2016年 9月 の投稿一覧

練馬区をいろいろ移動

東武東上線下赤塚駅(=東京メトロ地下鉄赤塚駅)と石神井公園駅、大泉学園駅に所用があった。
まずは地下鉄赤塚まで、東横線妙蓮寺から菊名、菊名からFライナー特急に乗り換え、東京メトロ副都心線小竹向原駅まで行った。ここまであっという間の40数分。
地下鉄赤塚は初めて降りる駅だ。川越に通勤していたときに、週1回6年間通ってはいた。

地下鉄赤塚から石神井公園へは小竹向原まで戻って西武線に乗るか、池袋まで戻るか。
調べてみると、国際興業バスが運転されていた。あまり本数は多くなく、始発の車庫から4停留所くらいなのに10分近く遅れてきた。

石神井公園駅

バスは狭い道も走るため、中型車だった。
一番前が空いていたので迷わず座り、こんな景色。

国際興業バス

上を見ると、違和感。

国際興業バス

何が違和感かというと、このバスは練馬区内を走り、220円(IC216円)の均一料金。
この路線を管轄する、国際興業バス練馬営業所は埼玉県戸田市を発着する路線も担当しているので、そのときにはこの運賃表を使うらしい。

石神井公園駅から大泉学園駅まではバスがあるが、目的地周辺に行かれるバスはないので歩くことにした。
富士街道は渋滞して、歩いてもバスでも大差がない状態。
帰りは大泉学園から西武池袋線で池袋に行き、懐かしい東武の食料品(鮮魚)を覗いてみたが特に何もないので、帰宅。
15000歩近く歩いて、練馬疲れの一日。

はまりんフェスタ2016

10月14日が鉄道の日であることから、全国的に10月に鉄道各社で鉄道イベントが行われる。
その中で、今年はここに行ってみようか。

10月29日(土)に地元横浜で横浜市交通局のイベントが行われる。

鉄道・バス部品の販売もあらかじめ申し込みをすることで参加することが出来る。

はまりんフェスタ2016
http://www.city.yokohama.lg.jp/koutuu/event/hamarin2016/

オーケーストア新子安店(仮称)

来年3月31日オープン予定

まさか新子安にオーケーストアが開店するとは!
殿様商売の相鉄ローゼンオルト新子安店、ライフ大口店、ピアゴ大口店も大きな影響を受けるだろう。
オルトヨコハマビジネスセンターがあるので、サラリーマンが昼食や夜食を買うのを目にする。
オーケーは比較的早く閉店するので、コンビニ的に充実させるのかもしれない。

工事現場に行ってみたが、まだ基礎工事もほとんど出来ていない状態。
駐車場が上にある4階建ての建物が建つ予定。

新子安開発計画

大和ハウスが商業エリアを建設して、そこにオーケーストアが入るというようだ。

新子安開発計画

上(自宅)からの方がわかりやすい。

新子安開発計画

今年の11月30日には西寺尾の元いなげやの後にオーケーストアが開店するので、11月から3月の寒い間はそちらに歩いて行こう。
いつまでここにいるのかもわからないが、春の楽しみがひとつできた。

誤解されていたイクラ

痛風に魚卵は良くない

プリン体を多く含む食品は尿酸値を上げることになり、痛風への近道になってしまう。
一般的にレバーや魚卵が悪いといわれるが、イクラは例外だった。
日本痛風・核酸代謝学会では食品に含まれているプリン体の量によって、4段階のランク付けを行っている。イクラは一番低い、きわめて少ない食品だった。
さらにDHAやEPAをたくさん含んでいて、糖質も少なく、かなりの栄養食品。
この秋はイクラを食べまくってみよう。

北海道いくら丼

http://www.tv-tokyo.co.jp/travel/entry/bwIkO/31446/

京浜子安入口、という不思議な表示

京浜急行の子安駅から国道15号線(第一京浜)の交差点に、写真のような表示がある。

京浜子安駅入口

なぜ京浜子安駅なのだろう

昭和62年まで、現在の京急川崎、京急新子安、京急久里浜などは京急ではなく、京浜川崎のように冠に京浜がついていた。CI(コーポレートアイデンティティ)の一環で社内でも京浜と京急が混在していたものを京急に統一した。余談だが快速特急という列車種別は1999年頃に快特に統一された。

要するに、ここは子安駅入り口なので京浜は元々つける必要がなかった。
となりの駅は京急新子安で、昔は前述の通り京浜新子安だった。
わざとなのか間違っているのか、さらにこの京浜は第一京浜国道の京浜なのか、調べてみたがわからない。

大口病院前の取材陣

点滴に毒物が混入されて殺人事件が起きた大口病院。
病院の正面玄関にはたくさんの報道陣がカメラをかまえて待ち構えていた。
周辺には取材陣のものらしい乗用車もたくさん駐車していた。

大口病院

大口病院

大口商店街の横濱屋前では、主婦がテレビカメラに撮影されながら、インタビューを受けていた。
魚屋では「大口も有名になったね~」「いいことで有名になるのならいいけど、悪いことだからね~」という会話で、大口はこの話題で持ちきりのよう。
病院は内科、整形外科などが中心でどちらかというと高齢者中心の病院のよう。
解決も時間の問題だと思うが、それまでこの取材も続くのだろう。

ツーリズムEXPOノベルティ

昨日のツーリズムEXPOでもらったノベルティやパンフレットを整理した。

ノベルティ

左上は淡路島のタマネギ、中央下は母がくじ引きでもらった、秋田放送のイメージソングCD。
右上の飴のようなものはハチミツの飴で、100円でつかみ取り。18個688円らしいが、30個以上取れた。
業界招待日と一般公開の日と両方に行ったことがあったが、業界招待日の方が入場者数が少ないせいもあるが、気前よくくれる気がした。
一番多いのは、やはりクリアファイル。ずいぶん新しい面白いものも手に入った。

ツーリズムEXPO2016

東京ビッグサイトで毎年行われるイベントで、昨日と今日の2日間はプレスと業界関係者の無料招待日。
事前登録をすれば当日何のチェックもないので、業界関係者でなくても入場することはできる。
この2日間は商談するサラリーマンもいるが、観光専門学校などの学生が半分くらい占める。

ツーリズムEXPO2016

人気があったチョゴリの試着コーナー、女子学生でいっぱい。

チョゴリ試着コーナー

福島県のコーナーでは試飲が出来るといいながら、課長クラスのようなおっさんが、ごく周りの人に注ぐだけで、まったくだめな対応。

JR東日本の中には秋田の純米大吟醸の三種が試飲できるコーナーがあった。JRというより、どこが試飲させてくれたのだろう。
秋田の酒

ルワンダでは美しい女性がコーヒーをサービスしてくれた。日本語堪能でお友だちになりたい。

ルワンダ

佐渡はブリをかつにしたものをB級グルメとして力を入れている。
いつ見ても不気味な、ブリカツくん。

ぶりかつくん

元はこんな。

ブリカツくん
(ブリカツくん公式サイトより)

人魚の逆バージョンだ。ごはんが食べにくそうだ。

ノベルティをたくさんもらって、クタクタになって帰宅。

痛風だったら困るなあ

痛風とは尿酸が血管中で結晶化してしまい、血管や関節でつまったり結晶がとがっているので、刺激してしまうこと。
要するに血液中に溶けていれば問題ないが、食塩水にどんどん食塩を入れて飽和水溶液量を超えると溶けなくなることが血管中でも起こる。
基準は7.0mg/dl以上、1dl=100mlだから100ml中に7.0mg以上尿酸があると、溶けきれずに結晶化して痛風になる可能性が高くなる。8.0mgを超えたら治療した方がいいだろう。

足の指の付け根が痛くなることが初期症状として多いらしい。それも片方の足だけ。たまたま結晶がつまったところだから、左右一度になることは少ないのだろう。
結晶が当たったところが痛くなり、痛風発作を起こす。激痛なので放っておかないだろうが、関節症にも発展する。
ビールが良くないといわれるが、プリン体の少ない焼酎でもたくさん飲めば尿酸が生成される。
尿酸値が下がる効果があるといわれているワイン好きの人でも痛風はたくさんいるので、あまりあてにならない。
なるべく水を飲んで尿中に排出して、初期症状の段階で病院に行くことにしよう。
高脂血症に高尿酸血症、血圧は130以下だが、血圧が高くなったら終わってしまう。

牡蠣の不思議

カキを漢字で書くと牡蠣と書くが、蠣だけでもカキを表し、牡はオスという意味だ。
昔、カキはすべてオスと思われている時代があったので、牡蠣を書くようになった。
生まれたときからしばらくオスでもメスでもなく、雌雄同体で育つ。
エサをたくさん食べられた個体がメスになって、卵を産む。
若い個体はエサを獲るのが下手なためか、オスであることが多いそうだ。

牡蠣は、オスでもメスでもない時期、オスとメスに分かれている時期を経て、またオスでもメスでもない時期に戻る。
岩にずっとついたまま生きるため、筋肉が退化し中身はほとんど内臓。

同じチェーン店の同じ産地の牡蠣でも中身がこんなに違う。

厚岸産牡蠣

ぷりぷり