おそらく初めて飲んだお酒。滋賀の七本槍。琵琶湖の東側、米原から北に上ったあたりに酒蔵があるようだ。いつか訪ねてみたい。

比較的酸味がある、山廃のような味わい。甘みがあってどっしりというより、軽やかに飲める。やっぱり魚には日本酒がおいしい。魚でなくても日本酒はおいしいが。

一切れも小さめで、ちょっとボリュームが足りない。和食のコースのお刺身ならまだしも、居酒屋レベルだともう少し量が欲しい。
アワビ、なんとか鯛はおいしい、アジはまあまあ、マグロは全然ダメ、イクラはおそらく人造。

地金目鯛のかぶと煮

金目鯛は、地金目、島金目、沖金目とあって、獲られた漁場で味と価格が決まる。
地金目とは静岡や千葉を基準に、大島あたりまで日帰りで帰ってくる比較的小型の船が獲ってくるもので、脂ののりも最高でいちばん高価なもので、島金目は神津島から八丈島あたり、沖金目とは大型漁船で八丈島の先まで行き、数日間漁をしてきたものだそうだ。
そういえば、スーパーで小さめの金目鯛が神津島産というのをよく見かける。
今日のものは地金目でもそれほど大型ではないので、やはり居酒屋クラスなのだろう。

金目鯛に目がない方ではないのだが、食べてみるとやっぱりおいしく、関東では煮魚の王様だろうか。

全般的においしかったり、ちょっと残念だったり…なお店。