日本の吟味した食材を使ったタイ料理のお店。
アオリイカのサラダから。パクチーたっぷり。イカにのっているのは、タデ食う虫も好き好きのタデみたい。

茹でた柔らかいイカ、甘辛いソースの味付け。結構辛い。

タイ料理の代表、トムヤムクン。やっぱり辛い。

フクロダケたっぷり。ブリが入っていた。今まで食べた中で、いちばん高いがほぼいちばんおいしい。

メインはチリ産ストーンクラブのカリーで、玉子炒めてある。

伊勢エビのカリーが食べたかったが、6800円はさすがに躊躇(ちゅうちょ)これでも4100円は結構なお値段。カニは当然冷凍物なので、ちょっと

ジャスミンライスはかなりかなり堅めだけれど、やっぱりカレーに良く合う。

いろいろ野菜のオムレツ2P1400円とあったので、注文。オムレツを想像する。

ちょうど5センチ四方くらい。甘い味付けのタケノコと椎茸のが入っている。そう、五目寿司の中身みたいな味。

デザートはタルトタターン。タルトの上に紅玉リンゴのコンポート?

店内は女性二人など、女性が多い。タイ料理はおっさんにはあまりうけない感じ。席が近いので話す内容が筒抜け。となりのOLのひとりは娘が幼稚園受験に失敗したらしく、自分は試験はすべて検定を含めて落ちたことがないので、はじめての失敗で失恋した気分と人が聞いたら面白く思わないことを話していた。本人はそのつもりはなくても、自慢に聞こえてしまうんだよな。大学受験も三流ならそりゃあ落ちないだろう、と馬鹿にされてしまうし、一流大学なら嫌みになってしまうし。

タイ料理がそれほど好きではないのか、このお店が日本人向きにアレンジし過ぎなのか、それほど感動せず。タイ料理はやっぱり女性向きなのかな。

厨房ですよ