いよいよ明日

試験が終わるのでうれしい。もううんざり。
ここ最近、行政法の過去問のみ。答えを覚えた状態。
今晩はお酒を控えようと思ったが、眠れないと嫌なので飲むことにしよう。
明日は昼からなので起きられないということもないし。

明日の夜はすっきり居酒屋。

毎日行政法

範囲が広くやる気も失せたので、行政法の過去問のみ繰り返している。
11年分で200題くらい、答えをだいたい覚えた。
もちろん、1番だの2番だのの答えを覚えたわけではない(あたりまえ)

こんなことで通用はしないだろうが、もう試験が終わって自由に仕事をしたり好きなことをする方が楽しみ。

香港で

12月に特典航空券を利用して日本の南から北、そして香港・中国に行ってくる。
航空券とホテルは既に手配してあり、暫定的に取ったホテルをどうするか検討しなくてはいけない。さらに、香港と中国の広州ではどこに行こうか。
来年の仕事として全国のバクチ場を巡るのだが、香港には競馬場があるらしい。それも日本のJRA(日本中央競馬会)では定期的に香港のレースの馬券が買えるようで、日本の馬も出場するらしい。せっかくの機会なので競馬場に足を運ぶのもいいかもしれない。

ストレスがたまる

試験に対してやる気も失い、勉強の内容も興味が持てないのでおもしろくない。
かといって他のことをする気持ちの余裕もないのでストレスばかりがたまっていく。
体調も不調になる。試験前はお酒を控えようとも思ったが、さして重要でもない試験のためにこれ以上ストレスを溜めなくてもいいだろう。
試験が終われば調査がたくさんあるので、おいしいお酒が飲めるはず。
タイ料理、ハワイ料理、そして和食と続く。
来週を楽しみにあと数日過ごしていこう。

試験の配点

300点満点
問題数は60問、記述式が3問で1問20点。その他は択一式。
つまり、択一問題が240点、記述式が60点。合格点は180点。
記述式は40字で、キーワードがわかれば得点できるし、思いつかなければおしまい。

司法試験は論外として、司法書士もずいぶん難しい試験に合格してなったのだとわかった。やはり士業は向いていなかった。第一歩の試験に通らない。

本マグロあら

諦めモードながら、勉強しなければいけないのでネタがなく、食べたものの紹介ばかり。

スーパーで本マグロのあらが激安で売られていることがある。だいたい300円以内で、半額で買うこともできる。一般的には唐揚げにしたり、あら煮にしたりする。
ところが、赤身やトロの切り落としのような部分が混ざっていて、これはどう見てもお刺身で食べられそう。試しに食べてみたら、全く問題ない。それからは見つけるとお刺身で食べられる部分と、加熱用に分けるようになった。

貧乏っぽいネタなので、やめておこうと思ったが、あまりにおいしいので撮影。
半分食べてしまったので、実際はお刺身、あら煮は4倍、お刺身はこれの2倍以上あった。

本マグロのお刺身のトロと赤身が100円台で食べられるなんて。

鯖味噌煮と豚タン

鯖味噌煮はいろいろな作り方があるが、手間と味を考えるとだいたいこんな作り方に落ちついた。

  1. 鯖に熱湯をかける。血のかたまりなどあったら落とす。あまり水でザブザブ洗うとどんどん味が落ちる。
  2. 鍋(フライパン)に酒、みりん(入れなくても)、砂糖、水を入れて、鯖を入れる。煮汁を沸騰させてから、というのが定番だがアルコール二臭みを取る効力があるのは沸騰させる前。だから、そのまま入れて魚を入れてから火にかける。沸騰させたところに入れるのなら、はじめに熱湯をかける必要がない。
  3. 落としぶたをして10分くらい煮たら、味噌を入れて味を調える。針しょうがをかける。ショウガを入れて煮ると、煮たしょうがのにおいが嫌いなので、一緒に煮ない。

鯖に砂糖をたっぷりまぶして水分と臭みを出してから煮る方法もある。砂糖は水分を抜くが鯖にはしみない。塩でも同じ効果があるが、塩は分子が小さいので鯖にしみてしまう。

鯖は味噌煮が定番だが、実はしょうゆ味でいつもの煮魚のように煮てもおいしい。昔、あまり新鮮ではない鯖で臭みを気にしないように味噌で煮たのではないだろうか。

豚タンは半額で買ってきたものの食べきれないので味噌に漬けた。味噌と酒、砂糖を少し。味噌とみりんでもいい。3日くらい着けた頃が食べ頃で、それ以上着けると今度は水分とうまみが抜けていき、身がパサパサになる。魚の味噌漬けも同じ。

スーパーの精肉店の主人の方針で、切り方が全然違う。牛タンのように堅いからという理由でペラペラに切ってしまうスーパーと、食べ応えも大切に厚切りにする店もある。豚タンは厚切りの方が断然おいしい。厚切りでも噛み切れないということはない。

フライパンの方が後片付けが楽だが、グリルに網を敷いて網で焼いたときに味噌が焦げた方がずっとおいしい。

 

 

勉強をしながら

勉強をしていると外の子どもの声(というより奇声)が気になる。
音楽をかけると気が散るし、どうしようかとYoutubeを見ると、よく見ているバスの前面展望がよさそう。
誰かがいちばん前に座って、ずっとビデオカメラを回したもので、全国いろいろなバスの前面展望がある。
勉強の邪魔にならないのは、見ていて退屈になるもの。いちばんダメなのが、乗ったことのある路線、愛着のある路線は映像が気になってだめで、適しているのは高速バス。
それも、東京から名古屋など長距離の高速バスの映像は、大半がずっと高速道路を走る映像で、アナウンスもほとんどないので邪魔にならない。
走行音だけというものもあるが、これはこれでどこを走っているのかまったくわからず面白くなく、単なる雑音にしかならない。
来週からは仕事を再開して、新しいことにもチャレンジしていかなければならない。

なんと8時間50分の動画。東京から大阪まで。

 

旅打ち

ギャンブル用語で、旅先でギャンブルをすることを旅打ちという。
あまりやらないことを徹底してやって、Web上で記事を書いたり、テレビに出る人がいる。それをまねようというわけではないが、旅打ちで何かできそう。

ギャンブルといってもいろいろあるが、ここはお上が認めている公営レースに限定する。三競オートというこれまた用語があって、競艇、競輪、競馬、オートレース。このうち競艇は正式名称をボートレースに変えているので、二競オートボートといったところ。
沖縄にはどれもないが、北海道から九州まで揃っている。

北海道には、札幌と函館に中央競馬、門別と帯広に地方競馬、本州はもちろん、四国・九州にもたくさんある。

調べてみると、中央競馬が10カ所(意外にあった)、地方競馬が15カ所、競艇は24カ所、競輪はいちばん多く44カ所(減少傾向)、オートレースが発祥の地である船橋がなくなって5カ所。競輪は市営が多く、その程度の規模なので比較的たくさんあって、オートレースは、伊勢崎(群馬)、川口(埼玉)、浜松(静岡)、山陽(山口)、飯塚(福岡)と少ないのでギャンブラーでも経験したことがない人が多い。

全国99カ所、すべて回ってみよう。既に行ったことがあるところが10カ所くらいあるが、20年以上経っているので行き直す。一週間で試験がやっと終わるので、コースを考えてみよう。

競輪 44カ所
http://keirin.jp/pc/jyolist

競艇 24カ所
https://www.boatrace.jp/owpc/pc/site/place/stadium/index.html

オートレース 5カ所
http://autorace.jp/netstadium/

地方競馬 15カ所
http://www.keiba.go.jp/guide/racecourse/index.html

中央競馬 10カ所
http://www.jra.go.jp/facilities/

サバ水パスタ

インスタントラーメンばかりでなく、たまにはパスタでも食べよう、ということで簡単でおいしいサバ水パスタ。

用意するもの
サバの水煮缶詰
ニンニク、タマネギ、唐辛子、オリーブオイル、チーズ、パスタなど。

ニンニクと唐辛子をオリーブオイルでじっくり炒めて香りを出す。タマネギを炒めて、サバの水煮缶を汁ごと全部入れる。
ゆであがったパスタを入れて、軽く炒めて塩コショウで味を調える。
チーズをかけてもいいし、かけなくてもいい。ホールトマトを加えてトマト味にしてもおいしいはず。
大量のニンニクでサバの臭みは消えている。缶詰は新鮮なサバを使用しているので、もともとあまり臭みはない。
サバは世界中で食べられているから、イタリア人でもこの味はいけるはず。

和食のマナー

竜飛のホテルで、漬け物が前にあって食べにくいなあと思っておりました。

和食のマナーについての記事があったので読んでみると、偶然載っていましたとも。
お刺身を食べる正しい順番は? 知っておきたい和食のマナー
https://tabepro.jp/16162

ごはんは奥で、副菜が前なので正しかったのです。意外…無知って恐ろしい。


(たべぷろより)