KR-PASS引き替えと指定席券発行

アシアナ航空で韓国へ

2011年5月23日(月)
アシアナ航空OZ1075 A330-300
羽田10:00→ソウル(金浦)12:20

和食(たぶん):薄味の白身魚やがんもどきの煮たもの。
飛行時間が短いので、食事を配膳したと同時にコーヒーを運び始めてしまいます。
ビールが2本飲みたかったら、はじめから「2本ちょうだい」と言えばいいのです。

ビールの酔いが覚め始めた頃に到着。


金浦空港からは、空港鉄道(A'REX)を利用。乗り場はかなり遠く、延々と動く歩道を歩きます。

A'REXなら、9号線で10駅以上と乗り換える必要があるソウル駅まで、わずか4駅20分。

運賃は1350ウォン(T-moneyカードで1250ウォン)

始発駅は仁川(インチョン)空港で、直通列車と一般列車があります。

T-moneyカードは買い取り式IC乗車券で、2500ウォン。一乗車あたり、100ウォン割引になります。

金浦空港からならソウル駅まで行かれます。

およその位置がLEDで表示されます。長く止まらない区間があるのがわかります。


天井の高い開放的なソウル駅


KORAIL PASS(コレールパス)について

専用窓口で、日本で申し込んでおいたバウチャーとKORAIL-PASSを交換します。

この時点でクレジットカード決済されます。 韓国内では販売していません。



KTX、セマウル号、ムグンファ号の一般室など、韓国鉄道公社の全列車を旅行区間や回数に制約されず、自由にご利用いただけます(地下鉄と観光列車を除く)。

The KORAIL PASS provides foreigners visiting Korea with an unlimited access to the Standard Class seats of the KTX, KTX-Sancheon, Saemaeul, Mugunghwa and Nuriro trains for a fixed period of time

(The pass is not valid for First Class seats, metro and tourist trains).

※ KORAIL’s tourist trains are available from 1st June 2015.
(O,V-train, S-train, DMZ-train, A-train, G-train)

特室(日本のグリーン)は一般室との差額の半額負担とありますが、ムグンファ号の特室は無料で乗ることができました。このことは、KORAILのWebサイトにもどこにも書いてありません。といっても、ムグンファ号で特室がある列車はほとんどなく、それほどよい席でもありません。

セマウル号の一般室はKORAIL-PASSで無料で指定を受けることができ、特室は、一般室との差額料金の半額で乗ることができます。駅名を書いて指定席券を申し込みますが、漢字で書くと通じないことがあります。ハングルか、ローマ字で書きます。

明日のKTX、ソウルから木浦(モッポ)行きは満席でした。それ以外は、ほぼすんなり取れました。


ソウルで本格的なスンドゥブの夕食

化学調味料不使用のスンドゥブ・チゲ専門店「ミスターヨンジドン スンドゥブ」にします。



メニューはさっぱりわかりません(クリックで拡大)



なんとかスンドゥブ・チゲと海鮮チヂミ(パジョン)を頼みます。

石鍋のごはんになぜかポットのお湯が付属。お湯をかけて、底に張り付いたごはんを取るみたい。はじめからお湯をかけて食べている人もいます。


はじめに出てくるおかず。全部辛いもの。



玉子焼きみたいな味。ピザくらいの大きさ。


柔らかくてふわふわのスンドゥブ。



ビール2本飲んで、全部で2万ウォン(1,500円くらい)