インドのトイレ

インドのトイレはあまりきれいではないが、係員が常駐しているところは当然ながら清潔。

インドに行く前に、トイレに桶があって、それに水をくんで左手でおしりを洗う、などと書いてあった。

実際に行ってみると、空港、ホテル、列車、ショッピングモールではそのようなものはなく、その代わり、こんなものが。

(クリックで拡大)

ホテルでもそうだったが、なんか便座が高く後ろのめりで座り心地がよくない。

よく見ると、シャワーのようなモノが見える。

右側にあるのはやはり、右手で持って左手で洗うのだろうか。

握ると水が出るようになっていて、どう考えてもお尻を洗うのだろう。

共通点は、そのせいで便座が濡れていることが多いこと。

床に水がまけるようになっていることが多かった。

列車のトイレも、床は完全に水が流せる構造だった。

列車のトイレそのものは、垂れ流し。

 

列車や駅にあった、Indian Styleのトイレは、中国と同じような便器一体型のものだった。

中国もインドも、しゃがむということは日本の和式とまったく同じ。

これらを考えると、JRの列車のトイレ、駅のトイレなど清潔そのもの(多少イヤミを込めて)