イタリアツアー2017(のりもの以外編2/2)

ホテルの朝食(のようなもの)

Palermo のB&B

マンマがコーヒーを入れてくれる。

コーヒーは飲みかけではなく、はじめからこの量(苦いのちょっぴり)

クラッカーのようなものにバターやジャムをつけて食べる(イタリア人は)。左のパンは甘いクリームが入っている。

パンやヨーグルトはいくつ食べてもいいのだろうが、甘いのでひとつでうんざり。ジュースも果汁30%くらいで甘め。

Lamezia Terme のB&B

おしゃれな空間

マスターがコーヒーを入れてくれる。

マンマの手作りケーキも並ぶ。甘いものばっかり。

Taranto のB&B

ここに置いてあるから、朝食は自由に食べろと言われた。下には冷蔵庫、ジュースと水が入っていた。

クリームが入ったクロワッサンがある。タルトのようなクッキー。朝食を食べない人も多い。朝食を食べないから昼食があんなに量が多いのだろうか。次の日の夜にやっと補充されて次の日の朝食には間に合った。

Roma のホテル

朝食はここに食べに行けと食券(のようなメモ書き)と地図を渡される。歩いて3分はかかる、結構めんどうな距離。

ハンバーガーやバーベキューメニューが並ぶ。

大きめの甘いクロワッサンのパン1個とコーヒーが朝食。3人だから3個。

思いきりぬるいコーヒー。

スーパーで見たもの、買ったもの

スーパーCONAD(Ancona)

ウサギらしい

12,000万円くらい。絶対に日本には持って帰れないもの。

スーパーCONAD(Roma)

切手くらい台形の番号札を機械から取る。いま89番。

キロあたりの表示なのですごい値段。

EATALY

書籍、文具から食品、イタリアのものが何でも揃う。値段はデパート並み。日本にも支店があり、日本では三井物産が出資している。イタリアの本場のものが手に入るがビックリ価格。

半分以上は見覚えのある魚。

CRUDOとは生のことで、フードコートでお刺身風に食べることができる。しょうゆをつけるかどうかは不明。

カキも生で食べるのだろう。

ウサギさん

食材は共通しているものが多く、海に囲まれていて新鮮な魚介類が手に入る。イタリアンが日本で受け入れられてたくさんのレストランがあるのも納得できた。

高級店では食べていないものの、日本のイタリアンレストランもかなりレベルが高いこともわかった。特にピザは日本の石窯ピザと変わらないように思えた。ドイツに比較すると、やっぱりビールがあまりおいしくない。白ワインが多いドイツよりもワインはイタリアの方が魅力的。