しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

「紅葉神社」

箱崎宮前の次に下車したのは中洲川端駅

目的地は福岡市高取に鎮座する「紅葉神社」 大鳥居は県内最大級の大型石鳥居だそうです

は流れ

もう散ってしまっている木もありましたが、次の鳥居の前の木は一段と赤く染まっていました

長い階段を上がり、本殿境内に手水舎にはきれいな花が生けられていて、ほっとしました

本殿は流破風造り、かつては木造でしたが、不審火により焼失、現在は鉄筋コンクリート造り
朱塗り、紅葉はもとより桜の季節も美しいそうです

利正の水  藩主がこの地を訪れた折、急な腹痛に悩まされ、山頂の稲荷神社を守る山伏に
祈祷させ水をいただくとたちまち腹痛が治り、藩主が大変喜んで庵を建て利正院と名付けられ
山伏を住まわせたというお堂が紅葉山の北側に残るそうです

本殿わきから帰る道で見かけた神社「宇賀稲荷神社」かつては
紅葉山に鎮座していた稲荷神社でしょうか

 

以前は紅葉山に展望台があったようです、ここからまだ先のようでした

高台の参道から見えたのは福岡タワーでしょうか、だとする
あの辺りはシーサイドかしら。

次に徒歩で向かったのはシーサイドでなく意外な場所でした。

By

亀戸天神「菊まつり」

10月25日から「菊まつり」が始まっていると知り、出かけたのは11月1日でした

早朝は曇り空でしたが亀戸天神の鳥居をくぐると赤い橋の袂から青空が見えました

 

日曜日で七五三のお参りの人たちも見かけました

菅原道真公ゆかりの「御神牛」

菊まつり会場の中心になる菊の花のスカイツリーはまだ花がほとんど咲いてなくて残念でした

見事な菊なのにこちらも早すぎました

緑が多い菊でした

こちらはミニ小菊盆栽

かわいい小菊盆栽の盆景でした

酔芙蓉 午前と午後花の色が変わるのだそうです、大輪の芙蓉です

こちらは名残の芙蓉の花

 

緑の景色の中の赤い橋です

池の中に鳩?

よく見かけますが、ここではゆかりがあるような気がしてしまう亀さんですね

七五三のお参りも見かけました

とお~い昔を思い出し、素敵な光景にカメラを向けてしまいました

木々が色ずき始めた境内です

神戸天神さんを訪れると必ずカメラに収める景色です

菊の花には少し早すぎましたが、かわいい七五三の子供たちの姿を見ることができました。

 

必ず立ち寄るお店、いつもなら9時半ごろから開いているのですが、この日は11時半開店
少し早すぎて残念ながら店内で食べられませんでした、くずもちを買う人が並んでいました

天満宮近くを流れる横十間川に架かる天神橋を渡り錦糸町駅から帰ることにしました

天神さんから少し離れていますが、その昔歩いてお参りした時代の人々が
これを見たら天神さんに着いたとほっとしたことでしょう

~なんて想像をしてしまう歴史ある「亀戸天満宮」です。