ANAマイルの使い道

ANAのマイルの期限は3年間で、3年前に獲得したマイルが無効になる。
今年の6月に2万マイル近く無効になるので、使い道を考える。

4月はローシーズンなので特典航空券に交換

ANAコインに交換

他にはANAの通販サイトでも使えるが、上の二択でほぼ決まり。

海外に行くとして、近場にするか遠くにするか。体調を考えると遠くに行く自信がないので、アジア、それも近場の中国か韓国が無難そう。
調べてみると、韓国は往復のどちらかしか空いていなくて(ANA便は羽田=金浦のみ)中国も北京や上海はほぼ空席がない。上海に23時過ぎに到着、上海を朝7時台に出発する名古屋発着便だけは空席がある。上海空港からの交通がリニアはおろか地下鉄も22時に終了しているので、タクシーしか選択肢がない。

大連、青島便は日程によって空席があるので、こんな経路を考えた。

羽田→松山(墓参日帰り)→伊丹(大阪市内宿泊)

伊丹→(鉄道)→関西空港→大連(数泊)

大連→(フェリーで6時間)→青島(数泊)

青島→関西→那覇(22時頃到着、一泊)

那覇→羽田(最終便22時頃到着)

ローシーズンで国内航空券が中距離で往復12000マイル(沖縄便は14000マイル)で、上記の経路だと17000マイルで済むが、燃油チャージ・諸税が10000円以上かかる。

フェリーは一日6便くらいあるが、あまり面白くなさそうなので大連から丹東などの地域を往復して、航空券は大連往復にした方がよさそう。

めまい再発はこわいし、どうも気乗りがしない。

Related posts

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください