2017年 2月 の投稿一覧

定款の電子署名

合同会社の設立では定款の認証が必要ないが、厳密には法務局にて提出するときに、紙ベースだと印紙税が40000円かかる。電子署名をしてCD-Rで提出すれば印紙税はかからないので、自力でやろうと思うがつまづいた。

Adobe AcrobatX

法務局にある署名プラグイン

この二つの組み合わせが問題。
法務局の説明では、最新版ではないAcrobatXでは、こちらのプラグインを使えとあったので、素直に従う(結果的にこれが誤り)

Acrobatではなく、Acrobat Reader DCでもできるとあったが、プラグインが認識されず設定できなかった。

結論として、AcrobatXでも、プラグインは最新版を使うこと。

これで解決できて電子署名できた。

行政、行政が発注したソフト類はどうしてこう使いにくい仕様なのだろう。
設計費は安くないはずなのに。

どうもおかしな表現

壁面の作業は終わり、あとは床の防水工事だけになった模様。
クリアラッカーのようなものが塗られ、シンナー臭が部屋にも入ってくる。

気になるのはこの表現。

この紙ががれるまで

風ではがれる、自然にはがれる、そのような印象の表現。

バルコニーに出られません

出ようと思えば出られないことはない。困るのはあなた方なのだから、ここは出ないでくださいとするべき。

親しみを込めているつもりなのか知らないが、角ポップ体であるのも気に入らない。
最近気がついたのか偶然か、団地のお知らせがすべて角ポップ体であることが改善された。
タバコの火がついたまま捨てる大ばかものがいて注意するのは角ポップ体ではおかしい。
角ポップ体は楽しいことを表現するものであり、人々に注意を促すときに使うべきではない。

先週の強風で工事が一週間遅れてただでさえ不愉快なのに。
ベランダに他人が数人作業をしているのはとても気分が悪い。
あと1年近くかけて全体を進めるので、真夏に当たったお宅側はお気の毒だ。

早朝に大あたり

JR東日本アプリなるものがある。

JR東日本アプリ
http://www.jreast-app.jp/

運行情報はもちろん、列車の位置、山手線に限っては乗っている車両の他の車両の混雑状況、室温などもモニターできる。かなりたくさんの機能を持つアプリでおもしろいのだが、いちいち「通信中」と出てくるのがうっとうしい。

エキナカで使えるクーポンキャンペーンをやっていて、2日続けてやってみた。

当選商品の一例
大 あたり・・・ベッカーズ 「別格  ザ★やわらかコンフィバーガー」(税込690円相当) ※R・ベッカーズは「ABCバーガー」(税込510円相当)となります。
ベックスコーヒーショップ 「コーヒー回数券」(税込1,150円相当)
いろり庵きらく、そばいち 「お好きな商品一品」
NewDays  「おにぎり『こだわり⻩金シリーズ』」100円引き

あ た り・・・ベッカーズ  「コーヒーRサイズ」(税込240円相当)
ベックスコーヒーショップ  「コーヒーSサイズ」(税込230円相当)
いろり庵きらく、そばいち 「かけそば」(税込290〜300円相当)
NewDays 「Eki na CAFE スイーツ 対象3商品」 30円引き

はっきりいって大あたり以外まったく魅力がない。1日目はそばいちのはずれ、「単品揚げ玉無料」だった。どうせ当たらないだろうがやってみる。

当たった!

期限が5日後の同じ時間まで(早朝だからどこもやっていない)
新子安駅にある駅そばは濱そばなのは知っていた、横浜駅北口がいちばん近い店舗だ。
JRに乗る予定はないので、わざわざ出かけることになりそう。

何を食べるか。

これかな。


(いろり庵そばいちWebサイトより)

ミニカツ丼とセット(630円)

フィリピン急上昇

facebookでひょんなことから、約200名超えの友だちの2割前後がフィリピン人になった。
住んでいるところや出身地がフィリピンといっても、みんながマニラばかりではなく、セブも多くフィリピン全般を調べるきっかけになった。

フィリピンは何より魅力なことがあって、それはANAのマイレージでレギュラーシーズンが20000マイルで往復できること。このマイル数は台湾や中国と同じ。
ちなみに、タイやマレーシアとなると一気に35000マイルにアップしてしまう。そうなると、オフシーズンにヨーロッパに行きたくなる(50000マイル)

セブには最近バニラエアも就航したので、LCCで行くこともできる。

フィリピンと聞くと治安が心配と聞くので、外務省の渡航状況も見てみる。

国全体が「十分注意をしてください」のレベル1で、さらに南部にはレベル3も存在する。
それならアジア最強のインドはどうだろう。

同じような感じ。北部にはフィリピンにはなかったレベル4が存在する。
インドに行く前にこれを見て、すっかりブルーになった記憶がある。地下鉄の駅には鉄砲をかかえた兵士がいるし、地下鉄の駅には土嚢があり、すべての乗客はボディチェックを受ける。
普段は平和だが、何かあったときのことを考えてある状況だった。

フィリピンの大きなマイナスは近郊列車運転されているが、一晩かけて走る長距離列車は復旧されずに長期運休されている。事故も多く、乗車するのは少し不安。そういっても、アジアの国はみんな不安で、中国はもとより、韓国も大事故が頻発している。アジアで列車に安心して乗れるのは台湾くらいだ。

2月でも気温は30℃を超えているフィリピン、行くなら春の内に行かないと大変なことになる。

居酒屋、やきとり屋も禁煙になるか

2020年の東京オリンピックはタバコのないオリンピックにしようと、飲食店での禁煙が法案化されることになった。小さな居酒屋は商売にならないと言っているそうだが、少し違う気もする。
厚労省の言い分では、禁煙にしたら売上げが下がるという根拠は証明されていないというし、実際に小さな居酒屋が全店禁煙になっても、一時的にはお客が減ったとしても、それを回復できないのは店の努力が足りないようにも思える。

喫煙室を設ければいいということになりそうで、そうなると小さな店舗は対応できないということだが、そもそも居酒屋の棲み分けは既に進んでいると思われる。
タバコがもうもうしている吉田類さんが出入りするような居酒屋の常連客はだいたいチェーンの居酒屋には行かないという。チェーンは画一化されていて店に趣もないというような理由なのだろう。それなら、いつも行くお気に入りの居酒屋が禁煙になったら、喫煙室のある大手チェーンの居酒屋に行くのだろうか。
すべての店が禁煙になれば、そういうものかと慣れるのが人間、というより慣れるしかない。

昔はタバコが吸えないところが一部で、どこでも吸えた。飛行機でも吸えたし、普通列車でも車内で喫煙できた。だんだん禁煙が進み、今では12時間かかる飛行機内でもタバコが吸えるところはどこにもない。

終末医療に携わる医師が患者に接していろいろ話を聞いたものをまとめた本で、患者が後悔している第一位はタバコがやめられなかったこと、だった。あとは家族に優しくできなかったとか、もっと健康に気をつければよかったなどが続いていた。やめる気がない人はいいとして、やめたい人にはこれもいいきっかけかもしれない、やめたぼくはそう思う。

ごはんを炊く

IH炊飯器の内釜のコーティングがボロボロはがれている。
内釜は消耗品らしく、メーカーは内釜にこそ力を入れているそうだ。
10年以上使っているので仕方がない。
内釜だけ販売しているので東芝のオンラインショップを探すも、既に発売が中止になっていた。販売していれば3500円くらい。最先端の内釜は大きさにもよるが6500円以上がふつう。

それならいっそ鍋を買ってガスで炊こうかと思い、鍋をWebで探してみた。ああ、これにしようとほぼ決まったときに、うちにあることを思い出した。香典返しのカタログギフトでもらったんだっけ。

三合お米を研いで、水に浸す。夏は30分、冬は1時間らしい。
中火にかけて湯気が出てきたら(沸騰したら)火を弱めて15分。
火を止めてさらに15分蒸らす。

食べるまでふたを開けてはいけない。火を弱めないと、おこげを通り越して底が焦げてしまう。

すごい違う、というほどではないがおいしい。
一応電気釜も置いてあるが、しばらくこの手間をかけてごはんを炊いてみよう。

旅行に行くときにおにぎりを作るとき、タイマーで炊飯するのはどうしよう…

翔んだカップル

1980年のドラマで当時おもしろかったものがYoutubeにあった。

柳沢慎吾さんが若い!

35年以上前のものなのか。

主演の桂木文さんのかわいいこと。彼女は日本人のお父さんと、インドと日本のハーフのお母さんの間から生まれたそうだ。そういわれると、ほりが深いインドっぽい顔に見えてくる。
準主役の轟二郎さんと桂木文さんは結婚するところまで行ったらしい。
この轟二郎さんもいろいろ苦労しているそうで、現在62歳。
老けた高校生だと思っていたが、当時20過ぎだったのではないだろうか。
自分のこと、出演者のこといろいろ考えることがある。

東京メトロPASMO一日乗車券

4月1日から、東京メトロの一日乗車券にPASMOタイプが加わる。

手持ちの記名式PASMOに一日乗車券を載せることができる。
クレジットカード一体型PASMOやSuicaには載せることができない。
東京メトロはこれまで一日乗車券は24時間制で、発売から24時間利用することができたが、このPASMO一日乗車券は従来のように初電から終電まで有効。
価格は24時間券と同じ600円。

これに併せて、東京メトロ・都営地下鉄一日乗車券も同様にPASMOで発売されて、こちらは1000円から900円に値下げになった。

このようなPASMOでの一日乗車券は路線バス各社で発売されていた。
バスの場合は印字されないので、PASMOでもSuicaでもどのようなものでも一日乗車券として発売された。 バスで注意するのは、一社の一日乗車券情報をICカードに入れて、次のバス事業者で購入すると上書きされてしまうこと。
このPASMOの場合は印字されていてバスの一日乗車券情報と書き込む場所が違うと思うが、併用するときはないと思うが注意した方がいい。PASMOが必要なので、どちらかというと観光客よりも、ふだん乗っている人たちの便宜を図っているようだが、現在PASMO定期券を利用している人は当然使うことはできない。

A5牛肉ってなんだろう

A5和牛ステーキ。おいしいに決まってる。

公益社団法人日本食肉格付協会が格付けを行っていて、牛肉と豚肉が格付けられている。
牛肉の格付け、A5和牛とは何だろう。
そもそもこの格付けは輸入牛には適用されず、国産牛と和牛のみとなる。和牛とは特定の4種類の牛とその交雑された国産育ちの牛で、国産牛とは国内で一定期間育てられた牛。

要するに、和牛とは牛の種類、品種のことで、国産牛とは日本育ちの牛ということ。
和牛の種類ではない牛は日本で育てばすべて国産牛。アメリカ生まれでも日本で育てば国産牛。一番多いのは、乳用牛のオス。
白と黒でおなじみの乳牛にも当然オスがいるわけで、オスは食肉用に育てられる。国産牛=乳牛のオスと思っていいくらい。

そして、AとはABCの3段階のAで、肉の歩留(ぶどまり)率を表していて、一頭の牛からたくさんさんの牛肉がとれるすぐれた牛ということになる。
1~5は肉質等級で、脂肪交雑、肉の色沢、肉の締まり及びきめ、脂肪の色沢と質の4つがすべて5であるものが、5等級になる。ひとつでも4があれば、4等級になってしまう。
脂肪に関しての項目があるので、赤身肉やヒレ肉はランクが下がってしまう。

A5は希少価値で高くなるので、5・5・4・4と評価を受ければ4等級になってしまうので、A4あたりを買うのがお得かもしれない。

もっと詳しく知りたい方はこちら。
日本食肉格付け協会

団地修繕工事つづき

外から見るとこんな状況

風が強い日が多いので、工事期間も延期しそう。