しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

小石川後楽園

小石川後楽園は江戸時代初期、寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が、中屋敷に
造ったもので二代藩主光圀の代に完成した庭園です。

 

稲田や花菖蒲田近くの丸八屋

大泉水

蓬来島

都会の庭園ならではの景色

残念ながらこの先の内庭は工事中でした

この石畳みは延段という石畳で大小の自然石と切石を組み合わせた中国風の石畳

 

右側のビルは文京区役所、こちらの展望塔から園内の一部が見えます

赤い小さなお社がある蓬来島です

彼岸花を見に行くのに最初に渡った小さな橋、ここからの眺めは趣があります

通り道脇で見かけた1輪、やっぱり曼殊沙華のほうがいいなと思います

大泉水横の小さな龍田川の流れ

蓮田の横を通り渡月橋を渡ります、後ろは小廬山(築山)

左奥の並ぶ岩は屏風岩、横の流れは大堰川

ここでも見かけました

中央に伸びるのは西湖の堤、その左が渡月橋です

大堰川の沢渡り

緑に映える通天橋、緑も映えますが紅葉時は一段と美しいです

通天橋から大堰川の流れと渡月橋の眺め

その先の「得人堂」のあたりはすごく静かで

深山の感じですが、この辺りは近くの学校の子供たちの声が聞こえます

小廬山の上に出ました

下からは見えないようになっていますが一番上に小さなベンチがあるのです

秋には紅葉を見たいと思いました

小廬山を降りるとこの辺りに出ます

名残の百日紅

大泉水の土手にも咲いていましたが、まだほとんど蕾でした

青空だったら泉水に映りこむブルーが美しかったでしょう

彼岸花(曼殊沙華のほうが素敵と思います)を楽しみました

入り口正面の松

この門から出たところの

小廬山から見えた赤い屋根のお店に立ち寄りました

頂いたのはお抹茶、”みのり”という和菓子は少し地味でしたが今の季節ならではですね

渡月橋に行く道でガラス越しに見かけていましたが、立ち寄るのは初めてでした

帰りに出会ったのは着物姿のカップル、写真撮影でしょうか

この緑が色づくころまた来たいと思いつつ

門を出ました

こちらの塀の石組みは江戸城から持ってきた石のようで、大名の門が入った石も見られます。
いつも大江戸線で行くので反対側を通り、残念ながらしばらく観察していません。

彼岸花と緑を満喫した日曜の午前でした。

 

(9月27日)

 

By

小石川後楽園の彼岸花

「彼岸花が見ごろを迎えました」という情報に後楽園に出かけたのは9月27日でした

「一つ松」の前を通り

大泉水と蓮池に架かる橋を渡り

白糸の滝の前の沢渡りを通って目的地彼岸花の咲く場所に向かいました

花菖蒲田横の道に出ると彼岸花が見えはじめました

満開の花もありました

藤棚の下にも咲いています

カメラを向けている人も多かったですが、思ったより花が少なかった

この辺りは満開でした

近くをよく見るとまだ蕾も多く

パラパラと咲いている感じです

藤棚前の小さな流れのこの辺りが一番多い場所

藤棚の下あたりもまだ蕾も多いようでした

やっぱり満開の花ははきれいです

緑とのコントラストも素敵

林の中のもいいですね

白い萩との競演

大きなアゲハチョウも参加

あたり一面彼岸花で真っ赤に染まる権現堂の彼岸花も素晴らしいけど

こんな咲方も好きです

藤棚近くの棚田のかかしは黄門さんの姿でしょうか。

こちらは光圀が農民の苦労を彼の嗣子・綱條(つなえだ)の夫人に教えようと作った棚田、
現在は地元文京区内の小学生が、5月に田植え、秋に稲刈りを行い、伝統行事を守り継いで
いるのだそうです、稲穂が色好き始めているようでした。

By

名残の夏花壇

木場公園には朝5時にウオーキングで出かけますが、夏の花が残っているようだったので
カメラをもってもう一度出かけました。

 

公園内の朝9時から開園する花壇は何回か紹介していますが、今年はまだ猛暑が続いているので
様子を見に10時ごろ出直したのですが、ものすごい暑さでした

いろいろな花が見られる花壇です

この日は朝から30度を超す気温でしたが9月ですやっぱり夏の終わりを感じる景色でした

 

花が枝の先の方に咲いています

 

小さな蝶がせっせと密集め、頑張れ!の気持ちを込めて撮りましたが、ボケ写真でした。

 

猛暑とコロナ禍で厳しい夏でした。
最近は目覚めれば朝4時半ごろ家を出て公園を歩きますが、やっと少し涼しくなりました。
でも1時間ほど歩けば汗だくです。
ちょっと足を痛めて歩きにくいのですが、朝のうちに歩かないと家に籠りきりになるし、
花を見に行くのは気分転換になります。

この日は公園でもうひとつ目的がありました。

 

(9月10日)

 

By

清澄庭園

清澄庭園に行く前に久しぶりに近くのパン屋さんに立ち寄ることにしました、森下のこのお店
カトレアは元祖カレーパンで有名なお店です。

9時半過ぎごろ着いたのですが、1回目の焼き上がり7時のは売り切れ、次は11時でした、
仕方なく焼きたての菓子パンを3個ほど買いカレーパンはまた次回にすることにしました

ところが9時に開園だった庭園は10時になっていてすぐ隣の公園で待つことにしました

こちらは清澄公園、前日が1日雨模様だったので朝から晴天のこの日は公園に出かけたくなる
気持ちはよくわかります、私も梅雨時の晴れ間は貴重なので早朝いつもの公園を歩きました

すぐお隣の清澄庭園は何回も紹介していますが、季節ごとに楽しめます

 

 

開園を待っていた人は10数人ぐらい、その皆さんが向かうのは回遊式林泉庭園を左から回り

私は目的地に向かうため右回りです

明治の代表的「回遊式林泉庭園」で一説には江戸の豪商紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられて
います
明治11年に岩崎弥太郎がこの一帯を取得したようです

明治13年に「深川親睦園」を開園、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」として完成した

真っ先に向かったのは入り口から対岸の自由広場

ハナショウブが目的でしたが、少し遅かったようです

残念ながら花は残り少なかった

ショウブ田の近くのアジサイももう見ごろは過ぎていました

この広場は桜の開花時期が最高です

ハナショウブ田にかかる橋も緑

見渡す限り緑いっぱいの広場です

石舞台のわきにはアジサイは見ごろでした

自由広場の出入り口からの景色も素敵です、この辺りまでは全く人影もなしでした

正面の大正記念館は大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を移築したもの、左側は涼亭

この小高い丘は富士山といわれる小高い丘

久しぶりにサギを見かけました、この日は大きい3羽のサギでした

この季節はどこも緑一色

庭園全体を見渡すような春日燈籠

大泉水の周りではいろいろな花を見かけます

魚を狙ってじっと動かないのがおなじみですが、向こうをむいて毛づくろい中でした

池に突き出るように建てられた数寄屋造りの建物は涼亭、明治42年に国賓として来日した
英国のキッチーナ元師を迎えるために岩崎家が建てたものです

ザクロの花だったと思います

1周しました

雨の翌日の木々は緑も鮮やかでした

この庭園には全国から取り寄せた名石を配しています、入り口近く名石わきで見かけた花

そして子供のころに摘んだ覚えのあるネジバナも見かけました

清澄庭園は我が家から自転車で10分ほどのところにあり時々出かけます、緑豊かな庭園を
1周してくるといつの季節も心なごみます。

外出が緩和されてもまだ出かけにくい日々、家から近くの公園や庭園は安心して外出できる
貴重な場所です。

By

紫陽花

2か月半休みました。

再開が6月になり紫陽花を見に出かけました、6月生まれにはやっぱり紫陽花が気になります。

 

ここに出かけるのは2回目、この半夏生も気になっていたのでまず立ち寄りました

夏至から11日目、7月2日ごろにあたる半夏生、植物のほうは水辺に生え、6,7月ごろ上部の
葉が数枚白くなりそれと向かい合って花穂を出し白い小花が咲きます

ドクダミ科の多年草と知り意外でした、葉の下半分白いので半化粧の意ともいわれるようです。

 

旧中川沿いの散歩道、こちら側は江東区、川の向こうは江戸川区です

そして通過中の列車は総武線、スカイツリーが青空に映えていました

全体を見たらちょっと遅かったと思いましたが、白い紫陽花はまだこれからのようでした

紫系は満開を過ぎています

小道の右側は額紫陽花、咲き終わっている木もありました

微妙に色が違う二つの花、右側が咲きはじめでしょうか、よく見るといろいろな色ですね

 

白は一番遅く咲くようでどの木の花もいちばんきれいでした

これは青紫の花、花の色は土の酸性度により変わると聞いたこともありますが、こんなに
いろいろな種類があると土の成分ではなさそうですね

額紫陽花も終わりに近かったです

これは鮮やかなピンク、花は小ぶりでした

向こう岸にも紫陽花が見えます

総武線に乗っていて紫陽花に気が付くでしょうか

白と思っている花が少し離れると淡いグリーンに見えます

淡い絞りのような花びら、とてもきれいでしたがこれから変化するのかしら

日陰は左の小さな屋根の下のみ、日焼けを気にしながらの見物になりました

素敵な小道です

直径が20㎝ぐらいありそうな大輪です

紫陽花は雨が似合う気もしますが、青空の下でも美しかった

久しぶりの散策に大満足の朝でした

日焼けを気にしながらも花の写真を撮るのに夢中になりました

旧中川沿いから緑豊かな亀戸中央公園を通り抜けて、帰りは東武亀戸線の亀戸水神駅に出ました
亀戸水神に立ち寄るつもりでしたが、30度を超すあまりの暑さにこの日は諦めました。

 

2か月半もお休みしましたが、また続けたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

(6月15日 撮影)

By

木場公園の桜

朝5時少し過ぎの東の空です、今朝はきれいな色でした。

 

夜明けが早くなりました

昨日は1日中強い北風が吹いていたので桜は散ってしまったかと思って
いましたが、まだ満開状態で感激でした

6時近くなるとこんなに明るくなります

山桜系の白い花の桜です

木場公園の南と北側を結ぶ陸橋です、いつも南側だけ歩くので
ここは久しぶりでした

陸橋から振り返ると満開の桜の広場が見渡せます

手前の少し色の濃いのは枝垂桜です

八重咲でソメイヨシノより少し後に開きます、今年は花が少ない気がしました

桜の木の下はバーベキュー広場

小さな広場の端にまだ早いと思っていた緑の桜が咲いていました

御衣黄 (ぎょいこう)八重咲の緑の花で若い木ですが高い位置に咲き

ソメイヨシノやほかの桜に囲まれて目立たないのです

サトザクラの園芸品種だそうです

6時過ぎると朝日があたり桜がいそう美しく見えます

これはまだつぼみの八重桜でしょうか

広場がいちばん華やぐ季節です

満開でした、のびのびと枝が伸びています

開花は早かったのですが、満開まで少し時間がかかりました

朝日を浴びる桜は一段と美しい

昨日の北風はかなり強く1日中吹いていたので気がかりでした

枝垂桜はシルエットも違います

毎朝見られる幸せな時期です

朝5時少し前に家を出るのにカメラを持って出て正解でした

鮮やかな垣根の花は

モクセイ科のナンジャモンジャです、2色咲いていました

こちらは咲き始めたばかりのモッコウバラ

ずいぶん前ですが、御衣黄が咲くのを教えてくれた人とここで久しぶりに出会いました

朝日が昇り、青空もきれいに見えてきました

桜の木の下でよく見かけるシャガの花、ここでもたくさん咲いていました

公園に向かう途中のお宅の白いモッコウバラも咲き始めたばかりです。
いつも手入れが行き届いていろいろな花が楽しみなお宅です、かわいい
ワンちゃんがいるのですが、この頃散歩はご主人だけ、出たがらないのだとか。

 

我が家近くの小さな公園の真っ赤なつつじも見ごろになりました、目の覚めるような赤でした。

 

いつもの朝は1時間ちょっとで8500歩ぐらい歩きますが、今朝は1000歩ほど多くなりました。
不要不急の外出がしにくい昨今です、早朝の公園散歩は気晴らしになります。

 

(4月3日 早朝撮影)

By

早咲きの桜

早朝ウオーキングを楽しんでいる木場公園横の大横川遊歩道の河津桜が咲いているようなので
出かけてみました。

 

歩いているのは朝5時からでまだ薄暗く、それでも終わる6時ごろは日に日に東の空が明るく
なってきましたが、桜見物にはさすがに早すぎて、朝の用事が片付いた9時ごろにに行きました

まだつぼみがいっぱいでしばらく楽しめそうです、川のこちら側の花は色が濃いめです

対岸の花と

橋の反対側の花も早めに咲く薄めの色の桜です

小学生ぐらいのカメラ持った女の子の撮る姿が慣れていてびっくり、チェック中です

こちら側の桜は例年早めに開きます、満開ですね

散歩道になっているので素敵な年配のカップルが散策中

こちらは公園の陸橋近くの桜、この近くにはソメイヨシノもたくさん咲くので楽しみです

河津さくらと同じころ咲く大寒桜です

鳥の声が賑やかでした

花を選んでいるように見えました

見つけたようでうです

桜の木の下には鮮やかな山茶花の花

小鳥たちは

賑やかに花の蜜を楽しんでいるようでした

寒桜もソメイヨシノよりやや濃いめでしょうか

青空に桜の花そして小鳥と全部揃った朝でした

大寒桜のすぐ近くに地味に見えるこちらは寒緋桜、色は鮮やかですが下向きに咲きます

こちらは梅の花です

大寒桜が咲くこの道は早朝から多くの人が歩く木場公園の散歩道です。

季節によりいろいろな花が見られて癒される公園です。

 

(2月24日 撮影)

By

清澄庭園のお正月

今年も清澄庭園に出かけました

時々出かけますが、新年恒例になりました

池に突き出るように建てられている数寄屋造りの建物涼亭がこの庭園を日本情緒豊かにします

池の端に石を点々と置いてそこを歩けるようにした磯渡りです

大泉水の周りを1周できます、この季節雪つりも見られます

中の島に渡る橋の奥に見える小高いところは富士山と言われるこの庭園で最も高く大きな築山

橋を渡った中の島にも松の木に雪吊りが見られます

中が見上げられるタイプ、以前浜松町の浜離宮恩賜庭園でもみかけましたが

大泉水にはいろいろな野鳥が集まります、昔は隅田川から水を引いていました、そのため
潮の干潮によって池の景観が微妙に変化したといわれますが、現在は雨水でまかなっています

枯滝です

涼亭側から反対側の大正記念館の向こうにスカイツリーも見えます

この日のサギは三つの中島の一つ松島の雪見灯籠の上にいました

冬の花ですね

色鮮やかなこちらは山茶花

少し入ったところに石仏群があります、中央は阿弥陀仏です

イベントが行われる自由広場に向かいます

本日のイベントは江東区指定無形文化財「砂村座」の獅子舞です

獅子舞の意味や由来など調べてみました

悪魔祓い、飢餓や病気を追い払う意味が込められていました

インドから中国へそして日本へ伝わったといわれます、獅子とはライオンのこと

日本では16世紀の初め室町時代に伊勢の国で飢饉や疫病を払うためにお正月に獅子舞を
舞ったのが始まり言われます

その後伊勢から江戸へ伝わり、祝い事や祭り事で獅子舞が定着し江戸時代初期ごろまでに
「江戸大神楽」と「伊勢大神楽」い言われる団体が獅子舞を舞いながら全国を回り、
悪魔祓いをしたことで日本各地に伝わったようです

関東、東北地方などで主にみられる獅子舞は、基本的に1人1匹を演じ「風流系」といわれる

獅子もミカンを食べます、ちゃんと皮を出しました

そして食べた後は眠くなったようです

お休み中

寝転んでの演技は難しいそうです

獅子舞の演技はここまで

演技終了後は

厄除けをしてもらいます

獅子舞が人の頭を噛む動作をするのは、その人についた邪気を食べてくれるそうです

悪魔祓いや病気退治の意味があるため、悪いことから守ってくれるご利益があると考えられます

お正月ですからご祝儀を渡します

子供の場合は、厄除けの効果が強くなるともいわれます

学力向上や無病息災、健やかな成長にご利益があるといわれます

とはいえ子供には怖いでしょう、獅子が近づくと泣き出す子供も多かったです。

語呂合わせで「獅子がかみつくと神が付く」という縁起かつぎの意味もあるようです。

より良い1年を過ごしたいと願いは今も昔も変わりませんね。

 

私もコツコツと噛んでもらいました。
この1年健康でありますようにと願いを込めて。

 

(1月2日 撮影)

By

皇居東御苑

皇居東御苑で大嘗宮を見物して一方通行で平川門か大手門が出口です。

 

いつもの大手門から出ることにしましたが、通り慣れた汐見坂は通行できなくてここでも
梅林坂からの遠回りでした

二の丸雑木林のところに出ました

まだ秋の風情のようでした

都心の公園です高層ビルも見える二の丸庭園

都市近郊で失われゆく雑木林の復元  懐かしい感じで大好きな場所です

新雑木林あたり、雑木林が広がりました

見とれるほど美しい紅葉でした

白鳥濠の石垣

同心番所のところにも

屋根越しに美しい紅葉が見られました

つわぶきと山茶花の競演は晩秋の景色です

大手門出入口近くの広場です

坂下門から入り、蓮池豪あたりで紅葉を楽しみ、東御苑で大嘗宮を見物しました

帰りは大手門から出ました、一方通行でかなりの距離の散策でした

大手門の橋から桔梗豪方向です

東京駅に向かう途中に桔梗門の前を通りました、この日は通行止めでした。

坂下門から入り、全部見物すると約7kmと書かれてあったように思います。
かなりに距離の見物ルートでしたが、紅葉、冬桜そして大嘗宮見学とワクワクするコースで
そんなに距離は感じませんでした。

By

横浜散策

住宅地の脇の小道は「入江せせらぎ緑道」という横浜市鶴見区から神奈川区にかけて
流れる入江川の上流部区間、流れは自然の小川を模したせせらぎとそれに沿った
遊歩道として整備されています。

 

久しぶりに先週末に息子の家に遊びに行き、昼食後散歩に出かけました

息子夫婦はよく散歩に出ますが最近行くようになった場所でした

水がきれいで心地よい流れの音でした

浅い流れなのにところどころで見かけた大きな鯉

この日の目的地は徒歩でかなり時間のかかった鶴見区馬場にありました

花木園です

花が多い季節ではありませんが、種類が多いので少し見られました

梅や桜の木もあり春には美しいそうです

秋の景色です

浜虎の尾  二の丸庭園や向島百花園などでも見かけます、数は少なかったけど満開でした

紫式部ですね

リンドウ

中央ににある池はショウブ田と蓮の池だそうです

マユミは紅葉と共に秋の野山を美しく彩ります

ブルーべりのようなこの実はヒメユズリハの実でした

お茶室もあります、紅葉の季節は素晴らしいでしょうね

いつも公園で見かけるのより濃い色のキンモクセイ

大好きなナデシコは1輪だけ見かけました

広い園内で雑木林や竹林もあります、花の種類も多く散策には良いところでした。

 

帰り道小さなシロサギを1羽だけ見かけました

公園で見かけるときは魚を狙ってじっと固まったように動かない光景ですがここでは歩き回り
餌探しのようでした。
男の子がするめを結んだ糸を垂らしてザリガニ取りをしてました。

 

帰り道オレンジ色の染まった空があまりに美しかったので、急ぎ家に戻り写真を撮りましたが、
残念ながら一番美しかった時に間に合わなかった

数分後にはこんな光景になってしましましたが、あまり見かけないような美しい色でした。

 

今朝1週間ぶりにいつもの公園の朝焼けを見ましたが、一緒に歩くお仲間がすごい色の日が
あり、朝焼けを撮ったのを知っていたので私に知らせようと思ったと言われました。
朝焼けも夕焼けも特別美しい日があるようです。

 

この日の歩数は朝の散歩なしでも15000歩以上でした。