2010年 6月 の投稿一覧

ストレスだらけ

ブログにはマイナスのことは載せない。

マイナスを読んでも得るものはないから。

イライラするときは、何をしてもうまくゆかないし、よけいにイライラする。

 

楽しいことを考えよう…

明日は好きな友達と会うんだ。

小学生の彼の愛娘も一緒だ。

彼女と会うたびに(毎月)、子供がほしくなる。

子供がいればそれは大変だろうが、何よりの生き甲斐になる気もする。

 

貧乏な人とか、その他の苦労している人の気持ちは何となくは理解できる。

ただ、親の気持ちだけは親にならなければ絶対に理解できないと思う。

親の気持ちも知らないで、子供は勝手なことばかり言うんだろうな。

理不尽で、採算度外視で、そんなものは遙かに超越する絶対的な存在。

 

五木ひろしの子供がたしか、40歳の時の子供だ。

成人式の時に60歳、と記憶がある。

子供がいればそれでいいだろうけど、このままだと孫があやうい。

俺の子供が順当に就職して30歳くらいで子供を作ることは、反面教師にならない限りなさそうだし…

 

うちの親父も孫の小学校入学が微妙な感じになってしまったからな(ぼくのせいですが)

そんなことを考えると、一日一日を本当に大切に生きないと、絶対に後悔する。

学生さんと会ってきた

ネットで知り合った大学生と川崎で会ってきた。

ツインテールのアニメ声、ではなく男子学生2名。

遊びの話で会うはずもなく、当然ビジネスの話。

ビバ団体。

 

ゼミ合宿に暗躍する大手旅行代理店のズルさを聞いてきた。

「こじまさんのところだったら、この観光バスならいくらですか?」

「う〜ん、7〜8万でいけるんじゃないかな」

(大手の)「見積もり18万円です」

 

東北四大祭りは、ついに在庫を抱えるという事態だ。

要するに、JRなどの乗車券を買っておくこと。

売れなければ当然払戻手数料がかかるが、満席になるので仕方がない。

 

旅行に行くのも(添乗)すげーストレスなのに、行くまではもっとストレスだ。

どこかの商品にでも買ってもらおうかしらん。

困ったときの親戚だのみ

困ったので親戚を頼ってみた。

旅行業で知り合いの人がやっている横須賀のお店に呼びつけた。

結果的には、やはり自力でやらなければいけないことになったが。

そのお店にも行かれたし、そこには出逢いもあるし。

 

炉端焼きがメインのお店で、予約一日一組という、どちらかというと趣味のようなお店。

炉端焼きといっても、無粋なおっさんが「へいおまち!」と、でかいしゃもじを、さしのべてくるものではない。

炉端というより、囲炉裏だ、お焼きを焼いてみたい。

ebi.jpg

ここで、鮎から始まりエビ、やきとり、しいたけなどが続く。

他にお刺身や椀もの、最後には〆でおそばが出る。

強火の遠火である炭火はそれも重要な調理器具だ。

葉山の炭焼き小屋から取り寄せているらしい。

さらに、欠かせないものでは新潟からの地酒である「想天坊」と夏子の酒でおなじみの「清泉」を飲んだ。

 

ここの店主は旅行業者として知り合ったのだけれど、実はプロの画家でもある。

店内には絵が飾られていて、絵心のない(ぼく)人にも良さは十分に伝わる。

picture.jpg

今は生活に追われているけれど、芸術や自然の美しさなどがわからないような人間にはなりたくない。

というわけで、いまは追われているので明日からまた営業活動をしないといけない。

 

東北四大祭りに一緒に行きましょうよ。

ハマトラベルWebサイトの価格よりさらに10%クーポンで還元します(たたき売り状態)

 

今日は元JALのきれいなお姉さんと知り合いになったから、よしとする。

いま考えていること

毎日考えるのは旅行のことばかり。

大学受験のときにこれくらい集中していたら、志望校に合格できたかもしれないな。

大学時代も大きなことができたかもしれない。

いまごろ広島に住んで、東京には帰っていなかったかもしれないけれど。

事件のあった広島のマツダの工場のごく近くに住んでいたんだ。

 

あの工場は海沿いにあって、いわゆる中心地からはバスで30分弱のところ。

当時つきあっていた彼女がぼくのうちから少し遅く自宅に帰るとき、バスに乗ると、「残業?」と言われたらしい。

丘の上のアパートは、六畳と台所でくみ取りトイレ、外に出て種火をつけるガス風呂。

芸人ならば、文句なく下積み時代の絵に描いたような家。

トイレは一万歩譲ったとして、ムカデが出るのは耐え難かった。

ゴキブリなんてたいしたことない。かみつくわけでもないし。

10センチくらいの真っ黒なムカデ(若いやつは緑)が何度も出現した。

 

家賃25000円のその家に2年強いただろうか。

その次の観音町(かんおんまち)のワンルームマンションが思い切り快適だったこと。

ムカデは出ないし、トイレは水洗で洋式だし。

 

青春の街、広島の旅行は近日中に企画予定。

 

 

BH

BHといえば、ビッグホリデー。

うちのような弱小旅行会社を相手にしてくれる大きな旅行会社。

これを思い出したのが、ゆかりんが主役のアニメ、B型H系。

タイトルでBHって出てきたから。

GYAOで初めて見た。

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00791/v09427/v0942700000000536996/?list_id=164

 

深夜にやっているアニメだけあって、けっこうエロい。

男の願望を逆手に取っているというか、内容はすごい。

 

 

消防車がけたたましく鳴ったので、外を見てみると、向かいの焼き肉屋が大変なことに。

消防車は10台くらい来るし、従業員らしき人たちが外に出ていた。

特に燃えたという感じではないが、何か起こったみたい。

 

横浜市消防局では、消防車が出場した状況をリアルタイムで公開している。

サイレンが鳴ったら、このページを見るのだ。

http://www.city.yokohama.jp/cgi/anzen/info/

 

 

風っこ会津只見に乗るツアー

cimg0484.jpg

通しの列車が一日三往復しかない超ローカル線のJR只見線。

新潟県上越線の小出駅から、福島県の会津若松駅を結ぶ路線。

鉄道ファンなら一度は乗りたいと思っている有名路線だが、なにしろ一日三往復なのでなかなか難しい。

 

今回ハマトラベルでは、この只見線をツアーにしてみました。

8:39に上野を出発し、一路小出を目指します。

小出からは只見線に乗り、14:36に只見駅へ。

只見であふれる自然を堪能した後は地元の田舎料理が楽しめる旅館に宿泊。

次の日は只見線のつづきだが、ここからは臨時快速のトロッコ列車に乗車します。

会津の景色を肌で感じていただきます。

 

会津からは485系車両で運転される、あいづライナーに乗って郡山、一路上野を目指します。

上野に22:08到着予定です。

このツアーは社長(ぼくのこと)絶対オススメです。

なんといっても、ぼく自身が行きたい(只見線は完乗しています)

70歳になる母(鉄ではなく当時は69歳)が今冬に只見線に一人で乗車しましたが、素晴らしい景色に飽きることはなく今度は夏に乗りたいと言いました。

一泊二日、只見の旅館で一泊二食、只見線完乗、入手困難なトロッコ列車乗車、485系あいづライナーに乗車で15,600円(あいづライナー指定席希望は+510円)

 

詳細はこちらからどうぞ。

三原じゅん子、谷候補を痛烈批判

目くそ鼻くそを笑う

 

谷は論外として、三原じゅん子の子宮頸がんのワクチンの普及、というのはどうなんだろう。

プリティ長嶋が、AEDの普及を唱えて市川市議になった。

子宮頸がんのワクチンは数万円で、和光市などは女生徒全員に無料で接種させることにした。

参議院議員候補が政策として訴えることではないと思う。

自身でつらい思いをしたのは同情するが、失礼だが国会議員としての素養はないと思う。

 

うまくない歌を歌ってたよな、女優だったよな、レーサーだったよな、離婚したよな…

何でも挑戦するのは素晴らしいけれど、この人はどこか尊敬できない。

名簿の順位も下の方だから厳しいかな。

 

入れる党がない

 

率直な感想。

 

ついに1000形引退

京浜急行1000形車両が今月いっぱいで引退。

1000形とは、これ。

1000.jpg

昭和34年から昭和53年まで、356両も製造された。

一時は、京急の車両の大半を占めていた。

全電動車(全部の車両にモーターがついている)で、普通車から快特まで何でもこなせた。

 

そして、今度の日曜日6/27日に「1000形ありがとう運転」がされるらしい。

さらに、記念乗車券も発売される。

26日の始発から全駅(泉岳寺を除く)発売されるので、買ってこよう。

kippuu.jpg

 

以上、京急Webサイトより。

1000形ありがとう運転の実施について
1.運転日時
平成22年6月27日(日)
 
2.運転区間
金沢文庫 2番線ホーム(11:49発)→ 三浦海岸駅(12:20着) ※快特
三浦海岸(14:04発)→ 京急久里浜(14:13着) ※特急
※出発式や特別なイベントは行わない予定です
※過去に使用していた種別(快特・特急)ヘッドマークを装着して運転いたします
※臨時電車で,どなた様でもご自由にご乗車いただけます。
※ダイヤ乱れ等により中止となる場合がございます。

3.その他
※ありがとう運転後も,28日まで営業車として運転予定です

1000形ありがとう運転の注意事項
?多くのお客さまのご来場が見込まれます。安全に運行できますようみなさまのご協力をお願いいたします。
?臨時電車で,どなた様でもご自由にご乗車いただけます。
?ご乗車の際は窓から顔や手を出さないようお願いいたします。
?お客様混雑により安全の確保が確保できないと判断した場合,ご乗車いただけませんのでご了承下さい。
?駅構内、電車内では走ったりせず,ご乗降の際などは譲り合っていただきますようお願いいたします。
?駅係員、警備員などから指示があった場合には、必ずそれに従って下さい。
?沿線での写真撮影にあたっては、安全に十分ご留意いただきますようお願いいたします。
?走行中の列車に対するフラッシュ撮影はご遠慮下さい。
?三脚,脚立等を使っての撮影はご遠慮下さい。
?撮影等のための事前の場所取りはご遠慮下さい。

参 考
1000形について
昭和34年に登場し,マイナーチェンジを重ねて昭和53年まで製造された。都営浅草線,京成線,北総線,への乗り入れ(昭和43年)車両で,当社では最も製造車両数の多い車両。(356両 72編成)
現在の車両のベースともなり,新製冷房車第一号として,車内冷房の礎を築いた車両でもある。
●製造初年/昭和34年12月
●定員/140人
●自重/35t
●最大寸法(長さ×幅×屋根高さ)/18,000×2,798×3,580mm
●主電動機/90kw
●制御装置/電動カム軸制御
●ブレーキ装置/発電制動付電磁直通ブレーキ
●冷房装置/集中式41.9kw
●性能/最高速度120km/h
加速度0.97m/s2
減速度1.11m/s2

塔の岪

福島県南会津地方にある観光地で、「とうのへつり」と読む。

このへつりという漢字は、この地名のためだけの字で他には使われないらしい。

100万年かけて浸食を繰り返してできた渓谷で国の天然記念物。

(下郷町Webサイトより)

heturi.jpg

交通では、会津鉄道の駅になる。

会津鉄道は、会津高原尾瀬口から西若松までで、両端はそれぞれ野岩(やがん)鉄道とJR只見線のはさまれている。

浅草から会津田島まで快速電車が直通している。

つまり、東武鉄道〜野岩鉄道〜会津鉄道とつながるわけだ。

 

会津鉄道は喜多方まで直通運転していて、今週中に喜多方と国鉄廃線跡ツアーを販売する予定。

明日はこれとは別の、JR有数のローカル路線「只見線」のトロッコ列車の発売日。

明日とあさってで、何枚指定席が取れるか…

昨日、今日、明日、あさってと毎日きっぷを手配しに旅行会社に通っている。

ちなみに、JRの端末を設置するのに数千万円かかる♪

 

マスオ高値の花

お昼ごはんを食べるときに、毎日Youtubeでサザエさんを見ている。

それも、現在6000番台の話なのに3000番台くらい。

ざっと20年くらい前の話だろうか。

声優もずいぶん変わってる。

 

マスオが接待で行った、六本木のNo.1キャバ嬢とサザエを比較して身分をわきまえず、不倫願望を抱いた…という話ではなかった。

秋の味覚で、波平は身の程を知っているのでサンマをリクエストした。

マスオはマツタケが食べたかった、という話。

 

お気づきだろうが、本当は高嶺の花と書く。

高いのは高度であって、価格ではない。

行かれないような高いところに、きれいな花が咲いていて見えても決して手に入れることはできないという意味。

生物学的には、高山帯を越えると花など咲いていない。

究極的には蘚苔類(せんたいるい)、つまりコケ類しか生えていない。

年間平均気温が10℃を下回ったら、種子植物(これしか花は咲かない)は生息できない。

 

お見舞いに花を持っていくし、お祝いにも花を、そしてお墓にも供える。

花には究極的な美しさがあり、なにかエネルギーが秘められているのかもしれない。