しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

2020年の桜

今年の桜の開花全国一は東京だったようです、それにしても3月半ばに開花するのは驚きです。

今週末には満開になるようですが、残念ながら全国的にお天気が崩れるそうです。

 

せっかくの晴天に近所に買い物に出かけた折に近くの大横川の桜を見物することにしました

 

いつもこの時期には何艘もの遊覧船が行き交うのですが、今年は静かです

 

春色の桜はやっぱり素敵です

 

どこか別の場所から桜を見に入ってきたようですが、乗客は少なかったです

 

例年門前仲町からすぐの黒船橋袂から手漕ぎの船などが桜見物に出るのですが、
今年は中止だそうです

川の遊歩道の桜は歩きながらまじかに見られるのが魅力です

 

水面をバックにした桜

 

こちらは青空のもと

 

まだ蕾がたくさんありました

 

桜の木の下の遊歩道は最高の散歩道です。

 

翌日からの天候が気になり家の近くの川に桜を見に出かけたのは3月26日 木曜日の午後でした。
この夜「この週末外出は自粛してください」という発表があり、今日金曜日に予定していた
友人との桜見物と銀座でのランチは中止にしました。

 

 

 

By

日暮里繊維街

ここに通った時期もありました、生地屋さんがだんだん少なくなる中
ここに行けばたくさんのお店があるので好みの生地が見つかりました。

 

私事ですが、この所外出しにくい状況が続き、家にいる時間が長くなり、
なかなか進まなかった服作りがしたいと思ったら新しい生地が欲しくなり
気にしながらですが出かけました

生地屋さんの数は減っているようですが、見慣れた看板が目に入り
嬉しくなりました

この日の目的はこちらのお店です、繊維街の中でもセンスの良い生地が
手に入るのです、この日のお目当てはここの2階にありました。

ずっと前ですが、横手の友人のお母様の洋服を作っていたころも
こちらのお店で布地を選び、そのリバティープリントも見かけました。

いろいろ懐かしい思い出があるお店なんです、こんな時期でなければ
友人と出かけて選んでもらうのですが、祭日でこの朝思いついての
外出だったので一人でした。

最近買い慣れた神田の生地屋さんが閉店してしまい、ますます生地の
入手が困難になり出かけたのです、懐かしいお店はほとんど残って
いました。そしてボタンや糸などのパーツ屋さんにも寄りました。
繊維街は意外に若い人たちも多く賑わっていました。

 

 

買い物が早く終わり、帰り道に立ち寄ったのは「羽二重団子」のお店

羽二重のようね滑らかで柔らかいお団子です、甘辛を1本づついただきました

この季節に合う気がしました。

 

日暮里駅に向かう階段、重い生地をもって上った思い出もあります
「もみじばし」なんていう名前になっていました

駅の入り口を通り過ぎると谷中方面に向かう道に出ます。

 

久しぶりに日暮里駅に降りました、谷中もご無沙汰です。
外出しにくい状況が早く終わることを祈りつつ日暮里駅を後にしました。

 

今までで一番短い日暮里滞在でした。

By

早朝の木場公園

早朝の日課である公園に行くため家を出るのは5時数分前です。
この季節はまだ暗くて寒いです。

でもこのところ夜明けも早くなり、気温も高く震えるような朝は
なくなりました。

公園前の信号のところにあるコンビニのこんな案内を寒い朝に見ると
熱いコーヒーが恋しくなります

5時少し過ぎはまだこんな暗さです

お彼岸ともなると5時を回ると明るくなるのが早くなりました

この花も桜です、三つ目通りの向こう側に見えるブルーの列車はレストラン

3周して6時ごろ一緒に歩いている友人と別れてこの朝は朝日を見て帰ることにしました

6時を回るともうこんな明るさです。 晴れと曇りの境目は、気象庁の係の人が目で見て空が
「2割青い」で晴れだそうです、観測場所は東京大手町、気象庁の屋上で人が目で見て判断
するのだとか、、、

広場のソメイヨシノもだいぶ開花していました

近づくとこんなに咲いている枝もあります

バーベキュー広場の桜もだいぶ開き始めていました

東側を見ると夜明けがわかります

しだれ桜はまだ開花してませんでした、このあたりで6時半から体操が行われます

最近公園内にカフェができました

公園には早朝ウオーキングをするお仲間が大勢います

少し濃いめの花が開き始めた桜の木です

その下には海棠(カイドウ)も開き始めていました

いつもソメイヨシノと同じころに咲くこれも桜です、園内でいろいろな種類の桜が見れれます

8時15分ごろの朝日です

春の草花もたくさん見られます

帰り道公園を出ようと思ったらこんな鳥が一羽、仲間がいるプールは少し離れています

前日の朝はちょうど通るときに魚がはねた音が聞こえました、ここの桜も咲いていました。

 

早朝ウオーキングも春は楽しみがいっぱいです、帰る時間6時過ぎごろも冬は真っ暗ですから
周りの景色も見えにくいですが、明るくなる春は心も弾みます。
公園の周りを3周して帰宅すると約8500歩ぐらいですが、今朝は1万歩を超えました。
今年は冬でも震えるような日は少なく歩きやすかったように思います。

 

(3月21日 撮影)

By

潮風の散歩道

晴れた朝江東区の汐浜運河沿いの白木蓮を見に出かけたのですが、少し遅かったようです

咲き終わっている花も多く

この枝は最後の一輪のようです

木によって違いがあり、少しほっとしました

この花は気品があります

日当たりのよい足元には春の日差しを浴びて水仙も咲いていました

こちらは花韮でしょうか

振り向いたら花びらの絨毯状態でした

開くのが見えそうな1輪

潮風の散歩道は、台風や高潮地震などによりおこりうる水害から町を守るため作られたそうです

朝から真っ青な空の色に誘われて家を出ました

白い花の競演も

青空でないとこんなに美しく見えません

バレリーナが踊っているように見えませんか

白一色でなく間に木蓮を見つけました

こちらのほうが開花が遅いのでしょうか

ビロードのような花びら、こちらもきれいでした

見ごろはこれからですね

青空の下で競ってるように見えました

こちらはグループで

人混みが気になる時でしたが、ひと時忘れられました

プリマバレリーナはどんな曲を踊っているのかしら

白木蓮の後ろに数本の花桃を見かけました

白とピンクでしたが、花が小さく見えました

花桃はこんな場所に咲いていました、この先まで散歩道は続きますが行きどまりです

東陽橋から南開橋まで歩きました、素敵な散歩道でした。

 

この春は気温が高く、暖冬の影響もありソメイヨシノも記録的な速さの開花宣言になりそうです。

 

 

By

亀戸「升本」

亀戸天神さんにお詣りの後、いつもでしたら船橋屋さんのくずもちを楽しむのですが、
この日はランチ時でしたから友人と亀戸の老舗に立ち寄りました。

 

「升本」さん、我が家の近くでもお弁当や福分けというお饅頭は買えますが本店に
立ち寄りました

 

品数の多いランチコースを選び、前菜は亀戸大根のきんぴら、あえ物、大根入り卵焼きです

 

セットはこのボリュームです、かき揚げや香の物茶わん蒸しなど品数の多さにもびっくり

 

アサリのせいろご飯はふっくらして優しいお味でした

 

ステーキと下に敷いてあるのも大根のステーキです

 

土鍋仕立ての汁物には小さな大根も入っていました、お豆腐など具沢山
大根レシピの多さにもびっくりしました。

 

こんな小冊子を見かけました、これによりますと亀戸大根は日本一小さな
大根で江戸後期から香取神社周辺で栽培が始まり、最も盛んになった
明治のころには、かわいらしいその姿から「お多福大根」「お亀大根」と
言われていましたが、産地の名をとり「亀戸大根」と呼ばれるように
なったようです。

しかし昭和に入り、経済の成長とともに農家が宅地や工業用地へと変わり
亀戸大根農家もだんだんと減って亀戸大根は幻の大根と呼ばれるように
なりました。

亀戸升本がこの伝統の江戸野菜の復活に成功したのだそうです。

 

亀戸駅まで戻り駅ビルのコメダ珈琲店でひと休み

 

友人と同じソフトクリームのコーヒーフロートをいただきました。

亀戸天神を初めて訪れた友人と梅の花とランチの楽しいひと時でした。

By

亀戸天神 「梅まつり」

亀戸天神社も梅まつり開催中でした

1月の末に「うそ替え神事」で訪れたばかりでした

亀戸天神を初めて訪れる友人とまずお詣りです

こちらの境内は梅の木の間からスカイツリーが見えます

紅梅殿は小さなお社です

このしだれ梅は見た目通り青軸枝垂という名前でした

これが紅梅ですね

御嶽神社  うそ替えの時はこの辺りに並んで開催を待ちました

”思いのまま”という名前の梅でした

梅の花も朱塗りの太鼓橋によく合いますね、棚は4月末に咲く藤棚です

天神さんの境内にもたくさんの梅の花が咲いていました

池のほとりにはしだれ梅

いつも眺める太鼓橋からの光景です、梅の花の時はこんな感じです

スカイツリーが一番よく見える場所です、藤棚の上に見える光景はまた紹介しましょう。

香取神宮の香梅園と亀戸天神の梅、この日は友人と梅の花を満喫しました。

(2月20日 撮影)

By

小村井香取神社 香梅園 

亀戸が初めてという友人を案内してまず小村井香取神社に行きました

梅の花も種類のよって早咲きと遅咲きがあるようです

香梅園にはたくさんの種類の梅が競い合うように咲きます

こじんまりした梅園ですが見ごたえがあります

風情があります

左側の木には1本の木に紅白の花が咲いていました

一番あでやかな色の花でした

今年は暖冬で梅の花も少し早く咲いたようです、この日も春本番のような日差しでした。

 

香梅園の梅の花を楽しんだ後は、梅の花も有名な亀戸天満宮にむかいました。

 

 

By

横須賀散策

久しぶりに息子たちと横須賀に出かけました。

 

「スカレー」 横須賀海軍カレーマスコットキャラクター 駅で見かけました

横須賀駅を出るとすぐ近くに海が広がっています、この公園はバラがきれいだそうです

見慣れない景色ですね

空と海の色がきれいでした

潜水艦でしょうか

もうかなり前ですが、散策したのはこちら側ではなかったので初めての光景です

海上自衛隊とアメリカ海軍横須賀基地です

対岸に見えるのはアメリカ軍の施設でしょうか

こちらは遊覧船のようですね

見慣れたお店もおしゃれな感じです、海に面しています

おなじみ

通称どぶ板通り、月曜日の午後でしたが、夜には賑わうのでしょうか

懐かしい歌手の手形を見かけました、そうこのあたりの出身でしたね

こんな看板をよく見かけました、美味しそうだけどどうやって
食べましょう、ちょっとお腹がすいていたのでこのぐらいいけそうと
思っちゃいました。

 

 

でも立ち寄ったのが、居酒屋さん

塩レバー

焼き鳥(豚)盛り合わせ

お刺身

こちらの盛り合わせは羊、鹿肉と豚の生ハムにウニを包んでいただくようですが、ウニ?と
思いましたが、試してみたら意外な組み合わせも有でした

やっぱり手前の甘えびより奥のボタンえびのほうが美味でした

のっけ盛りというメニューは細海苔巻きの上にカニ、いくら、ウニそしてマグロがたっぷり

女性2人はやっぱり最後にデザート、生チーズをメイプルシロップで頂きました

カレーでも、ハンバーグでもなくやっぱり居酒屋さんでしたが、楽しいひと時でした

 

帰路は横須賀中央駅からでした。

 

誘われたときは、横須賀? ちょっと遠いな~ と思いましたが、
外出がしにくい状況のなか良い気晴らしになりました。

 

 

 

 

 

 

By

横浜散策 「海上保安資料館」横浜館

赤レンガパークに向かう途中に立ち寄りましたが、驚きました

こちらが北朝鮮の工作船、全長,29、68m  44トンの船だそうです

鉄枠に船籍を書いた板をはめることで任意の船籍に偽装することができるようです

リアルな光景です

上から操舵室などが見られます

平成13年12月22日、事件当日の様子、発見・追跡、停船命令・威嚇射撃
そして工作船からの攻撃の様子、工作活動の実態などの映像や写真を
身近に見てなんだかドキドキしました。
回収した主な武器の展示もありました、鑑定結果はいずれも殺傷能力
のある武器だったそうです。

ニュース映像などである程度は知っているつもりでしたが、思った以上で
なんだか腹立たしさに重い気持ちで資料館を後にしました。

 

資料館を出たところあたりで釣りをしている人を多く見かけました、そこにヒヨドリと
丸々とした雀がたくさん群がっていました、太った雀でなく寒さに脹らませていたのかしら?

ベイブリッジの下を多くの船が行き交う夕暮れ時、気を取り直して歩きました

赤レンガ倉庫に初めて立ち寄りました、人気のショップが並んでいますが、こちらも
ゆっくりウインドショッピングやお茶でも楽しみたいところでしたが、次回のお楽しみ

夕暮れ時、素敵な景観です

ビルに明かりがともるころ一番素敵な時間帯です

おなじみのホテルですね、もう数年も自由に旅ができない状態で
憧れになっているかな、なんて思いました

コスモワールドは休業日のようで観覧車は動いていませんでした。
ずいぶん前ですが誕生日に乗ったことがあります、こんな時刻にまた
乗ってみたいです。

夕暮れ時の横浜は一段と素敵でした。

 

(2020年1月16日 撮影)

By

横浜散策 「新港ふ頭客船ターミナル」

横浜に住む息子夫婦と待ち合わせたのは桜木町駅

ランドマークタワーと日本丸は久しぶりです

カモの種類でしょうか、たくさん見かけました

新港埠頭を15時に出発する客船があるそうで見に行きました

2019年に完成したショップやレストランのあるターミナル、通称ハンマーヘッドです

15時出港の客船はこちら

2階の送迎デッキから見ました

この埠頭にある「ハンマーヘッド」は1914年から新埠頭を見守っていたそうです

こちらもクルーズ船、ランチタイムと、ディナータイムのにも乗船したことがあります

いろいろな船が行き交います

出港時間15時近くになると

乗客の皆さんがデッキに見えます、ドラが鳴って生演奏が始まりました、曲は ”ルート66”

途中すぐ近くで見かけた海上保安庁の船、帰港したところのようでした

黄色い手ぬぐいが配られて見送りを演出

静かに離れてゆきました、まずは神戸港、そして台湾、フィリピンなど癒しのところに寄り

ひと月ほどのクルーズのようでした、羨ましいですね

ハンマーヘッドも静かにお見送りです

ベイブリッジも見えます

建物内を散策、お客さんが並んでいたのは大人気のクルミッ子でおなじみの鎌倉の紅谷さん

ガラス越しに製造工程が見られました

東京ではいつも三越で各地のお菓子が置いてあるところで買いますが、売り切れのことも多い

人気商品です、好きなお菓子なのでお土産に買いました

ハンマーヘッド限定のパッケージでした

廊下で見かけたディスプレイ

こちらは同じみありあけハーバーのスタジオ

手前のは本物ではありませんが、製作中でした、私にはおなじみの懐かしいお菓子です

建物の1階入り口近くの通路、両側に飲食店が並びます

散策中に見かけた羽田エアポート行はシーバスでしょうか。

久しぶりの横浜散策は興味津々、風景もどんどん変わってゆくようですね。