しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

青森「竜飛岬」

北海道新幹線の津軽二股駅は静かな駅でした

こちらは在来線でしょうね、列車も人の気配もありません

左側が新幹線ホームのようですが、こちらも人の気配もなく、とにかく静かでした

道の駅はいつも楽しみです

目的地竜飛崎は紫陽花が満開でした、建物は青函トンネル記念館、ここから坑道見物です

 

実際工事に使った坑道に行きました、日本一短い私鉄「青函トンネル竜飛斜坑線モグラ号」で
見物します

海面下140mの体験坑道です、青函トンネル工事における作業員の移動や物資の輸送を
目的に建設された本州側の竜飛定点「旧竜飛海底駅」に通じています

こんな乗り物が行き来していたのです、海底トンネルの不思議な体験でした

モグラ号のすぐ脇にまっすぐのびる階段がありました、係りの人に聞いたら1260段だそうです。

 

青函トンネル記念館の脇を上ると真っ白な灯台がありました。

竜飛崎灯台です

竜飛崎(龍飛崎とも書くようです)は青森県の津軽半島の最北端、津軽海峡に突き出た岬、
津軽国定公園の一部です

冬には厳しい寒さの津軽海峡も美しい空と海の色でした

竜飛崎の真っ白な灯台

この季節に紫陽花が見られるとは思いませんでした、浜にも下りられるようです

津軽の夏の花々

こちらにも「津軽海峡冬景色」の碑、石川さゆりさんの歌声が流れてました

 

竜飛崎近くの紫陽花が咲くこの階段は

何と国道です  国道339号その名も「階段国道」

竜飛漁港バス停と竜飛崎灯台を結んでいるそうです。

 

ホテル竜飛で食事と温泉にも入れました、こちらはロビーですが、すぐ近くに
不思議な場所がありました、真下を北海道新幹線が通過しているそうで、時刻表があり
通過する時は灯りで知らせます、音も聞こえるようです。

 

津軽国定公園を通り次の目的地に向かう車窓です。

 

 

五所川原の太宰治記念館「斜陽館」です   太宰が生まれる2年前明治40年(1907)に
父によって建てられた豪邸で、欅の階段、瀟洒な洋間と和洋折衷の建築で豪邸です。

 

 

夜は五所川原の立佞武多(たちねぷた)を見物しました。
行列が見られる中心地までは車で入れず、指定のバスに乗り換えました。

 

「立佞武多の館」を出発する大型の立佞武多
(不本意ながら慣れないスマホのカメラで撮った写真です)

館には数年間の立佞武多が展示されているようです

巨大ネプタの全盛は明治時代だそうです、それは富豪たちの力の象徴だった

平成8年に「立佞武多」誕生、80年ぶりに苦難の復元が始動しました

平成8年、1回限りの復活、1回限りの復活と思っていたのに2年後に
立佞武多の運行が決定したそうです。

平成10年街を練り歩く準備が始まり8月に高さ22m総重量8tの立佞武多が
30人の若者に引かれて闇にその威容を浮かび上がらせた。

 

お囃子も青森のねぶたとは違っていました、そして跳人(はねと)もリズムが
違い、高く跳ねるのが特徴のようです

青森のねぶたとは違う五所川原の「ねぷた」を楽しみました。

 

(8月5日 撮影)

By

メモリアルシップ「八甲田丸」

青森と函館を結ぶ青函連絡船が就航したのは1908年(明治41年)

八甲田丸の就航は1964年(昭和39年) 最終就航1988年(昭和63年)3月13日
歴代55隻の青函連絡船の中でもっとも長い23年7ヶ月の間津軽海峡を往復し、
最終就行船の大役も努めました

青函ワールド

昭和30年代の青森駅前の連絡船待合室の様子をジオラマで再現しています

こちらは船長室、イケメンの船長さんでした

ブリッジからの眺め

1F 車両展示室

5月にイタリアでシチリア島往復に乗ったフェリーを思い出しました
こちらは郵便車など車両9両も展示しています

B1F エンジンルーム

八甲田丸は全長132m、旅客定員1、286名  積載車両48両

おなじみ「津軽海峡冬景色」の歌碑、曲が流れます

 

八甲田丸が係留されているのは、青森駅のすぐ近くです、高い建物は観光物産館アスパム
青森を訪れるのは3度目ですが八甲田丸には始めて乗船しました。

青森と函館を結ぶ青函連絡船が就航したのは1908年(明治41) 以来80年間にわたり
1億6千万人の乗客と2億5千万トンの貨物を運びました。
その航行距離は地球2019周分にも及ぶそうです。

 

By

銀座ランチ

銀座SIXの「Il Cardinale」 現在は工事中ですがソニービルのイタリアンレストラン
「サバティーニ」の系列店、友人とお気に入りのお店です。

 

この日は友人が「銀座100点」の8月号に掲載されていたパスタが
美味しかったのでとお誘いがありました

 

前菜はお肉をチョイス、おなじみの生ハムとフルーツ、この日はフレッシュ無花果とマンゴウの
組み合わせ、生ハムの塩分とフルーツが好相性でした、まさにベストマッチです(2人分)

 

「Cacciucco con Pasta」 イタリアトスカーナ州の港町、リボルノの名物料理「カッチュッコ」を
パスタにアレンジしたオリジナル料理、大皿で供されます。

ムール貝、シャコ、手長エビ、イカ、タコ、鯛など具沢山でトマト味、パスタは幅広のタリアッテッレ
コクのあるソースでとても美味しかった(こちらは2人前から)

カッチュッコを調べてみたら海鮮のスープでした、おなじみのフレンチ、ブイヤベースの
イタリア版でしょうか。

 

 

こちらは別の日の「おやつ」  銀座の「ぶどうの木」にて

 

メニューを見て迷います、アップルパイにアイスクリームをのせたのも魅力ですが、
久しぶりにスフレにしました

 

フアフアでこの厚さです、熱々ですが軽くて美味しい、食べられるお店も少なくて
こちらで頂くのは楽しみ、優しいお味です、味に変化を付けたい時は小鉢のシャムで

 

やっぱりコーヒーが好きです

 

おやつには少し早い時間でしたので、待たずに頂けました。

幸せなひと時でした。

 

By

高円寺阿波おどり

今年も高円寺阿波踊りの季節です、 天候不順の8月で26日も雨が気がかりでした。

この商店街の道はすぐ近くで踊り手さんを見られます。

メトロ新高円寺駅近くの「ブーケ」に立ち寄り、いつものように商店街で見物しました

今年は第61回です

優美な女踊り

こんな名前の”連”もあります

子供たちも ヤットサー、ヤットサー

2人もちゃんと踊っています

笛や太鼓、鐘の音を聞くと踊りたくなります

子供たちの参加も多く観客の拍手が一段と大きくなります

小天狗たちも元気に踊ります

 

年々参加の連が増えるそうです。

もちろん本場徳島からの参加もあります。

JR高円寺駅近辺の何箇所かに会場がありますから、多くの観客で賑わいます。

今年も新高円寺近くの商店街で見物しました。

 

 

 

 

By

富岡八幡宮例大祭

今年は3年に一度の大祭でした。

 

お祭りの初日11日夜にこんな光景が見られました

そして大祭前日、何回か町内を廻っていました

そして本番8月13日朝7時ごろ

八幡宮にお参りしてお神輿の出発を見ました

八幡宮の前で朝7時半ごろ宮司さんのお祓いを受けて始まりました

永代通りに待機していたお神輿が

八幡宮の前から順次出発です

1基づつ進み、お祓いを受けます

待ちかねた観客は拍手で見送ります

全部で53基が出発します

かけ声は決まっていて「ワッショイ ワッショイ」です

木場は江戸時代から材木の町

木場だけでも各町内に分かれて何基もあります

こちらは深川のお神輿、このあたりを広く深川と呼びますが、町の名もあります

こちらは別の深川です

連日天候不順の中、この日は朝から晴れて暑い日でした、道がぬれているのは
沿道から水をかけられるからです

 いつものようにわが富岡二丁目を通過するお神輿に祝福の水かけです

先頭を行く女性はてこ舞、シャラン、シャランと鈴を鳴らして通ります

東陽三丁目のお神輿

こちらは午後1時過ぎ、朝出発した各町内のお神輿が一周して戻ってくる富岡八幡宮前
この時間になると沿道はすごい人出になります

かっこいいでしょう!  これが伝統のお神輿です

秩父からの応援演奏は富岡二丁目の恒例です

盛んに水がかけられます

富岡二丁目のお神輿が戻ってきました

今回登場した粋な計らいは、各町内の名前に変えて迎えます

トラックにシートを張り水を溜めて盛んに歓迎の水かけをする富岡二丁目の人たち
ここから各町内三方向へと分かれます

こちらは我が家の前を通るお神輿

最後の水かけ

お神輿を乗せて各町内に帰るトラックが待っています   こんな風景も見られました

トラックに乗せて戻るのは佐賀町のお神輿

富岡二丁目のお神輿も戻りました

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

By

New modern Chinise

息子たちと出かけたのは恵比寿の中華料理のお店、頂いたのは変わった中華料理でした。

 

小さいビルの2階で居心地よいお店ですが、お酒を楽しみながら頂くお料理のようです

 

ピータン豆腐  テリーヌのようなひと品  お豆腐にピータンが刻んで混ぜてあります

 

水餃子  粉物好きとしては嬉しい皮はやや厚めでもっちりした食感、好みの味でした

 

海老のマヨネーズソース  フランス料理風とでもいいましょうかおしゃれな一皿

エビの歯ごたえがよく、ちょっと甘めのソースも美味しかった

油淋鶏 (ユウリンチィー) たっぷりの野菜は香菜 (シャンツアイ) そしてオリーブの実、
香草好きには嬉しかったですが、私の知る油淋鶏とは違いました

このきれいな色のお料理はイベリコ豚の黒酢豚 ベリー類は甘酸っぱいソースに
合うとは思いますが、揚げてある豚肉にはソースがちょっとしつこい気がしました

ラムステーキ  分厚いラム肉のステーキはさっぱり味で、好みですがラム肉にはもう少し
こっくりした味の方が好きで、とは言え1枚を平らげました。

黒チャーハン パラパラですがチャーハンとは別の味でした

 

ごぼう入り麺 軟らかく煮込んだ牛肉とたけのこ入り、麺は確かにごぼうの風味ですが、
中華麺というより日本蕎麦のような麺に辛いスープ

 

定番マンゴープリン  生の果肉入りでフレッシュな味は美味しかった。

 

モダンチャイニーズは、紹興酒などと合わせていただきました。
友人たちとランチに頂くというようなお店ではなくお酒とともにが
美味しいと思います。

想像していたものとは違うまさに新中華料理でした。

By

十和田湖「発荷峠」と湖畔散策

発荷峠から十和田湖の眺めは素晴らしかった。
十和田八万平国立公園を代表する景勝地のひとつです。

 

晴天に恵まれました

青森と秋田にまたがる十和田湖は火山活動により形成されたカルデラ湖です

十和田湖を訪れるのは2度目ですが、1度目は遠い昔のことでした

発荷峠展望台からは湖に突き出た二つの半島や休屋港も眺められました

ウン十年昔、港近くでボートに乗ったのですが、岸からすぐのところでも透き通った水で、
湖底の倒木が見え怖いような美しさだったことを覚えています

2つの半島に挟まれた中湖では327mもの水深だそうです

休屋港を散策しました、希望者がなくて予定の遊覧船観光は中止でした

浜近くの小さな島、神社が祭られているのでしょうか

この岩には解説がありました

 

高村光太郎作  「おとめ像」は十和田湖のシンボルで、昭和28年(1953)
完成の1対のブロンズ裸婦像です。

多くの観光客を避けたらこんな角度になりました。右手は湖です。

 

 

このあと八甲田山中の一軒宿「酸ヶ湯」に立ち寄りました。

 

むかし、鹿が傷を癒した温泉で「鹿ヶ湯」が「酸ヶ湯」になったとか。
国民保養温泉第1号だそうです。
湯治場としても有名ですよね。

希望者は温泉に入れました、酸性度が強いそうで、貴金属類は
全部外しての入浴でした。
かなり熱めの温泉でしたが、慣れると入れました。

 

温泉を楽しみこのあと青森市に向かいました。

By

史跡「尾去沢鉱山」

盛岡で散策と、さんさ踊りを楽しんだ翌朝、次の目的地青森に向けて出発です。

 

ホテルを出発したのは8時半ごろ、見える橋は北上川に架かる開運橋

鹿角市尾去沢(おさりざわ)で鉱山を見学です

1300年の歴史がある鉱山だそうです

国内最大規模の銅鉱脈群採掘跡

ひんやりした坑内です

山神社がありました

熟成貯蔵庫に温度や湿度が最適なのでしょう

坑内休憩所

坑内事務所

立坑(エレベーター)

今でも掘っているわけではありません、人形が置かれているのです、薄暗いしマスクを
しているので、いきなり出会うとびっくりします

横にも坑道が続きます

 

 

なにやら雰囲気が変わりました

出口近くのこちらは慶長(江戸時代)の坑道でした

江戸時代の坑道採掘風景です

 

江戸時代から採掘していたのには驚きました、そして女性もいたのですね。

 

秋田県の北部は常に日本国内のおける各種金属の主要供給源となっていたようです。

 

 

 

秋田県鹿角市の道の駅でランチを頂きました

 

いなにわうどんと山菜寿司に小鉢です、さっぱりしていて野菜も美味しかった。

 

 

このあとに味噌きりたんぽを食べたいとランチを控えた人もいました。
今回秋田に立ち寄るのはこちらだけと聞きお土産選びをしていたので、
きりたんぽは食べられませんでしたがランチでかなりお腹いっぱいでした。

 

次の目的地は十和田湖です。

 

By

盛岡散策と「さんさ踊り」

盛岡駅に到着はお昼ごろでした、駅前でもイベントがあるようで賑わってます。

 

毎年開催している息子夫婦の会社が企画した東北旅行に今年は久しぶりに参加しました
集合はこの日8月3日夕方盛岡のホテルでした、それまで盛岡の町を散策します。

 

盛岡さんさ踊りは1日から4日までの開催、ミスさんさ踊りのみなさん、美しい方々です。

 

 

 

ちょうどお昼時で、事前に調べておいたお蕎麦屋さん直利庵に直行、バスセンター近くの
こちらのお店にはわんこそばもありました(奥の入口)、でも盛岡名物わんこそばではなく、
めずらしいひと品を頂きました。

日本蕎麦です、夏の季節限定野菜蕎麦です、お蕎麦の上にスライス玉ねぎをたっぷり載せ
その上にごく細切りのピ-マンとにんじん、そしてたっぷりの鰹節という意外な取り合わせです。

下に入っているお汁にはちょうどよい少量のオイルが入っていますから、全部がよく混ざります、
日本蕎麦の味なのです、こちらのお店で試行錯誤の末に完成した人気商品だとか、、

ネットで息子が見つけて教えてくれたのですが、盛岡にはわんこそばや、冷麺もあるのに
と思いましたが、折角なのでこれにしました、お店が混雑時でしたが、誰も食べている様子が
なく、相席の女性のかも南蛮蕎麦も美味しそうで、口にするまでちょっと不安でした。

写真を見ても分かりますが、日本蕎麦に合うような取り合わせではありませんよね、でも
美味しかったのです、めずらしくて美味しい野菜蕎麦を頂きました。

 

 

岩手銀行レンガ館  東京駅を手がけた辰野金吾・葛西萬司建築事務所が設計して
明治44年(1911)に建てられた、国指定の重要文化財
バスセンターからすぐのところです。

 

レンガ館の反対側を入ったところに啄木・賢治青春館がありました

明治43年に竣工した旧第九十銀行を保存活用して、啄木と賢治の青春時代と盛岡を
紹介していました、こちらはその一画です

昼食のあと報恩寺に向かい戻ってからの町散策でちょうどひと休み
するのによい場所でした

名前は忘れましたが、コーヒーゼリーに餡とクリームをのせたもの、
面白い取り合わせと思いました。

東北旅行一日目は昼食もおやつも思いがけないものを美味しくいただきました。

市内巡回バス”でんでんむし”がさんさ踊りのため16時までの運行で、駅まで
10分ほどですが早めにホテルに戻ることにしました。

 

夜は息子夫婦と落ち合い、さんさ踊りを見に出かけました。

 

さんさ踊りは始めてです  「来て、見て、魅せられ、加わるさんさ」と書かれてありました

観客の隙間から撮った写真はちょっと気に入らなかったのですが

4日の最終日には和太鼓同時演奏世界記録達成を記念した太鼓大パレードが開催される
ようです

8月に入ると東北地方一斉に夏祭りが始まります、全部見物するのには毎日移動しても
無理のようですね

見て楽しむさんさ踊りですが、実は踊ればもっと楽しくなるお祭りなのだそうです

パレードのあと、会場内7つのポイントで、みんなで輪になって踊る「輪踊り」が行われる
そうです、それに誰でも参加できるようです

ホテルから徒歩の距離での見物でした、旅の初日でお客さんを案内する息子夫婦はのんびり
見物というわけにも行かずこの日は短い時間の見物でした

始めての盛岡さんさ踊りを楽しみました。

 

翌朝、青森に向けての出発でした。

By

盛岡散策 「報恩寺」の羅漢さん

東北旅行の初日(8月3日)、待ち合わせは夕方盛岡のホテルでした。
新幹線で盛岡に着いたのはお昼ごろ、1人ランチを済ませ羅漢さんがおられる
報恩寺さんに向かいました。

趣のあるお寺さんです

山門

仁王様

山号は「瑞鳩峰山」

小さな中門は旧山門だそうです

その先には本堂  ご本尊は釈迦無尼佛、脇侍は文殊菩薩と普賢菩薩

羅漢堂の拝観は本堂より入ります、受付で「始めてですか?」と聞かれたので
久しぶりですが以前に伺ったことがありますと答えると、「羅漢さんがお待ちですよ」と
言われました

下段の羅漢さんが手を上げて迎えてくれた気がしました

中段中央は第百番善注尊者(中国で1840年ごろよりマルコポーロ像と言われるようになった)
その右は第百一番法蔵永劫尊者(同様にジンギスカンの孫フビライ像と言われるようになった)

羅漢堂の内部は華厳殿になっています

お顔は見えにくいですがふくよかな耳に表情は想像できますね

羅漢さんはお堂内部をぐるっと1周しています

華厳殿中央は蘆舎那仏、立像は釈尊の十大弟子像と坐像は十六羅漢像

静かなお堂内でした

こんなユーモラスは羅漢さんも、思わずこちらも笑顔になってしまいます

どなたかに似ているような気がした羅漢さん

またいらっしゃい! なんて手を振って見送られた気がしますね

仏勅を受けた五百羅漢尊者が、いろいろのお姿、お顔をして持法三昧に入っておられました

 

羅漢とはインド名アラハト(阿羅漢)の略称で、供応、人の供養を受けるのふさわしい聖者と
いう意味である、五百とは、五百人に限定する数字ではない、多いことを表わします

 

羅漢堂の静かな前庭園も美しい緑でした

書院前の庭園

鐘楼

 

「報恩寺」さんは盛岡市内ですが、木立に囲まれた静かなお寺さんでした。
前回お邪魔したのは20年以上前のことですが、五百羅漢さんにお会いできて
心休まるひと時でした。