伊予鉄市内線を巡る

松山空港→JR松山駅


伊予鉄バスのリムジンバス。
日野ブルーリボンのP代、1985年頃製造のはず。

懐かしい日野のエンブレム


曲げてあるシフトレバー久しぶり


一日乗車券(400円)を車内で購入。

 

ぐるっと回る市内バスも利用できるが、一日4便、さらに土休日全便運休。
実質、電車の一日乗車券。



JR松山駅前→本町六丁目→上一万→西堀端
西堀端→本町六丁目→古町
古町→上一万→道後温泉
道後温泉→大街道→JR松山駅前
JR松山駅前→大街道
松山市駅→道後温泉
道後温泉→松山市駅

全線は短く、半日でも時間があまる。

昭和39年アルナ工機製の元京都市電のモハ2000形2006号車。伊予鉄道では昭和54年から運転


昭和26年から32年にアルナ工機製造の初めてのボギー車であるモハ50形57号車


標準的な運転台


行き先方向幕操作盤


昭和35年に製造されたアルナ工機製モハ50形66号車


モハ50形76号車。昭和38年から40年、帝国車両(現東急車輌)で製造


平成14年から平成19年にかけてアルナ工機で10両製造された超低床車の2100形




道後温泉の引き込み線で待避している、坊ちゃん列車のD2形14号機関車とハ31客車


ディーゼルエンジンで走るので、運転士は全国的に珍しい乙種内燃車免許を所持。
乙種とは軌道法に基づく路面を走る鉄道、電車ではないのは全国でもここだけ。

運転台はハイテク


終点では床下にある内蔵ジャッキで上げ、乗務員(3名)で転回させる


客車は3人で押す、ブレーキが踏み台の横にある。天井にはポイント切り替えのための、パンタグラフの代わりがある



古町駅では伊予鉄道郊外電車と接続。車庫には懐かしい元京王5000系の伊予鉄道700系


基本編成は2両または3両編成だが、ラッシュ時増結用の1両があり、単独で運転できる


平成21年に伊予鉄道でデビューした元京王井の頭線3000系をインバーター化した伊予鉄道3000系


大手町駅近くには、郊外電車と市内電車の全国的に珍しい平面交差がある


まだまだ昭和30年代前後の旧型車に出会える伊予鉄道は思ったよりも魅力的だった。
運転間隔も短く、待たずに乗れる。ICカードも導入されていて、地元の足として充実している。