しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

吾妻橋 「海老屋総本舗」

本所吾妻橋駅近くの陵園で身内のお墓参りを済ませて、そこから
徒歩で行ける吾妻橋に向かいました。

海老屋さんの佃煮好きの方に送りたいと思い立ち寄りました。

 

近くのデパートでも買えますが、本店に行くことにしたのです

吾妻橋のたもとでの海老屋総本舗の始まりは明治2年(1869)だそうです

浅草側から吾妻橋の向こうに見えるビルのすぐ近くのお店です

「海老屋」という佃煮屋さんは東京で何軒かありますが、海老屋さんと言ったら
こちらかしらと思いました。

 

吾妻橋からの隅田川の眺めは紹介したばかりでした

今年は隅田川の花火大会は中止でしたが、ずいぶん前になりますが橋のたもとの飲食店の
屋上から食事をしながら花火を楽しんだことがありました

吾妻橋は人で埋まっていました、いろいろ思い出のある吾妻橋です

今年は屋形船の出番も少ないのでしょうか

このところ浅草に出向く機会がありましたが、浅草寺さんには立ち寄らずに帰宅することが
思い出も多い浅草好きには珍しいことです。

 

(8月8日)

By

すみだリバーウオーク

8月1日土曜日の朝、いつもの朝歩きに出かけようと午前5時ごろ外に
でたら小雨が降っていたので迷った末に休みました。
このところ連日出かける時間になるまで空模様がわからなかったり、
歩いても途中で雨が降り始めたり、傘持参の日が多かったです。

 

でも6時ごろには雨も止んでいて青空が見えていたので、気分転換と思い
7時ごろ家を出て浅草に向かい着くころにはすっかり晴れていました

隅田川の観光船が出るところですが、まだ時間が早く人影もありません

この日の目的は東武鉄道線路並びに6月18日に開通した「すみだリバーウオーク」

浅草からスカイツリーに向かう近道になったようです

線路の下ガードを越したところに入り口の階段がありました

人影が見えなくなったのはほんの少しの間、土曜日の朝だったためか歩いている人は多かった
大きな橋と違い隅田川が近い!

久しぶりに広がる青空がきれいで思わず撮った一枚、吾妻橋と駒形橋や厩橋も見えます

歩いているときに、スペーシア日光行きが通過しました、東武浅草駅は大きなカーブがあり
この辺りは出発も到着もゆっくり通過します、こんな角度で見られるのも魅力です

橋を渡りきると

次はスカイツリー駅、高架下におしゃれなお店ができて
一緒にオープンしたようですが、まだ開いている時間ではないので
こちらはまたの機会に紹介しましょう

隅田川と北十間川をつなぐ水門もこんな角度で見られます

もう一度浅草側に戻ります、こんな近くを浅草駅に向かう列車が通過するのです

この橋梁のどこかにソラカラちゃんが隠れていると聞いていたので見つけたのですが
なかなか見つからず、もう一度戻ることにしました

やっぱり見つからなくて、係の人に聞いてみたらおおよその場所を教えてくれました、
見つけたのは小さなソラカラちゃん、スカイツリーの公認マスコット、とても小さいです

もう1か所は歩道の板の部分のようでしたがこちらはどうしても見つからなかったです
浅草側スカイウオーク出入り口は言問橋側です

言問橋の右側墨田区側の先にスカイツリーがあります。

 

帰り道見かけたこんな緑の多い場所は「鈴虫等の観察地」と書かれていました

 

吾妻橋まで戻りました、きれいな青空の下おなじみのビルが並びます

東武鉄道の横を通るすみだリバーウオークは浅草からスカイツリーに行ける近道になりました。

 

 

 

帰り道まだ時間が早かったので蔵前方面に向かうことにしました、駒形橋際の駒形堂でお参り。

昔ここに船着場があり駒形堂にお参りをしてから浅草寺に向かったようですね。

 

蔵前のカフェで一休みをしようと思ったのですが、歩いているうちに暑さで疲れてしまい
それにまだカフェもオープンしている時間ではなさそうなので結局地下鉄で帰宅しました。

早朝に公園を歩くと最近は少しゆっくり歩くので8500歩ほど、この日は家に戻ると
ちょうどいつもの歩数ぐらいにはなっていました、まだ暑さに慣れていないせいかちょっと
疲れましたが、人に接触することも少ない散歩は気晴らしになります。

 

(8月1日  撮影)

 

 

 

 

 

By

久しぶりの丸の内

ランチのあと東京駅構内2階の「とらやカフェ」に立ち寄りました、久しぶりで南口構内の
2階に行くエレベーターホールが見つからなくてちょっと迷いました。

 

改札口のある構内からドア一つでこんなエントランスがあります

カフェの入り口で体温をチェック、手の消毒をしてから入り,お席は4人がけのテーブルで
はす向かいで座ります

 

Yokoさんと二人で選んだのはやっぱりあんみつ、彩も素敵ですし、色の違う寒天はそれぞれ
味も異なります、緑色のは少し甘い梅の実、美味しくいただきました。

 

向かいのキッテビルの1階広場もこんなに閑散としていました

ランチの後Minakoさんは用事で帰られたので、とらやカフェのあとYokoさんを案内したのは
キッテビル6階のテラス、私はここからの眺めが好きで何回か紹介していますが、外なので
開放感があります

もう一つの眺めは東京駅発着の列車などですが、Yokoさんも鉄道好きで詳しかったです

新幹線が発車して行きました、いつになったら乗れるのでしょう

緑色は山手線でしょうね

新幹線、在来線と行き来を見ていたら飽きませんが、やっぱり乗ってどこかに出かけたいです

広いテラスなのですが2,3人の人しか見かけませんでした、しばらくの間列車見物をしました。

 

3人で会うのは半年ぶりでしたが、最近のコロナ感染者の多さを聞くと決めるまで迷いました。

密にならないお店と3人の距離など考慮しました。

7月23日からの連休では東京都以外の人たちは全国に旅ができます、私たちもせめて友人と
ランチやおしゃべりを気兼ねなく楽しるようになったらいいですね。

 

(7月21日)

By

丸の内ランチ

久しぶりに丸の内に出かけました。

 

東京駅丸の内の午前11時ごろでしたが、驚くほど人通りが少なかった

外国の大使が日本に赴任し、初めて皇居を訪問するとき馬車でこの行幸通りを行きます
そしていろいろなイベントも開催されますが、今は歩く人もなくてこんなに静かです

イタリア文化会館で一緒だったMinakoさん、Yokoさんと半年ぶりに
待ち合わせたのはこの新丸ビルです

5階のフレンチレストラン「メゾン バルザック」はMinakoさんが予約しておいてくれたお店で
帰りに気が付いたのですが、シマウマもマスク姿でした

東京駅正面のお店です

白ワイン付きのランチコースの前菜はサーモンのコンフィとリエット

メインの3種の食材のソースも3種類、ヒラメにはサフランバターソース、豚肩ロースの
ソースは赤ワインとベリーのソース

デザートはパンナコッタと本日出来立てアイスクリーム、コーヒーはお変わり自由でした
品数も豊富なメニューで、彩も美しく美味しくいただきました。

こんな時期で出かけるのも気になりましたが、授業で顔を合わせることもなくなってしまい、
イタリア文化会館にも出かけられなくなり、お二人の会うのを楽しみにしていたのです。

今年はMinakoさんもYokoさんも外国旅行にも出かけられず、私は外出もままならない
時期もあり、一段落した今ほかの人との接触をなるべく避けられるお店を選んでもらいました。

広い店内でテーブルの数も少なく配慮されていたようなので、楽しいひと時を過ごせました。

 

 

 

By

銀座ランチ「ぎゅんた」

雨の銀座で友人と待ち合わせたのは銀座三越でした。
この日は珍しくどこでランチにするか決まってなかったのです。

 

三越新館11階で見かけたお店はモダン焼、長いお付き合いのTeiさんとお好み焼きを
食べるのは初めてで、2人供粉物好きですからここにしました

 

神戸のお店で大阪風とはちょっと違うのかしら、豚肉とエビを注文、シェアしました
野菜がたくさん入ってふわっとした感じでした

こちらはランチタイムにつく珍しい麦ごはんでしたが、味付きのご飯で意外に美味しかった
お好み焼きと麦ごはん、初めての組み合わせです

 

こんなに種類があるのには驚きました、よく見て選べばよかったかしら、
次回のお楽しみにしましょう。

 

コーヒータイムは4丁目近くのビルにある珈琲店

コーヒーがおいしい落ち着くお店です

コーヒーと

ケーキで久しぶりにおしゃべりを楽しみました

銀座も相変わらず寂しい感じです。

いつになったら気兼ねなく大好きな銀座散策ができるのでしょうか。
早く来てほしいものです。

By

紫陽花

2か月半休みました。

再開が6月になり紫陽花を見に出かけました、6月生まれにはやっぱり紫陽花が気になります。

 

ここに出かけるのは2回目、この半夏生も気になっていたのでまず立ち寄りました

夏至から11日目、7月2日ごろにあたる半夏生、植物のほうは水辺に生え、6,7月ごろ上部の
葉が数枚白くなりそれと向かい合って花穂を出し白い小花が咲きます

ドクダミ科の多年草と知り意外でした、葉の下半分白いので半化粧の意ともいわれるようです。

 

旧中川沿いの散歩道、こちら側は江東区、川の向こうは江戸川区です

そして通過中の列車は総武線、スカイツリーが青空に映えていました

全体を見たらちょっと遅かったと思いましたが、白い紫陽花はまだこれからのようでした

紫系は満開を過ぎています

小道の右側は額紫陽花、咲き終わっている木もありました

微妙に色が違う二つの花、右側が咲きはじめでしょうか、よく見るといろいろな色ですね

 

白は一番遅く咲くようでどの木の花もいちばんきれいでした

これは青紫の花、花の色は土の酸性度により変わると聞いたこともありますが、こんなに
いろいろな種類があると土の成分ではなさそうですね

額紫陽花も終わりに近かったです

これは鮮やかなピンク、花は小ぶりでした

向こう岸にも紫陽花が見えます

総武線に乗っていて紫陽花に気が付くでしょうか

白と思っている花が少し離れると淡いグリーンに見えます

淡い絞りのような花びら、とてもきれいでしたがこれから変化するのかしら

日陰は左の小さな屋根の下のみ、日焼けを気にしながらの見物になりました

素敵な小道です

直径が20㎝ぐらいありそうな大輪です

紫陽花は雨が似合う気もしますが、青空の下でも美しかった

久しぶりの散策に大満足の朝でした

日焼けを気にしながらも花の写真を撮るのに夢中になりました

旧中川沿いから緑豊かな亀戸中央公園を通り抜けて、帰りは東武亀戸線の亀戸水神駅に出ました
亀戸水神に立ち寄るつもりでしたが、30度を超すあまりの暑さにこの日は諦めました。

 

2か月半もお休みしましたが、また続けたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

(6月15日 撮影)

By

2020年の桜

今年の桜の開花全国一は東京だったようです、それにしても3月半ばに開花するのは驚きです。

今週末には満開になるようですが、残念ながら全国的にお天気が崩れるそうです。

 

せっかくの晴天に近所に買い物に出かけた折に近くの大横川の桜を見物することにしました

 

いつもこの時期には何艘もの遊覧船が行き交うのですが、今年は静かです

 

春色の桜はやっぱり素敵です

 

どこか別の場所から桜を見に入ってきたようですが、乗客は少なかったです

 

例年門前仲町からすぐの黒船橋袂から手漕ぎの船などが桜見物に出るのですが、
今年は中止だそうです

川の遊歩道の桜は歩きながらまじかに見られるのが魅力です

 

水面をバックにした桜

 

こちらは青空のもと

 

まだ蕾がたくさんありました

 

桜の木の下の遊歩道は最高の散歩道です。

 

翌日からの天候が気になり家の近くの川に桜を見に出かけたのは3月26日 木曜日の午後でした。
この夜「この週末外出は自粛してください」という発表があり、今日金曜日に予定していた
友人との桜見物と銀座でのランチは中止にしました。

 

 

 

By

日暮里繊維街

ここに通った時期もありました、生地屋さんがだんだん少なくなる中
ここに行けばたくさんのお店があるので好みの生地が見つかりました。

 

私事ですが、この所外出しにくい状況が続き、家にいる時間が長くなり、
なかなか進まなかった服作りがしたいと思ったら新しい生地が欲しくなり
気にしながらですが出かけました

生地屋さんの数は減っているようですが、見慣れた看板が目に入り
嬉しくなりました

この日の目的はこちらのお店です、繊維街の中でもセンスの良い生地が
手に入るのです、この日のお目当てはここの2階にありました。

ずっと前ですが、横手の友人のお母様の洋服を作っていたころも
こちらのお店で布地を選び、そのリバティープリントも見かけました。

いろいろ懐かしい思い出があるお店なんです、こんな時期でなければ
友人と出かけて選んでもらうのですが、祭日でこの朝思いついての
外出だったので一人でした。

最近買い慣れた神田の生地屋さんが閉店してしまい、ますます生地の
入手が困難になり出かけたのです、懐かしいお店はほとんど残って
いました。そしてボタンや糸などのパーツ屋さんにも寄りました。
繊維街は意外に若い人たちも多く賑わっていました。

 

 

買い物が早く終わり、帰り道に立ち寄ったのは「羽二重団子」のお店

羽二重のようね滑らかで柔らかいお団子です、甘辛を1本づついただきました

この季節に合う気がしました。

 

日暮里駅に向かう階段、重い生地をもって上った思い出もあります
「もみじばし」なんていう名前になっていました

駅の入り口を通り過ぎると谷中方面に向かう道に出ます。

 

久しぶりに日暮里駅に降りました、谷中もご無沙汰です。
外出しにくい状況が早く終わることを祈りつつ日暮里駅を後にしました。

 

今までで一番短い日暮里滞在でした。

By

早朝の木場公園

早朝の日課である公園に行くため家を出るのは5時数分前です。
この季節はまだ暗くて寒いです。

でもこのところ夜明けも早くなり、気温も高く震えるような朝は
なくなりました。

公園前の信号のところにあるコンビニのこんな案内を寒い朝に見ると
熱いコーヒーが恋しくなります

5時少し過ぎはまだこんな暗さです

お彼岸ともなると5時を回ると明るくなるのが早くなりました

この花も桜です、三つ目通りの向こう側に見えるブルーの列車はレストラン

3周して6時ごろ一緒に歩いている友人と別れてこの朝は朝日を見て帰ることにしました

6時を回るともうこんな明るさです。 晴れと曇りの境目は、気象庁の係の人が目で見て空が
「2割青い」で晴れだそうです、観測場所は東京大手町、気象庁の屋上で人が目で見て判断
するのだとか、、、

広場のソメイヨシノもだいぶ開花していました

近づくとこんなに咲いている枝もあります

バーベキュー広場の桜もだいぶ開き始めていました

東側を見ると夜明けがわかります

しだれ桜はまだ開花してませんでした、このあたりで6時半から体操が行われます

最近公園内にカフェができました

公園には早朝ウオーキングをするお仲間が大勢います

少し濃いめの花が開き始めた桜の木です

その下には海棠(カイドウ)も開き始めていました

いつもソメイヨシノと同じころに咲くこれも桜です、園内でいろいろな種類の桜が見れれます

8時15分ごろの朝日です

春の草花もたくさん見られます

帰り道公園を出ようと思ったらこんな鳥が一羽、仲間がいるプールは少し離れています

前日の朝はちょうど通るときに魚がはねた音が聞こえました、ここの桜も咲いていました。

 

早朝ウオーキングも春は楽しみがいっぱいです、帰る時間6時過ぎごろも冬は真っ暗ですから
周りの景色も見えにくいですが、明るくなる春は心も弾みます。
公園の周りを3周して帰宅すると約8500歩ぐらいですが、今朝は1万歩を超えました。
今年は冬でも震えるような日は少なく歩きやすかったように思います。

 

(3月21日 撮影)

By

潮風の散歩道

晴れた朝江東区の汐浜運河沿いの白木蓮を見に出かけたのですが、少し遅かったようです

咲き終わっている花も多く

この枝は最後の一輪のようです

木によって違いがあり、少しほっとしました

この花は気品があります

日当たりのよい足元には春の日差しを浴びて水仙も咲いていました

こちらは花韮でしょうか

振り向いたら花びらの絨毯状態でした

開くのが見えそうな1輪

潮風の散歩道は、台風や高潮地震などによりおこりうる水害から町を守るため作られたそうです

朝から真っ青な空の色に誘われて家を出ました

白い花の競演も

青空でないとこんなに美しく見えません

バレリーナが踊っているように見えませんか

白一色でなく間に木蓮を見つけました

こちらのほうが開花が遅いのでしょうか

ビロードのような花びら、こちらもきれいでした

見ごろはこれからですね

青空の下で競ってるように見えました

こちらはグループで

人混みが気になる時でしたが、ひと時忘れられました

プリマバレリーナはどんな曲を踊っているのかしら

白木蓮の後ろに数本の花桃を見かけました

白とピンクでしたが、花が小さく見えました

花桃はこんな場所に咲いていました、この先まで散歩道は続きますが行きどまりです

東陽橋から南開橋まで歩きました、素敵な散歩道でした。

 

この春は気温が高く、暖冬の影響もありソメイヨシノも記録的な速さの開花宣言になりそうです。