2010年 12月 の投稿一覧

今年もお世話になりました

今年も仲良くしてくれた友達、助けてくれた友達、仕事の先輩、ハマトラベルをご利用いただいたお客様、ありがとうございました。

来年はなんでももっと一生懸命やります。

春には大きなチャンスがやって来ます。

まわりの人を幸せに巻き込めますように。

今日は事務所のパソコンの電源を切らず、自宅から遠隔操作でソフトのインストールをしています。
勝手にカーソルが動いたら怖いなあ。
ただ怖いだけは嫌なので、代わりに仕事をしてください。

なんかそんな話あったなあ。

よいお年をお迎えください。

街はお正月モード

呑みに行かない日によくいく駅ビルの魚屋もすっかりお正月モード。
イワシやアジなどありゃしない。
カニ、マグロ、タイ、エトセトラ。

うちには縁がないのでスルー。
31日も事務所に行ってWindowsXPをインストールしよう(また仕事にならない)
元日はどうしよう。
元旦は起きられないので、午後から出るのだろうけど。

今年やり残したことはないか!
いや、やり遂げたことがない!

ひきこもり

事務所のパソコンは使えないし、自宅に引きこもるしかない。
今ごろになって年賀状を書いたりして。
字を書くのが週に数回になって、字が汚くなったこと(元々ともいう)

ほとんどツアーの宣伝じゃないか、というような年賀状。
社運を賭けているので許してください。
今度のさっぽろ雪まつりツアーが催行されるか否かで、ハマトラベルの地位が変わるのです。

そんな泣き言言ってないで、明日もがんばりますとも。

ええ、掛け声だけですとも。

今日もいっぱい呑みました

今日までの入場券を消費しようと熱海に行きました。
熱海後楽園ホテルの日帰り入浴。
ホテルではびた一文遣わない徹底ぶり。

お風呂に入って、持参したもらいもののヱビスビール、プレミアムモルツ。
熱海に行ってもスーパー大好きなので、ダイエーとマックスバリューへ。
急坂を登って来宮駅、カップ酒、ストロングチューハイを呑みながら横浜へ。
空腹のせいか気持ち悪いじゃないか。

うちでワインを飲んで、芋焼酎を呑んでさすがに飲み過ぎ。
往復の東海道線の中で、来年の夏祭りの計画がおおかた立ちました。

コジマは年内休まず営業(ナマケモノの節句働きともいう)

ちょっとおかしな色だ

未来を見つめようと外を見ると、川崎あたりの色が変。
(クリックで拡大)

スカイツリーも見える(クリックで拡大)

何かわかるかとズームしてみたけど、なぜだろうなぜかしら。

何かの影のようにも見えるのだが、大きな建物があるわけでもないし。
空には雲もないし。
画像の方向は北東で、お寺の屋根は裕次郎が眠る総持寺だ。

霊視してみましょう。

来年の目標

28日までにやらなければいけないことは、何一つできていない。
しかし、経営者は常に未来を見つめなければいけない。
というわけで、来年の目標を東京タワーのイルミネーションを見ながら考えた。

マイナスの言葉を遣わない

某旅行会社にお邪魔したとき、社訓のようなものが書いてあった。

あきらめない
ことわらない
なんかあとひとつ

人の競争はあと一歩のところでひしめき合っている。
資格試験を受ければ、合格点近くを取っている人が一番多い。
8割までは誰でもがんばればゆく。
問題は残りの2割。
その2割が、本当の意味の成長なのだ。

予備校講師の時に、よく使っていた言葉。

やれば必ずできる

その言葉の裏側は、やらなければできないし、やり方を間違えればやってもできない。
でも受験生の求めている言葉は「やればできるんだ!」
だから、今の成績は関係ない、今からがんばれば必ずなんとかなると言った。
できる生徒と、できない生徒に人気があった。

28日にまでのことが何一つできていない。
これはマイナス思考なので、発想の転換をする。

28日まで熟慮して、丁寧に答えを出す。
年を越すことで、もっとよい案が生まれるはず。

言葉は発することで言霊(ことだま)になる。
善くも悪くするのも言葉次第。

今年はまだ5日もある。
432000秒もあるのだ。

備忘録

28日までにやらなければいけないこと。

年賀状をどうするか(ハガキはある)
来年の夏祭り3コースの手配
池田こうじファンサイトの充実
事務所のパソコンとモニターの手配
旅行業の先輩のお店で誘われてる忘年会の返事
実家のDVDレコーダーを買うのも忘れてた

27日の夜は、別な旅行業の先輩と拙宅で忘年会。
外で呑むより安いから、という単純な理由。

いやあ、28日どころか年内に終わるかどうか。

池田こうじの写真や動画を持っている人は、サイトに載せるので送って下し亜。

今日の東北地方は強風と雪で大荒れ。
会津若松も21時過ぎにとんでもないことになってる。

会津若松駅ライブカメラより
http://www.nttfukushima.com/live/jr_aizu/Default.html

石田純一はかっこいいか

石田純一は何となく好きだ。
ついて行きたい感じ。
まあ、キャラ設定はぼくとかぶるのだが(言うのは勝手)

今日のラジオの中で、「恋愛に臆病になっている人は、人生で損をしている」
というようなことを述べていた。
この前一緒に飲みに行った旅行業の大先輩の奥さんはお酒が飲めないらしい。
お酒が飲めない人は人生の半分損をしていると言っていた。

恋愛をしないで、酒が飲めない、未婚のとある身内は、人生の4分の3くらい損している計算。

いつも気になっていた、うちの団地のエレベータの張り紙。

今日のそのチャンスがやってきた!
扉が閉まらない。残り5センチで再び開いてしまう。
Now get the chance!
しょうしんはコレ、ニン!

ぼくは危機管理に自信があるので、知識通り長押ししてみた!
残り5センチくらいでまた開いて、結局長押ししてもドアは閉まらない。
手で締めてやっと閉まった。
まさに、閉まらない話。

いまさらサンタは来ないし、子どもいなくてつまらない。
あれこそ親の無償の愛だ。

さて、たくさんもらってきた赤ワインで湯豆腐食べようっと。
あうのかって?

まったくあわない。

クリスマスイブ

VIPのご婦人がうちにいらっしゃる。
チャーハンが食べたいとのリクエスト。

ガールフレンドはドイツに帰ってしまった。
別なガールフレンドと海でも見に行こう。
自称海の男だからな。あはは。

人間の体内の塩分濃度は太古の海水濃度と同じ0.9%。
どこかで原点回帰があるのかもしれない。
川や湖に感じない何かが海にはある。
海にはふるさとを感じて、どこか帰る記憶がある。

潮の香りを胸一杯に吸い込んで、自分をリセットしたい。
海は絶対に忘れない。
東京湾だろうが、錦江湾だろうが、海には特別な思いがある。

海からは絶対離れない。

ご迷惑をおかけしております

鉄道でよく聴くセリフ。
「電車遅れましてお客様にはご迷惑をおかけしております」

これは単に、遅れているという事実を述べているだけ。
友達が約束に遅れて来たとしよう。

「遅れちゃった、あやまるよ」

これは謝ったことにはならない。

駅員や車掌のセリフはいつも同じでまったく心がこもっていない。
夜遅くの電車が遅れた時も同じセリフ。

「お急ぎのところ…」

早くは帰りたいだろうが、急いでいる奴なんていない。
だったら、その場に応じてセリフを考えたらいいじゃないか。

「お疲れのところ申し訳ございません。ただいま電車は…」

こんな臨機応変をできないところで、サービス業として成り立っていないことがわかる。
駅員が暴力をふるわれるのは許されないことだが、どうしておっさんの下っ端サラリーマンごときになめられるのか考えた方がいいと思う。
ダメなやつほど下のやつを探していばりたがる。
サービス業の店員(駅員を含む)に対して、明らかに年下なのにため口で話している奴など自分が愚かだと反省した方がいい。

あいさつ、お礼、お詫び、全部コミュニケーションで最低限のこと。
スーパーやデパートの朝礼でよくやってるじゃないか。

「いらっしゃいませ、ありがとうございました、もうしわけございません、お待たせいたしました…」

鉄道事業者(特にJR)もぜひ実行した方がいい。

お読みいただき、ありがとうございました。
お読みいただいた方だけに、幸せが訪れますように。