しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

2020年 銀座ランチ

 

昨年11月にオープンして、12月に紹介したお店ですが、料理上手な友人が種類豊富な前菜に
興味を持ち案内しました。

「da ADA」ヴェネツィア伝統のバーカロの味、技術、内装まで忠実に再現したオステリア
(居酒屋)です

友人は人生の先輩で素敵な女性です、ちょっと無理を言ってランチメニューを
少々アレンジでお願いしました、前菜は2人分です

取り分けてもらいました、大きな白いんげん豆やナス、ワカサギのような魚、サーモンなど
種類も多く、料理上手で食べるの大好きな友人とワインなしでも話が弾みました

パスタはシェアしました、前回美味しかったホタテのリングイーネパスタ

魚はカジキのソテーをチョイス、塩味でケイパーやトマトの酸味も少し、美味しかった

バゲットにはオリーブオイルをつけていただきました

デザートはセミブレッドとエスプレッソ

たくさんの種類のantipasti(前菜)でワインがいただけたらいいですね。

 

待ち合わせの時間に少し早かったのでソニー公園の地下に立ち寄りました

気になる動くものが見えました

2019年限定モデルでaiboチョコエディション、アイボの仲間だそうです

名前はショコラ 係の人が声を掛けたら私を見て挨拶してくれました、可愛いかったこと、、
昔からアイボが大好きでした、聞いてみたらこちらのタイプは販売終了だそうです。
ショコラに癒されたひと時でした。

 

(2020年1月10日撮影)

By

レストラン「SVB YOKOHAMA」

京急新子安と生麦の間にあるキリンビール工場に隣接するレストラン「スプリングバレー
ブルワリー」に新子安に住む息子のお嫁さんに誘われて出かけました。

 

隣接する工場には見学に出かけたこともりますがレストランは初めてです

 

高い天井に広い空間の心地よいお店でした

 

2人は何回か出かけているようで、ビールに合うおすすめの料理を選んでもらいました

 

何を注文したのかといいますと

 

これです!   6色全部ビールなんです  それぞれ解説付きです、ちなみに左から
469 究極のバランスを目指した新次元ビール  次はCopelando 進化と挑戦のビルスナー
そして黒いビールはAfterdark ラテのような香りとふくよかな飲み口、ロースト感や渋みを
抑えた柔らかな甘みと上質な苦みが特徴だとか

右の3種はワインのような風味のビールでした  On the cloud フルーティーなホップが
爽やかに香る華やかな飲み口と白ワインのような香りです
Deydream  やわらかに引き立つゆずと山椒の香り Jazzberyはラズベリーが奏でるハーモニー
ラズベリー果汁を加えて醸造した華やかな飲み口です

私でも味の違いが判るビールでした、こんな飲み方も楽しいですね

季節野菜と神奈川産の豚肉のアヒージョ  アヒージョはやっぱりパンが欲しくなります

 

ソーセージ4種盛り合わせ ソーセージ好きにはうれしい盛り合わせです、思わずアップで
撮ってしまいました。

外側の丸くなっているのは国産豚に長ネギを加えた生ソーセージ。塩コショウをベースに
シンプルなイタリア風味はトスカーナ。レッドペッパーやガーリック風味のハワイアン
ソーセージ。 チューリンガーは生肉にバジルを加え香辛料を抑えたソーセージなど

ザワークラウトやピクルス、マスタード添えで食べ応えのある美味しいソーセージでした

彼女も私もそんなに呑めるほうではないのですが、お替りはビルスナー

 

このきれいなお肉は生ハム、塩味がきつくなくとてもおいしかった、いくらでも頂けそう!
全部肉料理、お肉好きの私に合わせてくれました

 

キリンビール工場

左側に工場があり見学できます、広い庭もあり工場見学は人気です、私も参加したことが
ありますが、今回はビールとお料理を楽しみに行きました。

あいにく雨の日曜日でしたが、楽しいひと時でした。

 

(12月22日)

By

香港飲茶

秋田から帰京中の友人と東京の友人の2人を誘って出かけたのは
何度か紹介している香港飲茶のお店「添好運」(ティム ホウ ワン)

 

日比谷ミッドタウン近くのゴジラ像前のお店です

 

友人を案内するのでこの日も早めに出かけたらまだ並んでいる人はいませんでした
開店は11時ですが、その前にメニューが配れて注文用紙に書き込みます

2人の友人が早めに来てくれたので、注文もできました、人数がそろわないと入れなのにです。
まずエビと黄ニラの腸粉が運ばれました、以前も紹介しましたがつるんとした触感もおいしい
米粉を蒸し焼きして具をまいた料理です、チャーシューや牛ひき肉入りの3種類です

いつも帰りに買って帰るベークドチャーシューパオ、焼いたチャーシュー饅です

 

アツアツで出来立てはやっぱりおいしい、普通は蒸したものですがこちらの名物で、これだけは
お土産窓口で買えます、おなじみチャーシュー饅を蒸すのでなく焼くのがこちら流です

こちらは温レタス、シンプルですがなかなか美味しい、我が家の定番料理にもなっています

 

茄子の海老団子揚げ

 

スペアリブの豆鼓蒸、この料理がのったご飯もあります

 

陳皮入り牛肉団子、アツアツでふわふわの肉団子で優しいい味なんです

 

キノコと筍の上げ春巻き、サクサクとした触感が心地よい春巻き

 

蓮の葉ちまき、一つだけ注文、後で3個注文して3人でそれぞれ持ち帰りました

 

こちらは3回目で初めて注文したミルクフライ、名前が不思議で注文してみました

 

ミルク味の具を冷まして固めて衣をつけて揚げたもののようでした、あっさりした甘さで
揚げたては美味しかった、あとタピオカ入りココナツミルクもいただきました。

いつものあまり変わり映えしない写真でしたが、お料理が三つづつのっているのが多く
3人で出かけるとちょうど良いと気が付きましたが、シウマイの写真が残っていなかったのは
食べるのに夢中で取り忘れたようです

ご飯ものは蓮の葉ちまきのほか鶏肉とショウガ、そしてスペアリブ、牛ひき肉と卵の蒸ご飯が
あります、次回試してみましょう。

大好きで何度も出かけた香港の味を楽しみましたが、今の香港の情勢はいつも気になります。

 

(12月22日)

By

銀座ランチ 「ダ アダ」

銀座の新しいビルにオープンした オステリア 「DA  ADA」イタリア料理のお店です。

ヴェネチアで400年前から伝わるバーカロで学んだ味、ヴェネチア伝統の味をそのままに、
バーカロで40年以上料理人を務めたアダおばあちゃん直伝のお料理が楽しめるお店です。

バーカロとはヴェネチアで名物料理や地ワインを安くおいしく楽しめるお店のことだそうです。

ヴェネト州出身のイタリア語の先生に聞いたら、ベネツィアにはバーカロがたくさんあると
言ってました、ヴェネト愛がすごい先生でいつも楽しい話を聞きます。

オステリアとはイタリア語で居酒屋とか飲食店といったカジュアルなお店のことです、
エレベーターを降りるとすぐ前に立ち飲みできるテーブルと目の前に”おつまみ”が
並んでいました。

11月に開店したそうです、イタリア文化会館のイベントの時にお店を知りました。

内装もヴェネツィアのお店そのままなのだとか、友人と出かけてみました。

 

ランチに勧められたのは前菜盛り合わせ、ワインが欲しくなる一皿です。

 

パスタはホタテのタリアテッレにしました、おいしかった!

 

ホカッチャが付きます

仕上げはやっぱりエスプレッソ  デザートはまた後のお楽しみに。

 

 

おしゃべりの続きとデザートは、隣のビル東急プラザのアップルパイ専門店で

いただいたのはラ・フランスのアップルパイ、シロップも選んでアイスクリーム付きです

そしてコーヒーをいただきながらゆっくりおしゃべりを楽しみました。

やっぱり銀座が好きです。

By

イタリア料理週間 その2 

イタリア料理週間のパスタづくり実演を最前列で見物しました

カーザ・アルトゥージのシェフ、カルラ・ブリリャドーリ氏がロマーニャ地域で典型的な
数種類のパスタの解説しながらの実演でした

イタリア家庭料理の伝統を現代に伝える料理教室主催、エミリアロマーニャの料理や特産品の
普及にも努めているそうです

100グラムの粉に卵1個が目安とか、台は板が適しているそうです

もちろん日本語通訳付き

スタッフが用意した麺棒が短すぎたと言ってました

小さなパスタを作る道具

こちらも、ひとつづつこんな作り方するのですね

次は切って作るパスタ

色々な形にカットします

左は不揃いの長方形に切ったパスタMALTAGLIATI, 細めのタリアテッレはTAGLOLINI
PAPPARDELLEは幅の広いきし麺状んのパスタ、右側はおなじみタリアテッレ、
卵を練りこんだきし麺状のパスタです

CAPPELLETTIは小さな帽子という詰め物をした小さなパスタ、右側のRAVIOLIは詰め物を
した四角形の小型のパスタ

解説をしながらいろいろなパスタを作りました、地方によって好みの形やソースがあるようです
こねたばかりの生地と20分ねかせた生地の手触りが確かめられました

パスタの試食と思ったのですが、試食はパルミッジャーノレッジャーノにバルサミコ酢を
かけたものでした

とても美味しかった、シンプルな初めての食べ方でした。

パスタを作りたくなりましたが、やはりセモリナ粉でなければならないでしょう
デモストレーションだから日本の粉(薄力粉)を使用したのでしょう。

今はどんな種類のパスタでも手に入りますから、いつも既成のパスタを使用しています。
最近デュラムセモリナ粉を買ったので試してみたいです。

 

ちょうどお昼時、文化会館の並びにあるこちらで一緒に参加した
Minakoさんとランチを楽しみました

ランチコースの前菜盛り合わせはバラエティーに富んでいました

こちらはカジキマグロのトマトソースのパスタはMinakoさんが選び

私は豚肉を煮込んだソースに幅広のパスタ、トリフがのってました、パスタづくりを
見てきたばかりで、思わず幅広のパスタを選びました、ソースによう合う食べ応えのある
美味しいパスタでした

かわいいドルチェとフルーツにコーヒーのランチコースでした

文化会館に通っていて気になっているお店でした、ずっと昔、何十年も前にこの場所の
違うお店でしたが確か同じイタリアンでした。

たしかCOLOMBAというお店で北イタリアの料理を食べたことがあります。

イタリア料理はいつでも魅力的です、粉もの好きにはパスタは最高!
ますますパスタ好きになりました。

By

お気に入りの「銀座ランチ」

友人と時々出かける銀座SIXの中央デコレーションは8月後半も変わってませんでした。

 

待ち合わせは6階

6階蔦屋書店はちょっと展示も変わっています、こんな本を見かけました

中央の空間でこんなイベントも、お人形の顔はとても個性的でした。

 

待ち合わせたのはいつものお気に入りの「Il Cardinale」

メニューは見なくてもこのところ選ぶのはほとんど同じもの

焼きトマトのカプレーゼ 料理好きな友人はトマトを弱火で1時間ほど焼いてみたそうですが、
水分がなくなり美味しくなかったということで、こちらで聞きましたらなんとごく弱火で
3時間も焼くそうです、水分もありすごく甘いのです、もちろんチーズも普通のモッザレラ
ではなく特別のミックスしたもののようでした、とにかく美味しいのでいつも注文します

こちらも前回と同じボンゴレビアンコ アサリの白いパスタです

サルシッシャ、イタリアのソーセージ、付け合わせはジャガイモのローストとレンズ豆
粗切り肉のソーセージにほどよいスパイスですごくおいしい、かなりのボリュームでした

こちらもいつものラムのロースト、この日は大きめのラムでした、この二皿はシェアしました
それでも大変なボリューム、でもさっぱりしたソースで食べられちゃうんです、付け合わせの
ほどよく焼いたジャガイモも美味しかった、パンは少しだけ頂きました

お腹いっぱいでデザートはいつものエスプレッソにビスコッティ

 

でも、、、

お腹いっぱいと言いながら、散歩の後はひと休み

こちらのコーヒーフロートは、テーブルの上で氷とアイスクリームの入った
グラスに熱いコーヒーを注ぐ、香り良いコーヒーフロートなんです、
アイスクリームを食べたいときコーヒーは端から注いでもらいます

 

この日もいつもの友人と同じコースになってしましました。

 

銀座散策はいつも楽しみです。

By

居酒屋さんとワイン食堂

この特大ジョッキはハイボール、初めての大きさです

 

息子夫婦と出かけた居酒屋さん

カボチャディップとのし鱈、ちょっと不思議な組み合わせでした

お刺身は私はちょっと苦手なものが多いですが、貝類は好物です

室蘭焼き鳥

塩ジンギスカン素揚げ

ホタテのお刺身、焼いても食べられます

増毛産ボタンえびと甘えびの盛り合わせ

雪室熟成ラムチョップとロースカットのグリル  魚より肉好きの私がいちばん頂きました

「北海道」というお店でした。

 

 

こちらはワイン食堂

赤ワインのお供は

前菜の盛り合わせ、スペインやイタリア風のミックス、ゴルゴンゾーラチーズ入りの
ポテトサラダが意外なおいしさ、スペイン風オムレツ、イタリアの国旗のような色の串は
小型のカプレーゼですね、下はバジルソース、楽しい前菜でした

銘柄豚と九条ねぎのソテー、ソースはバルサミコのようでした、豚肉とねぎの愛称は
とてもよかったです

黒ビールはちょっとお味見だけ

自家製ソーセージは食べ応えがあり、スパイスのきいたサルシッチャ風、美味しかったです

入店の時間が少し早かった、このあとは満席になりました、若い人が多かったです。

 

息子たちと楽しいひと時を過ごしました。

By

もう一度「ティム・ホー・ワン」

日比谷シャンテ別館のティム・ホー・ワンは相変わらず混んでいますが、以前よりは少しだけ
列が短くなったように思います、11時開店に入店したいので10時ごろから並びました

ちなみにこの列はお店を出たときのもの, 一巡で入れなかった列です

すぐそばには鹿児島のアンテナショップがあり,寄り道もします

前回も書いたかもしれませんが、香港によく出かけていたころは朝食の飲茶が楽しみでした

日本ではなかなか食べられない腸粉はやっぱり海老を選びます

野菜料理この日は空心菜でした、オイスターソース味のようでした

餃子は豚肉野菜入り

茄子の海老団子揚げ

海老の湯葉巻き上げ

スペアリブの豆鼓蒸し

肉団子、前回食べたとき家で真似して作ってみました、そこそこ美味しいと思ったのですが
ここで頂いたら別物でした、ふわふわでとても美味しいんです

この日は前回と同じ友人とこちらのお料理をいろいろ頂きたくて出かけたのです、今回は
ちまきを2個注文して二人で持ち帰りました、それで開けてないのです

厨房の様子です、入店前に注文を書いておくので席に着いてからお料理が出るまで早いです
もちろん追加注文もできますが、私たちはほとんど前回のと同じような注文になりました

帰ってからのお楽しみに前回も買ったベークドチャーシュー饅、こちらは横の特設売り場で
いつでも買えます、長い列に諦めて何回か買って帰ったこともありました。

やっぱり香港点心は大好きです、大満足でした。

 

帰りに通ったソニービルあとの公園

こちらの植木は売り物ですから、内容も変わります。

 

 

銀座散策の後、お茶は久しぶりにトリコロールに寄りました

私のデザートはこちら、アップルパイとコーヒー

友人はコーヒーフロートがお好みです

外観もですが店内も懐かしい雰囲気でした。

 

 

また1か所”銀座のお稲荷さん”に出会いました、あづま通りの
「あづま稲荷大明神」さんでした。

By

銀座ランチ「il Cardinale」

銀座ランチはまたこのお店です。

 

銀座SIXのいつものレストランに出かけたのはいつもの友人とです

友人と二人で行くと必ず注文するのがこの焼きトマトのカプレーゼです
この日のはほどよく水分が抜けて格別に甘くて美味しいトマトでした

ボンゴレビアンコ アサリいっぱいのパスタは夏の味でした

 

骨付きラムのステーキはやっぱり美味しい、パンなしでお腹いっぱいになりました

 

エスプレッソはいつものようにビスコッティが添えてあります。

 

 

この日の銀座SIXの壁面の飾りです。

 

 

大好きな銀座散策の後は

こちらもいつものカフェ、この日はいつもの和栗のモンブランはやめてアップルパイでした。

 

 

1丁目の裏通りで遭遇したお稲荷さんは「幸い稲荷」

 

銀座には「銀座八丁の小さな祠」がいくつもあります、
江戸時代からのお稲荷さんだそうです。

 

友人とやっぱり銀座がいいですね、といつもの合言です。

By

香港点心「添好運」(ティム・ホー・ワン)

日比谷シャンテ別館に香港の飲茶のお店ができたのは知っていました。
いつも長い行列ができていて諦めていました。

香港は好きな場所で、かなりの回数通っていたところですが、なかなか東京では香港風の
飲茶が食べられず、このお店を知ったときは楽しみでした。

日比谷シャンテ、ゴジラの前がお店です

 

こちらのお店が香港でミシュラン一つ星の点心専門店です。
早めに並びようやく11時オープン時に入れました。

開店少し前にメニューを渡され、注文を書いて出しておきます、それで席に着くと
間もなく熱々の点心が運ばれてきます。

 

こちらは香港でよく食べた腸粉(チョンファン)米粉のクレープ風です、好みの具で注文、
これは海老の腸粉です、東京ではなかなかこの味が食べられなかったのです

 

スペアリブの豆鼓蒸し、ご飯にのっているのも美味しいですよ、メニューにありました

 

海老焼売

 

ちょっとボケ写真ですが、これは陳皮入り肉団子です、柔らかくて
一緒に出かけた父親の好物で、香港そのままの味が懐かしかったです

 

おなじみ蓮の葉ちまき、これも大好物です、おもったより大型でした

ここまでは友人が開店に遅れて私が注文しておいたメニューです

 

湯葉巻き揚げ

 

茄子の海老団子、海老料理が多くなりましたが、友人が注文したこちらも美味しかった。

お店を出たとき11時からの開店時に入れなかった人が並んでいました。
店内から見えたので友人と早めにお店を出ました。

チャーシュー饅の焼いてあるタイプはいつでも買えます、甘めで美味しいです。

 

先ほど香港からお母さんの介護でずっと山口県周南市に戻っている純子さんから電話を
もらいました。
香港の家に何度も泊めていただいた友人で、私の誕生日で電話をくださったのです。
久しぶりに東京で香港の味を楽しんだことを話しました。

名刺を見たら香港では深水歩、中環、奥運、北角などにお店があるようです。
私にも懐かしい地名です。
そう遠くない日にまた香港で会えたらと話しました。