パスネットカードに統一される前に私鉄各社(東京都も含む)は独自のプリペイドカードを発売していた。
はじめは自動販売機や精算機で使用するだけだったが、直接改札機に投入できるようになって、さらに事業者が共通になってパスネットカードに発展した。

こちらも来年1月31日までが払戻期間で、以降は払い戻しができなくなる。
Tカードになっているが、改札機に投入できるタイプなのでパスネット事業者でも払い戻しできるかもしれない。
京急の事務所に持って行ってみよう。