたりを通って、鶴見でふたたび一緒になり、横須賀線の横を走る。

kamotu.jpg

実は、大半がトンネルなのだ。

横浜羽沢貨物駅あたりを通過するとまたトンネルで、外に出るとそこは鶴見あたりだった。

遠くに新川崎を見ながら、列車は武蔵小杉に着いた。

武蔵小杉に211系が到着するのも、初めてのことのはず。

一見して鉄らしい野郎どもが大半降りていった。

 

本日の感想

エアポート急行はのろい。乗り換えがないというメリットくらい。

東海道貨物線はトンネルばかり。

 

来週の京急ファミリー電車フェスタの鉄道部品購入の整理券がやってきた。

往復はがきであらかじめ申し込んだもの。

抽選番号は、なんと714番。

去年、300番台で圧力計しか買えず、600番台があったのが驚いた。

 

今年は行かないことにした。