2012年 2月 の投稿一覧

熱海にて

横浜市の福利厚生で契約しているリゾートホテル。

リゾートホテルといっても、素泊まりなので温泉くらいしか楽しみがない。

夕食前、就寝前、起床後の3回入浴が基本。

旅が仕事なので特別なことはしない。

このホテルで食事をしたことがない。

お風呂が熱かったり、色々な意味で管理が行き届いていない。

 

旅行業者も宿泊施設も選択肢はたくさんある。

選んでもらえるように努力すべきことはたくさんあるのだ。

自分自身が頼みたい旅行会社にならなくては。

ビールの資格

ビアテイスターなる資格があるが、調べてみると地ビール協会の会員になったりで、5万円近くかかる。

飲食業をする訳でもないし、資格取得は見送ろう。

その代わり、ビールについていろいろ調べてみよう。

嗜好品であるから、好みはそれぞれ。

今のところ、上面発酵であるエールビールが好みみたい。

 

ドイツに行ってビールを飲もうと意気込んでいたら、エールビールはイギリスだった!

今年はビアサーバーも自宅に置いて、ホームパーティーで地ビールを提供予定。

そのときまでには、ぼくのビールのうんちくも身についていることでしょう。

地ビールざんまい

友だちの足柄ハッピーモルト工場の日。

いつもは東海道線の国府津から御殿場線で松田へ行く。

今日は気分を変えて、横浜から相鉄線、海老名で小田急に乗り換えて新松田へ。

暖房のない工場は室温10℃。北向きの我が家と同じ室温だ。

ビールを飲んでうちに、だんだん体が冷えてくる。

4時間歓談して、おいしい地ビールをしこたま飲んで、終電車の時刻が迫る。

御殿場線は5分遅れてきたが、国府津駅にはほぼ定時到着。

単線なのですれ違いがある、その停車時間などでつじつまがあったようだ。

 

今後、この地ビールを海外に輸出する計画も。

酒類を海外に輸出するには酒類販売免許必要だったかなあ。

合資会社アイリット、貿易をはじめるの巻。

水上温泉つづき

温泉に入って、のこのこと朝食会場に行くと、席がありませんよと。

精算を先に済ませて、再度レストランへ行くと、二人がけテーブルが空いている。

家族づれ、カップルの中、ひとりで朝食を食べるおっさん(←ぼくのこと)

なんとなく居心地が悪く、早々に退散。

 

フロントに鍵を返すと朝食時のビール代を請求される。さすが。

上毛高原までマイクロバスで送ってもらい、上毛高原から新幹線で帰還。

上毛高原よりも水上の方が明らかに雪が多い。

久しぶりに雪を見ることができた週末。

水上温泉で宴会

水上温泉の源泉かけ流し松乃井で宴会。

日頃お疲れのお客様

大浴場は24時間入浴可能で、湯船が室内と露天の二つ。

露天風呂は凍結でシャワー、からんが故障。

お湯に入るまで寒いこと。

 

着いて、寝る前、朝、の計3回の入浴はいつものこと。

明日の添乗の準備

明日は一泊で水上温泉へ。

観光はなしで往復だけなので難しい仕事はない。

ただ、大量の飲み物を持ってゆくので準備と東京駅までが大変だ。

 

ビール2ケース48本

缶チューハイ16本

焼酎1升

おつまみ

どうやって東京駅まで持ってゆこう…

徳島阿波踊りツアー

2013年度阿波踊りツアーページ

 

毎年行っている阿波踊りツアー。

東北夏祭り以上に宿が取れないこと、東京から遠いこと(交通費が高額)が大きな問題。

人口30万人足らずの徳島市に、毎日30万以上の人が訪れる。

他のお祭りとさらに違うのは、踊り手も徳島以外の人が多いのだ。

たとえば、東京の高円寺の阿波踊りの踊り手さんたちも徳島にやってきている。

全国の徳島県人会がやってきている。

だから宿は毎年同じ予約が入っているのだ。

 

もうひとつの問題は、東京からの交通の便。

誰もが思いつく航空機利用はこの時期ほとんど割引なし。

そうなると往復で6万円近い。

鉄道利用は岡山から特急で3時間弱くらいだから、ほぼ一日かかる。

高速バスが1万円ちょっとで便利であり、ツアーの主力になる。

その他には、東京からフェリーという方法もある。

東京を17時に出て、徳島には翌朝11時過ぎに到着する。

 

鉄道阿波踊りツアーでは、夜行列車で大阪、和歌山からフェリーで徳島入り。

四国を鉄道で回って帰る予定。

ナマステ

エアインディアが、業界人に対して優待企画を行っている。

3月26日から東京(成田)=デリーが週5便になる記念らしい。

その往復航空券が無料。

無料と言っても昨今は燃油チャージの方が高いので油断はできない。

早速エアインディアのWebページで確認してみると、東京=インドはUSD155。

1$およそ80円だから、12400円。往復で25000円くらいだ。

 

客室乗務員はサリーを着用、機内食はインド・カレーを提供らしい。

アシアナ航空(韓国)では想像通りキムチが出た。

ビールがあれば機内食はなんでもいい。

 

3月26日にインドに出発かどうか、これも運。

飲み過ぎ

一週間で6日呑みに行ってしまった。

ほとんど調査なのでタダ。

日本酒ばかり飲んでいたら、すっかり体調不良になった。

おいしいからつい飲み過ぎてしまう。

帰ってくる頃に冷めてしまって、またうちで飲む。

 

おかげで前立腺が痛い。

完全に持病になってしまった。

飲み過ぎのバロメーターとしよう。

 

週末に添乗する団体旅行の方たちの飲み会に、これまた参加。

皆さん自営業(法人にお勤めの方もいるが)なので、開始が21時頃。

2時間でも23時過ぎになってしまうので、終電近い。

 

週末の添乗のために、絶対に体調は崩せない。

予備校講師だったときも、6年間で休んだのは1日くらいだから大丈夫。

緊張で体調は維持できる。

飲みに行くのは楽しい。

いつもごちそうになっているので、たまにはお菓子でも持ってゆこう。

先輩と飲み会

懇意にしてもらっている、旅行業の先輩と関内で飲み会。

これからの業務について話したり、夜遅くなってしまった。

チェーンの居酒屋なのだが、おもしろいメニューがあった。

 

冷汁サラダ

すり鉢に野菜が入ってきて、店員さんが混ぜる。

冷や汁をドレッシングのようにかけた、というかドレッシングのような冷や汁。

なんだか塩辛い魚、豆腐などが入っている。

また例のごとく妙高山を三合飲んでご機嫌で帰宅。