なかなか治らず

風邪を引いて、肩や首が異常にコルのだ。
その上にパソコンをするから、目も疲れてやる気消沈。
運動にも行かれない。
行かないといつも筋トレが重くてしょうがない。

来週はくりはま花の国へエアライフル射撃をやりに行く予定。
こういうのを、実績作りという。

3月の飲み会

虎ノ門のインド&タイ料理店です。

平日ですが、3日間で都合のよいお店を週明けくらいにお知らせください。
料理と2時間飲み放題付きで会費2500円です。

3月18(火)19(水)20日(木)19時より(予定)のいずれか一日

お店に代金を払い込むので、前日・当日キャンセルはご遠慮ください。

参加してもいいよという方、メールくださいね。

お料理のイメージ
india

The next station is Oguchi.

E233-6000

横浜線に新しく配属したE233系6000番台に乗車できた。
E233系は中央線快速電車、京浜東北線に投入されているのでちっとも目新しくはない。
目新しいのは、LED照明になったことと、菊名だの大口だのという駅名が自動放送で流れること。
横浜線もご多分に漏れずクリステル・チアリさん(クロード・チアリのお嬢さん)の少し不思議な発音の英語アナウンス。
The next station is Oguchi.
何もない大口駅がシャレオツに聞こえるから不思議。

きれいな電車になって、英語のアナウンスが流れても、しょせん横浜線は横浜線。
AKBが登場しても、あの東神奈川駅の何を言っているのか聞き取れないほどのひどい滑舌のアナウンスが解消されないことにはどうにもなりませんとも。

新しくはなっても、楽しくなんかなるはずもない
akb

2月25日といえば

国公立大学の前期日程試験がぼくが受験生の頃から2月25日。
30歳頃まで毎年受けていたセンター試験がやっとそこそこの点数が取れて、長崎大学歯学部を受験することにした。
二次試験は英・数・理から一科目。
一次:二次の配点が8:4、つまり800点:400点。
二次試験で満点近い点を取れば合格できる可能性が残った。

そのときは予備校で大学受験の生物を教えていたので、それなりにはできた。
寝台特急さくらで長崎に赴き、試験が始まる。
問題の量が異様に多い。
下っ端とはいえ一応プロでも、時間内に完答するのも困難。
生物には論述問題があり、問題全体の回答量は300文字を超えていた。
合格すれば、年額50万強の授業料を支払って6年間がんばれば歯科医になれる。
今思い返しても、あのときが人生の最大のチャンスだったかな。
広島大学、長崎大学、奇遇にも世界中で二つしかない被爆地の大学に行く夢は叶わず。

実際には広島大学の入学試験も2月25日なので、こちらの方が人生に影響を与えているはず。
今年は広島に出かけてみよう。

301円セール

LCC各社のメールマガジンに登録しているので、セール情報がやってくる。
ジェットスターが今日15時から、301円セールをするとある。
桐谷美玲就任記念だそうで、全国の路線の火・水・木のだいたい朝一便の往復(帰りは最終だったりマチマチ)が片道301円。

戦いに勝つには、あらかじめログインしておいたり、クレジットカードの支払情報を保存しておく。
複数ブラウザからログインしようとしたが、15時を過ぎたら二度とログインできなかった。
火・水・木ということは、火曜日に出発して木曜日に帰る、木曜日に出発して火曜日に帰るというパターンしかなさそう。
例のごとく、航空券が手に入るから旅行に行くのだから、往復共に301円にしたい。
その発想では、沖縄便や札幌便は無理だった。

何とか松山往復で最後の支払画面まで進むことができた。
ここまで20分近くかかっている。
サーバーがダウンしないように、最初の検索とログインの段階でハネているようで、申しわけございませんという別画面に行ってしまう。
やはり、15時(発売時刻)までにワンクリックでいかれるようにしておかなければならない。

片道301円に、支払手数料が420円加わるので、往復で2名だと2884円。
片道700円では、小田原までも行かれない。

前回の沖縄まで2000円を大きく下回る記録ができた。
淡路島を含めた四国の隅々まで行くか、佐田岬の三崎から別府までフェリーで行ってしまうか。
フェリーだと、車と2名往復で約2万円。
九州往復車付きで2万円では行かれないので、これを機会に南九州に行ってくるのも一興。

桐谷美玲(フェリス女学院に在学中らしい)
桐谷美鈴

英会話教室

うちの団地の下にある相鉄ローゼン(正確には、そうてつローゼン)の一画に、素人が見てもデッドスペースがあった。
外に出れば100メートルくらいのところに支店があるのに、はまぎん(横浜銀行)のATMが一台あったり、さっぱり売れそうもない宇都宮餃子が出張販売に来ていたり。
テーブルとイスを置いて、買ったものを飲み食いしていいですよコーナーができた。
クリーニング店と合い鍵や靴を直す店は残ったものの、迷走した挙げ句にこんなものができていた。

ミネルヴァこども英会話教室

ミネルヴァといえば、法律事務所がラジオCMでおなじみ。

ひそかな夢

今まであまり考えてこなかった(できないと思って)ことを実現してみようと思うようになった。
生業にするにはかなり難しいが、諦めてしまえば何も進まないのでやってみよう。
まさに四十の手習い。

10年早くやれば良かったな、と思うことばかり。
そう思っても仕方がないので、すぐに始めて10年元気に長生きするしかない。
小さなことから始めよう、風邪を治そう。

ひさしぶりホームパーティー

数日前からせっせと準備をして、ひさしぶりのホームパーティー。
古賀絵里子さんの話題は鉄板として、意外に盛り上がったのは、Youtubeにアップされている、懐かしいCM。
ハマトラベルに事務所があったときに、お昼にお弁当を食べながらよく見ていた。
終電を逃して深夜バスになってしまって申しわけなかったけれど、多いに盛り上がった夜。

次回は3月8日土曜日の昼間、ビール工場見学も組み込んで夜までの予定。
興味のある方は、メールをくださいね。

ニシン

東京ではあまりおいしい魚とは認識されていない魚。
大きなやつを塩焼きにして食べることはあったが、味はいまいち。
ところが、デパートや駅ビルのスーパーより少しいい魚屋で、今ごろから夏まで小ぶりなニシンを見ることがある。
ちょうど、20センチくらいの大きめのイワシくらい。
これは塩焼きにしてもとてもおいしい、おそらく新鮮さが違うのだろう。

飲食店ではニシンのお刺身を見ることもある。
北海道料理のお店なので高め、千円近かったが、なんと都内のさくら水産でも食べたことがある。
やはり小骨が少しあるが、味はアジにかなり似ている。
アジよりも脂がのっていておいしい(そうでなければ高いのだから意味がない)

アジは味がいいからアジって言うんですよ~ギョギョギョ~ってさかなが言ってた。
たしかにアジは新鮮なものはすごくおいしい。
長崎産だの福岡産だの、やたら遠くから来たスーパーで売っているアジは半額でも素通り。

春の味として、ニシンのお刺身を見つけたら食べてみて。

ニシン

転職とは

転職の経験はありますか、という質問を目にしたり聞かれることがある。
転職の職という字がクセモノで、職業という意味と職場という意味の両方で使われる。
トヨタにいましたが、来月からイトーヨーカドーです。
イメージでは、自動車からスーパーのような感じだが、簿記一級の知識を活かしてということでいずれも経理課勤務かもしれない。
そうなると、職場が変わっただけで職業は変わっていない。
就職したことがないぼくは転職サイトなど利用するはずもないが、職業は何度も変えているので、転職経験がある。
ただ、合資会社アイリットから給料をもらっている形になっているので、ずっと会社員といえば会社員。
通勤しないのに会社員。

横浜観光旅行株式会社取締役だが、合資会社アイリットの無限責任社員(代表社員ともいう)が、同株式会社ハマトラベル(という営業所)に出向していて、アイリットから給料をもらっているという状態。

厳密にいうと、旅行会社を運営はしているけれど経営はしていない。
社長ではあるけれど、旅行会社社長ではない。
社長であっても業績とお金がないので、意味がない。
先生だの社長だのといわれても、情けないだけ。