台北MRTの一日

台北市内観光はMRTが便利

台北市内や郊外は、MRT(地下鉄)=捷運(ジエユィン)で周遊します。

ICカードタイプの一日票(イーリーピィヤオ)=ONE DAY PASSを利用、時間制限なく一日周遊できます。

日本の地下鉄に似ていてわかりやすいですが、駅構内、車内では喫煙、飲食はもちろん、ガムを噛むことも禁止されています。


宿泊ホテル最寄りの 板南線の善導寺駅から出発します。

善導寺→忠孝復興


路線図:公式サイトより (2015年9月現在)


忠孝復興駅で乗り換え、台北松山空港、動物園などを結んでいる 文湖線へ。

忠孝復興→動物園

色々な意味で有名なカナダの航空機メーカー、ボンバルディア製車両の新交通システム

動物園駅の台北市立動物園では、コアラとパンダがセットで見られます。

コアラは後ろを向いて食事中でしたが、パンダはゆっくり見られました。

淡水(タンチェン)に向かいます。

動物園→南京復興

南京復興→中山

中山→淡水

温泉場で有名な北投を通過。淡水信義線には、川崎重工製とシーメンス製の車両があります。

車内のイスは樹脂製で滑るし、ベンチのよう。


淡水(タンシュエ)駅

淡水は水辺の観光地で「台湾のベニス」らしいです。江ノ島や松島を思い出します。

どこへ行っても見つけたら食べる「臭豆腐」

独特のニオイが漂いますが、食べるとそれほど感じません。

淡水→台北車站(台北駅)

台北車站(台北駅)→龍山寺

龍山寺(ロンシャンスー)は1738年創建の由緒あるお寺。夕方でも参拝客がたくさんです。

近くには、台湾一ディープな夜市の華西街観光夜市があります。

毒蛇肉湯(湯はスープを表す)

他にも大人の…など、ここは大人の夜市です。

この時(2011年)はまだ 中和新蘆線が全線開通していなかったので、台北駅から淡水河を渡り、三重区のホテルまでバスで移動しました。

今後、MRTはさらに整備される予定で、台北市内、郊外観光において、ますます便利になると思います。

臭豆腐について

夕食はホテル近くの鍋料理の店へ。一人用の鍋が食べられます。

台湾で鍋料理は年中人気のようです。

大腸臭臭鍋

臭豆腐の鍋ですが、そこまでニオイは気になりませんでした。

臭豆腐をさらにトッピング

ご飯がセットとわからず、ひとつ余分に頼んでしまいました。

あっさり味でおいしいですが、ビールがないのが残念。アイスクリームの食べ放題はありました。

臭豆腐は色々試しましたが、台中の香酥臭豆腐が美味しかったです。

台中駅は1917年に建設され、遺跡に指定されています。

逢甲夜市の金牌巨無霸

大きくてカリッと揚げられていて、パクチーをたっぷりトッピング、風味あるソースがかかっていました。

台中では、台中市営バスに乗車しました。

均一料金で当時20元(56円くらい)ほとんどの人は5元割引になるICカードを利用。

ビニールシートが並んでいました。