2013年 10月 の投稿一覧

ひさしぶりに飲み会主催

同級生が会うと、おっさんの飲み会になってしまう。
それはそれでよいのだが、若い女の子が入るともちろん楽しい。
かといって、おっさんの飲み会に若い女の子を誘うのは容易ではない。
友だち主催の飲み会は、男性5000円、女性1000円という極端な価格設定。
ただ若いというだけではなくて、夢があったり、一生懸命がんばっている女の子と話していると、おっさんも明日からまたがんばろう、というキモチになる、数日間だけ。

だから、キャバクラに行っても意味がない(お金もない)
今回も若い女性を誘っておいた。
今度は声優ではないよ。

小一時間散歩してきた

新子安周辺は散歩に行くような場所がない。
鶴見駅は3キロ以上あるし、東神奈川にしても国道を歩くことになる。
以前から気になっていたところ二カ所に行ってみた。

密厳山不動寺遍照院

密厳山不動寺遍照院(高野山真言宗)
密厳山不動寺遍照院

境内の中を京急が走っている。
このお寺のための踏切、という見方もある。
中に入ってみると、お墓があって檀家以外がいると不自然な雰囲気。

ここから10分くらい歩いたところに、鶴見事故の慰霊碑がある。
京浜東北線や東海道線などの車内からも、よく見ているとチラッと見える。
鶴見事故とは、今からちょうど50年前に貨物列車が脱線したところに、下り横須賀線が突っ込み、さらにそこに下り横須賀線が突っ込んで死者161名を出した大惨事。
(当時は横須賀線と東海道線は同じ線路を走っていた)
遺体は石原裕次郎が眠る総持寺にも運ばれ、総持寺では今も一日2回廊下に水をまく供養を行っているそうだ。
総持寺にも慰霊碑があるが、ここ鶴見区岸谷の事故現場の近くにもある。
人様の敷地内なので、外から撮影
鶴見事故慰霊碑

鶴見事故の当時のニュース

目の前の小学校の下校とぶつかり、子どもたちが家路を急ぐ。
その中で6年生くらいの頭一つ大きな女の子がひとり、泣きながら帰っていた。
何があったのだろう、かわいそうに。

今年最後のツアー募集開始!

古賀絵里子さんとクルーズ旅行!
12月21日から二泊三日の船の旅。
神戸発着(予定)で、大分県湯布院、日田、別府を観光します。
船内のレストランでは、バイキング、もちろん古賀絵里子さんと一緒にお酒も飲みます。
瀬戸内海が見渡せる展望浴場で、日頃の疲れを流してください。

甲板を歩いたり、船内を散策したり、ゆったりと船旅をお楽しみください。
船は夕方出て、明石海峡大橋、瀬戸大橋、来島海峡大橋をくぐり、朝に大分に到着します。
全長150メートル、1万トン級のフェリーで波が穏やかな瀬戸内海を航行するので、揺れませんから酔いません。
たいてい船酔いするぼくが言うのですから間違いありません。

ご希望の船室、ベッドの船室などは満席になりますので、ご予約だけでもお早めに。
http://hamatravel.com/tour/products/detail.php?product_id=27

ひきこもり更新中

先週の木曜日、川崎に飲みに行って帰ってから、外に出ていない。
今日は出ようと思うとあっという間に夜になる。
年内のツアーはほぼ作ったので、あとはせっせと営業。
台風のおかげで団体ツアーがひとつなくなったので、すべてのツアーを催行させなければならない。

明日も特に予定がないので、まだ出ないかも…
外に出なくても何がストレスなんだか毎日おなかが痛い。
肩こりはピークを迎え、朝起きたときから肩が重く、何か乗っているみたい。
いや、なにか乗っているのかも。

毎日同じ

ここ数日食べるものが違うくらいで、毎日同じような生活。
まったく外にも出ず、一日中パソコンに向かっている。
先日立ち飲みやに行ったのだが、そこにはイスがある。
3人で行って、二人がけのテーブルしかなかったので他のところからイスを持ってきたら、イスは移動しないでくれとおばさんに叱られた。

「移動しないでくださいね、うちは立ち飲み屋ですから」

俺以外全員座ってるじゃねーかよ。
しばらくしたら、もうすぐ空く三人がけテーブルに案内してくれたからいいとしよう。
3人でも最初は瓶ビール一本頼んだら、「三人で一本?」なんて言いやがるし。
まだその後飲むんだよ。

立ち飲み屋は立ち飲み屋のレベルのサービスか。
あの店にはもう行かない(2年間で2回目だけど)

寝ても覚めても

寝ても覚めても古賀絵里子さんのことばかり。

次のツアーはどこにしようか、この企画なら叱られないか(古賀さんに)メールを送ったり。
正確には、寝ても覚めても古賀絵里子ツアー。
11月の募集を開始しました。

11月17日(日)古賀絵里子さんと一緒に陶芸体験をします。夜は酒場再現記です。
往復はバスで送迎いたします。

11月23日(土・祝) 古賀絵里子さんと京都の紅葉を楽しみます。鉄道とお酒ツアー第3回です。夜は酒場に行きます。
関西地区以外からご参加のお客様には、LCC(格安航空)、高速バスなど券面額で手配いたします(送料はかかります)

12月21日、22日、23日は、はじめての宿泊を伴うツアーです。
なんと大阪からフェリーで九州、大分県湯布院に行く予定です。
夜はフェリーのレストランでバイキング食べ放題、もちろん古賀絵里子さんと乾杯。

こちらは数日中に、募集いたします。

また、前回のワイナリーバスツアーにご参加されたお客様、これからのツアーをお申し込み(お支払い完了)されたお客様限定で、12月15日(日)に忘年会をいたします。
博物館見学の後、酒場に直行です。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。
行程についてはお答えできる範囲でお答えいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

LCC複雑化

LCCの競争が激化し、路線もどんどん拡大されている。
週末を選ばなければ、成田から沖縄、九州、どこへでも5000円前後で行かれる。
ただ、手荷物の大きさが決まっていて10キロまでしか無料ではない。
基本料金に支払手数料一区間300円、座席指定(しなくても乗れる)250~840円、日程や名前の変更する可能性がある場合はプラス1200円のプランにしないといけない。
それでも、今回利用する成田=関空は往復二人で14000円台。
なんと一人分の新幹線片道分とほぼ同じ。
もっとも、うちは横浜なのに成田空港、目的地は京都なのに関空なので航空運賃と同じ、あるいはそれ以上のアクセスに運賃がかかる。

足下はそれなりの広さだが、隣の人に立ってもらわないと移動はできない。
三列シートなので、窓際に座ると二人の人に立ってもらうことになる。
さらに、乗り降りの時以外、トイレに行くときなどは戻ってきてさらに立ってもらわないといけない。
成田空港に21時40分に到着し、JRの最終が22:16発。
ジェットスターは到着してからスポットまでは必ずバス。
乗れなかった場合は、京成線、それも乗れなければ空港にお泊まりという初体験をすることになる。

阪急阪神ホテルズ

グループ全体で食品偽装、メニューの誤表記が発覚した。
ホテルが発表した一覧
偽装メニュー一覧

一番多かったのが、鮮魚とうたっておきながら、冷凍保存の魚を使用していたこと。
このことについて、担当者が知らなかった、どんなバカが担当者なんだ。
JAS法だのなんだの、表記は細かく決まっているのだから、なんとなく新鮮な魚=鮮魚なはずがない。
お客の舌が肥えていないとかそんなことを言っている輩もいるが、消費者はそんなにバカではない。
事実か否かはわからないが、あの店の味が落ちた、というセリフをよく聞く。
特に老舗では、味がよくなったとは聞いたことがない。
だから、これらのホテルでも味が落ちた、もう行かないと思った人もたくさんいるだろう。

この事件を受けて、帝国ホテルも全メニューを見直して、産地、食材についても点検したそうだ。
帝国ホテルの広報課は「われわれは正しく表示しているが、問題を他山の石としたい」と話した。
他山の石としたい…
あらためて言葉の意味を見直してみる。

よその山から出た質の悪い石でも、自分の玉を磨くのに役立てることができる。転じて、他人の誤った言行でも、自分の修養の助けとなるということ。

他山の石を以て玉を攻む(おさむ)べし、が語源。
他人の誤った言行でも、自分の修養のになるという意味。
ところが、文化庁の調査では7割以上の人が、他人のよい行いが修養になると勘違いしているらしい。
「部長を他山の石とさせていただきます」なんて言うと明らかに出世の妨げになる。
いや、その程度の社員の会社なら部長も、ういやつ、なんて思うかも。

元気です

横浜駅西口から歩いて3分くらいのところにある、フォーク喫茶「元気です」
元気がないとブログに書いたら、従業員のお叱りを受けたので調べてみると、夜は元気なある日があるみたい。
ライブをしたり、お客さんが演奏したり。
そうだったのか、と考えを改めて覗いてみると、お客さんがカウンターにひとり。
やっぱり元気がない、フォーク喫茶元気です。

ガラス張りで写真が撮りにくかったので、こっそりと
genki

フォーク喫茶「元気です」
http://genkidesu-yokohama.com/

その奥の立ち呑み「浜伝」へ。
瓶ビールを注文すると、「三人で一本?」
まだ飲むよ、なんかカチンと来た一言。
イスを移動させて叱られるし。
薄利だから、という名目でのサービスの低下は許されない。

hamaden1

ドリンクをここで注文、ドリンクは席に自分で持って行く。
食べ物は、あとでおばさんが運んでくる。
ホッピーセット350円はいいとして、外が150円、中が200円。
下のスーパーで買っても、外は120円くらいするから、外ばかり飲んだらすごく嫌な顔をされそう。
中を1杯で、外を2杯飲む逆ホッピーを楽しんでみようか。
でもそれなら赤ラベル大瓶1本の方がいいや。

御奉仕品とあった三岳310円、まあおいしい芋焼酎
三岳

台風のおかげ

団体ツアーがひとつキャンセルになってしまった。
事情が事情なのでキャンセル料を取るわけにもゆかず。
旅行会社は準備が8割だが、この労力には対価が支払われず。

六本木の居酒屋で慰め会(仮称)をしてもらい、好きなものを頼めと。
「今日はまさとデーだからよっ」

牛モツ煮
竹やん牛モツ煮480円

団長(サーカスではない)の馴染みのスナックへ。
ホステスを笑わせて、ぐったり疲れて終電車でハマのヤサへ帰る。
3日連続六本木の夜、終了。