2013年 12月 の投稿一覧

おかげさまです

ツアーにご参加いただきましたお客様、飲み会に参加してくれた友だち、その他いろいろお世話になった方々、ありがとうございました。
おかげさまでいろいろな経験をさせていただきました。
また来年も、みなさんがアッと驚くようなツアー、飲み会を企画いたします。

来年は毎月飲み会、ツアーを開催します!

今年もお世話になりました。よいお年をお迎えください。
小島将人

今年最後の忘年会

横浜観光旅行株式会社の社長夫妻と自宅で鍋を囲んで忘年会。
今でこそ温和な表情の社長は、日体荏原高校出身。
当時はケンカっ早かったらしい。
茨城から出てきて、言葉もなまっていたから相当イジメにもあったそうだ。
旅行業を開業するときの同じ地区の理事でハンコをもらったのがきっかけ。
国鉄出身ということで、話しもはずんでいろいろご縁があった。
中学の時からお酒を飲んでいたとはビックリ。
年季が入っているんだな。

お酒を振り返る

今年の予定を見直してみると、1月から3月くらいの前半の予定は、今年だったのかと思うことが多い。
陶芸でろくろを習ったのも今年だったのか…

趣味と実益を兼ねた飲食店の覆面調査、これで飲み代はほぼ無料になる。
今年何回調査に出かけて、何回飲み会に出ただろう、暇ではないのに数えてみた。

飲み会
1月から12月まで順に、1,1,3,3,1,2,4,3,2,3,3,6回の合計32回。

覆面調査
同じように、6,13,12,10,20,17,21,9,16,12,13回で合計161回。

泊まりがけのツアーで宴会や、家族で食事をしたり飲んだときは数えていない。
飲み会と調査は明らかに労働日数より多い。
来年は飲み会の比率を増やして、交流を深めたり、出逢いを大切にするのだ。

これでいいのだ。

携帯電話の契約

2年に最低1回はある、携帯電話MNP祭り。
要するに、2年契約が切れて有利な契約が終わると同時に他社にMNPしてしまうもの。
2年間基本使用料無料という子ども向け携帯2台をドコモへMNP。
ドコモには90日ルールなるものがあって、ひとりあたり持てる回線が90日以内には2回線まで。
つまり、前回2回線契約したものが90日以上経っていないと、3回線目が契約できない(らしい)

対応はよかったけれど、不手際なのか無知なのか、6000円もの損害をもたらしてくれた今回の携帯電話ショップ。
今年最後のオークション、じっくりと年をまたいでもらおう。
今回のドコモは1年間基本使用料が無料、毎月2800円の割引があるので、実質お金がかからない。
パケット定額制も2100円のもの、よってキャリアメールをやらない、これで家族みんな携帯電話尾を持ってもトータルでは黒字。
お金をもらって携帯電話を使っている状態。
その代わり、スマートフォンは外ではネット接続しないのは徹底する。
友だちと携帯電話で話すこともないから、仕事で固定電話を使うだけ。
その代わり、メールのやり取りにはかなり時間がかかっているが、パソコンなので話すのと大差ないくらいは打てる。
ビックリするくらい収入は少ないけれど、ビックリするくらいお金も使っていない。

模様替えをしてみた

部屋兼職場の模様替えをしてみた。
具体的にはキャビネットと書類ケースを少し移動しただけだが、これで運気がきっと良くなるはず。
実家で受験生のときに、机は家の中心に向けると効果が出るとあったので、やってみたが特に効果は見られず。
風水もちょっとだけ参考にしているが、あまり信じていない。
ただ、心がけで運気が変わるのは確か。
人に親切にすれば必ず自分に返ってくるし。

引越はしばらくしそうにないので、模様替えを繰り返そう。
まだ年内の大掃除で、徹底的にゴミを出す。
最低でも10回は引越をしているので、不要な荷物は全くといっていいほどない。

SIMフリー

携帯電話にはSIMカードというマイクロSDメモリーカードのようなカードが入っている。
これには電話番号情報などが入っていて、それを差し替えると他の電話機でも使えることがある。
具体的には、ドコモとソフトバンクは形が同じなら差し替えるだけ、auは3Gまではロックがかかっているので、auショップで2100円支払ってロッククリアしてもらわないと使えない。
auだけは周波数帯が違うが、ドコモとソフトバンクは同じ周波数帯を使っていて、本来は差し替えれば使えるはず。
ところが、SIMロックがかけられていて、ドコモとソフトバンクの相互利用はできない。

ロックがかけられているので、それを破れば使えるようになる。
そういえば、ソフトバンクの新品の端末が押し入れに眠っているのを思い出した。
今さらオークションに出しても1000円くらい。
だったら、SIMフリーにしてドコモのSIMカードを挿して使えばいい。

手順
ソフトバンクの端末をしかるべきところに送って、SIMフリーにしてもらう。
送料とあわせて1500円くらい。
手持ちのドコモのSIMカードはミニSIMなので、普通のSIMカードにできるアダプターを入手。
この二段階で、ソフトバンクの端末でドコモとして電話とSMSができる。
インターネットにはつなげられないが、通話は明らかに便利。

これからの方向性

古賀絵里子さんと行くツアーが終わってしまったので、次の人を…と考えたけれど、条件に合いそうな人が見つからず。
自分の魅力をアップさせて、ぼくと旅行に行きたい人を増やせばいいと安易な考え。
結局、旅行会社の必要性は、自分で手配できない、これに尽きる。

日本に来たいアジアの外国人をおもしろいところに連れて行こう。
募集方法さえ見つかれば(それが一番大変なのだが)実現可能。
まずはfacebookで知り合った、インドのホテルマンに相談してみよう。

あのとき軽い気持ちでインドに行ってきた経験が役に立つかも。
何が役に立つかわからないから、いろいろ経験しよう。
7月には狩猟免許の試験もあるし。
シカとイノシシの駆除が本格化するだろうから、必ずこの経験も活かす。
故郷東京から離れていきそうだけど…

魚津から帰宅

魚津~糸魚川~南小谷~松本~甲府~高尾~八王子~東神奈川~新子安

糸魚川行きは車体だけ新しく作った413系。
糸魚川から大糸線キハ125系
キハ125系

途中は豪雪地帯。
どんどん雪深くなります。

ooito

南小谷から松本は2時間30分以上で、簡易的なクロスシートがある車両。

松本からは長野色115系で甲府、高尾まで。
今年最後の大きな仕事が終わりました。

大阪から魚津へ

定刻より5分早く、6:30入港予定のアナウンスが流れます。
お風呂も入って、身支度を調えて下船準備をします。
朝まで一度も目覚めずに眠れたのは初めて。
あっという間に時間が過ぎて、解散の時刻になりました。
絵里子さんから挨拶があって、7時前に大阪南港で解散になりました。

大阪から青春18きっぷで帰るので、数え切れないくらい乗った東海道線経由ではなく、日本海回りで。
大阪から新快速敦賀行き。
近江今津~敦賀間は交流電化区間でしたが、直流化されたことにより新快速電車が直通運転できることになりました。
敦賀からは3分の待ち合わせで、普通列車金沢行き。
521系電車4両はロングシート部分しか取れず、2時間半をロングシートで過ごすことに。

(夏に撮影)521系

金沢の駅ビルでいつものように、回転寿司へ。
回転寿司といってもそれなりのお値段。
30分待ってちょっとつまんで撤収。
いちばんおいしかったのは、ブリでものどぐろでもなく、朝獲れサバ!
厚切りで大きなネタは、二貫399円なら満足。
ウニもイクラも二貫735円なので手を出さず(注文せず)

ここからは最後の国鉄急行形電車の475系
457系

富山からも457系で初めて降りる魚津へ。
魚津は蜃気楼の町だそうですが、夏ではないので見えるはずもありません。
今夜は静かなベッドで眠れる…

目覚めると九州

5:30に起きて展望風呂に行くと、昨晩と同じお客さんと遭遇。
お客さんの船室はバストイレ付きなのに。
大きいお風呂がお好きなよう。

定刻7:45に着岸し、あらためて船を眺めます。

さんふらわあこばると

別府からの高速道では朝霧や雪景色も見られました。
最初の訪問地の天領日田の街並みを絵里子さんと一緒に歩きます。

日田

お酒と鉄道のハマトラベル、今回も行きます。

いいちこ日田蒸留所
いいちこ日田蒸留所

焼酎の蒸留の仕方、単式蒸留、複式蒸留、常圧蒸留、減圧蒸留について、ガイドがいないので解説してみました。
焼酎利き酒師の勉強をしていてよかった。
試飲コーナーではいいちこの原酒、樽貯蔵したもの、麦を磨いてからのものなどがあり、もちろん販売コーナーも。

いいちこ日田蒸留所

昼食は天ヶ瀬にある軍鶏料理の川原驛(かわばるえき)
川原駅

軍鶏(シャモ)炭火焼定食ですと口頭で伝え、お店に到着すると「シシャモだと思った~」と絵里子節炸裂。

写真は4人前、この他にごはん、味噌汁、漬け物、小鉢
軍鶏炭火焼き定食

軍鶏釜飯定食
軍鶏釜飯定食

軍鶏刺身、ズリ刺身(砂肝)などを召し上がったお客様もいらっしゃいました。
お客様、絵里子さんにも比較的好評でした。

えりこさんと昼食

天ヶ瀬から由布院へ向かいます。
由布院はたいへんな人手で、情緒など全くなし。
はずせない観光地である金鱗湖で再び集合写真
金燐湖

金燐湖

露天風呂から由布岳が望める「ゆふいん七色の風」で温泉に入ります。
絵里子さん曰く、女性はひとりで貸切状態、心が洗われるようだったと。
由布岳

再びバスに乗り込み、狭霧台展望台。ここからの由布岳も最高。
狭霧台

狭霧台からの眺め

狭霧台

最後の目的地、日本で三番目(昭和32年)に建てられた別府タワー。

別府タワー

別府湾が見渡せます
別府タワーから

帰りの便は別府国際観光港18:45出港、17:45から乗船できました。
今日の朝ついたとは思えないね~とみなさんで話しながら、乗船後はすぐにレストランへGO!

絵里子さんとの最後の食事、満を持して望みます。
本日のメニューの一部(クリックで拡大)
ディナーバイキング ディナーバイキング

ディナーバイキング ディナーバイキング

両党の方はデザート、ケーキも召し上がります。
デザートはクリスマスバージョンで、ホワイトチョコレートファウンテン。
デザート

絵里子さんと最後の夕食

またも閉店時間まで楽しいひとときを過ごしました。
このあとお客さんの部屋(個室)におしかけて、ビールを飲んで部屋にもどったのが0:30。
明日の入港時刻は6:35なので、5時起床。
ツアーも成功し、ホッとしました。