函館市電

鉄道

拡げると路線図が折り込まれていて、便利です。

まずは函館駅から湯の川に向けて出発。


一編成のみの9600

形低床車「らっくる号」 せっかくなので見渡すと、電停からすぐのところに湯倉神社。

2系統と5系統は湯の川から十字街までは同じ線路を走るので、12分間隔でも、6分待てばどちらかがやって来ます。

8000形は8本ある主力車両で、800形の車体更新したもの(台車などの足回りはそのまま)

3本残る800形(1965年製)。都電を元に設計されたため、よく似ている。

函館市北洋資料館へ。 漁業、海運の発達などを知ることができます。


揺れる船内が3分間体験できるコーナー


ボタンを押すと、窓の外に海の映像、説明などが流れ、船が大きく揺れます。
地震の体験をする、起震車に似ています。

缶詰のラベルが展示してあったり、漁船の模型があったり(薄暗いので撮影失敗)

8004号車で谷地頭にやってきました。

北海道の開拓に関わる神として道民から崇拝された函館八幡宮。

文安2年(1445年)に始まり、現在の社殿は明治45年(1912年)から大正4年(1915年)に改築。


海を見下ろす風光明媚なところ。

2001号車やきとり弁当号。
やきとり弁当とは、函館界隈のスーパー、ハセストことハセガワストアの名物。

十字街でどっく前行きに乗り換えます。

8001号車。800形の車体更新車です(車体だけ新製)

外国人墓地、旧ロシア領事館などが徒歩15分ほどにあります。

721号車で十字街に戻ります。

十字街で、ハイカラ號がやってきました!

再び谷地頭に戻ります。

車体は完全に新製で、足回りは当時のものを利用しています。

車掌さんはお人形さんみたい。

台車が一台だけの、二軸車。少し上下に揺れる気もします。

運賃は普通運賃で、一日乗車券でも乗車できます。運転席は外なので、冬期は運休します。

あまり味のない感の8000形。

金森赤レンガ倉庫。

横浜と同じく、商業地域になっています。

函館山が間近です。

函館といえばイカ。

こうして、最古の500形以外はすべて乗ることができたのでした。

タイトルとURLをコピーしました