しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

「芝離宮恩賜庭園』

この季節らしい催しがあるようで出かけてみました。

 

庭園に入ってすぐのところで、雪吊りの作業を見かけました
催し物はこの雪吊りでした

繊細な縄の結びです

この縄は引くとするするとほぐれます、解説を聞いてから園内を
ひと回りすることにしました

回遊式泉水庭園でたくさんいる水鳥の中で1羽だけこんな水しぶきを上げて
ひときわ目立っていました

西湖の堤 西湖は江戸の人たちの垂涎の場所だったようです、中国杭州にある
風光明媚な西湖の蘇堤を模した石造りの堤です、古来詩や絵画の題材として
珍重されたそうです

雪見燈篭、松の木、雪吊り、紅葉、築山と日本の風景です

雪吊りがもう一か所完成していました

ちょっと高い位置でした、上の飾りや、縄の結びが制作中のとは
違うような気がします

質問すればよかったですが、、、

ちょっと中を覗いてみたくなりますよね

桜の紅葉は見ごろでした

紅葉と池、あづま家、素敵な景色です

池の対岸から雪吊りの経過を見ました、奥にモノレールの駅とその下では
新幹線の通過も見えます、この庭園は浜松町駅のすぐ近くなのです

海水を取り入れていたころの取水口跡です

ヒイラギの白い花が咲いていました、久しぶりに見ました

この秋はもみじも色づくのが遅れました

この建築中のビルは39階建てだとか、すごい存在感です

その姿は池には映り切れません

芝離宮恩賜庭園は小石川後楽園と共に、今東京に残る江戸初期の大名庭園の
ひとつです、回遊式泉水庭園の特徴をよくあらわした庭園で、池を中心とした
庭園の区画や石の配置は、非常に優れているそうです

園内を一周して戻ると作業は進んでいました、縄が何本か気になり
聞きましたら、この大きさだと80本だそうです、縄の間隔は
12から15㎝ぐらいと言っていました

以前に代々木公園で作業中を見たことがありますが、かなり大きい
タイプで上の飾りも違ったように思います、雪吊りにも種類が
あるようです


雪吊りは金沢の兼六園のものが有名で、りんご吊りとも呼ばれ、雪深い地方で
実用に適した雪吊りの基本型です

その他東京都の独自なものとして南部式と北部式があるそうです
兼六園から独自に派生させたもので、実用美の兼六園式に対して
この2つの雪吊りは、かんざしと呼ばれる丸竹の骨組みを用いた
回り縁に細めの縄を等間隔に細かく結束して仕上げる装飾美重視の
技法なのだそうです、だいぶ完成に近くなっていました

明暦(1655~1658)の頃に海面を埋め立てた土地を延宝6年(1678)
老中・大久保忠朝が4代将軍家綱から拝領しました。

忠朝は屋敷を建てるにあたり、藩地の小田原から庭師を呼び、庭園を
造ったと言われています。

庭園は幾人かの所有者を経たのち、幕末頃は紀州徳川家の芝御屋敷と
なりまし。
明治8年には宮内省が買い上げ、翌9年に芝離宮となりました。
離宮は大正12年の関東大震災の際に建物や樹木に大変な被害を受け
ました。
翌年の大正13年1月には、皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として
東京市に下賜され、整備を施し、同年4月に一般公開しました。

 

 

By

「肥後細川庭園」

 

文京区立肥後細川庭園は、肥後熊本藩54万石の大名、細川家の下屋敷跡です。

12月2日、ライトアップの最終日と知り、初めて出かけました

夜間はライトアップ期間の特別開園です、中門を入るときはワクワクしました

初めて見る竹あかり

大池の向こう側に広がる雪吊りと紅葉は幻想的です

左手の大きな木はもみじでしょうか、紅葉はまだでしたが

ところどころに真っ赤に色づいた木が見えます、少しの間ここから動けませんでした

水面に映る赤が美しい!

池泉回遊式庭園は、斜面地の森や湧き水の流れを巧みに活かし、起伏にとんだ景観を
作り出しています

本当に美しい赤でした!

建物の灯りは「松聲閣」です

台地を山として立体的眺望を持っている庭園です

雪吊りと紅葉は晩秋の景色

小さな滝は一幅の絵のようでした

赤が鮮やかなもみじは、我が家近くの公園では見られない美しさでした

竹に穴をあけてあかりを灯す「竹あかり」のオブジェ

水面に映る美しい景観に感動しました

大池をひと回りしました

角度を変えて見ても雪吊りと紅葉は素晴らしかった

「竹あかり」のオブジェも庭園を彩ります

 

 

旧熊本藩ゆかりの地である縁から、熊本地震の復興支援として熊本の竹あかりによる照明と
熊本観光のPRも行われていました

熊本にゆかりの絵は子供たちが描いたようです

熊本応援灯火カップです

 

松聲閣に入ってみました

熊本ゆかりの観光PRや刀剣展示などの特別展もありました

窓越しに庭園の明かりが見える部屋でお抹茶を頂きました。

 

新目白通りから少し入った静かな住宅地に「肥後細川庭園」はありました。

 

この日までのライトアップ見ることができて素敵な夜になりました。

 

(12月2日 撮影)

 

 

By

「世界イタリア料理週間」

イタリア文化会館で「イタリア料理週間」が開催されました。

 

1階のエキジビションホールでは食に関する本も販売されています。

 

スパークリングワインの産地がパネルで紹介されていました。

イタリアの代表的なスパークリングワイン、DIGOプロセッコ・スーペリオーレの故郷は
ヴェネト州北東部に位置するコネリアーノとバルドッピアーデネで栽培されるブドウ品種から
作られています

ふたつの町にかけて東西に広がる丘陵地には、森を背景に南向きの急勾配の斜面に
モザイク片のような小さなブドウ畑が連なって広がっており、その美しい景観から
世界遺産の候補地になっています。

温和な気候や土壌、海とアルプス山脈にはさまれた独特の立地、代々受け継がれている
ワイン造りの技や人々の情熱の産物として、果実の香り豊かで秀逸なスパークリングワインが
作られています

調和の取れた緑豊かな風景と、ブドウ栽培に従事する人々を撮った作品が紹介されました

美しいブドウ畑ですが、日当たりの良い傾斜地です、ブドウの栽培は大変と思いました。

 

1階のこの会場ではエキストラバージンオリーブオイル、バルサミコ酢、チーズ、蜂蜜、
チョコレートなどイタリアが誇る最高の食材を紹介、試飲、試食セミナーも開催されました。

 

全部興味はありましたが、日高良実シェフのトークイべントに参加しました
こちらは地下会場でした

主役は魚料理です、1990年にアクアパッツァを開店「魚料理のアクアパッツァ」一般に
紹介したシェフですね

イタリアを巡る修行時代は大変だったと思いますが、楽しそうに話されていました

「アクァパッザァ」店名でもあるお料理で、骨付き、皮付きの魚をオリーブオイルで香ばしく
ソテーし、アサリやセミドライのトマトとともに水で軽く煮込む、シンプルで味わい深い
お料理です、ブイヨンなどの旨み材料を使わず、水だけで魚の持つ旨みをストレートに
引き出す技法は漁師料理をルーツとすることに由来するそうです。

ちなみにアクアパッツァのアクア(acqua)は水でなんときちがい水、授業の時先生から
聞きいて初めて知りました、辞書を見たら狂気のとか気が狂ったとかばかげたとありました

3年間にわたる修行の中で最も強い印象を残したものが「アクアパッツァ」だったそうです

魚料理に興味があり本を買い、サインをしていただきました

興味のあるお料理ばかり、私は肉好きで魚料理はなかなかメインに
できませんでしたので、参考にさせていただこうと思いました
美味しそうな何品か紹介しましょう

サバのマリネ、ハーブオイル、イタリアンの味付けで頂くしめ鯖です、
青魚、特に生魚は苦手なのですが、ハーブオイルなら食べられるかも

海の幸のサラダ、なんとカラフルで美味しそうなこと、火を通した
貝や海老は大好きですから作ってみましょう

レモン汁、にんにく(つぶしたもの)E,Vオリーブオイルと塩という
シンプルな味付けです。

フリットは揚げ物料理の総称、素揚げ、小麦粉をまぶしたもの、
パン粉をつけたフライ風、あげ方にはいろいろありますが、魚介の
定番はいか、海老、小魚ですが、白身魚や青魚ももちろん美味しい
素材だそうです、魚介ところもの組み合わせでバリエーションが
広がります。

魚介のパスタはスパゲッティーボンゴレに代表される貝のパスタ、
貝、いか、たこ、海老などを豊富に組み合わせたペスカトーレ、
さらにいかすみや、からすみ、うになどの珍味をシンプルにからめた
料理もポピュラーです。

あじと野菜のアクアパッツァ もともとは魚だけで作るアクアパッツァ
ですが、アレンジとして野菜をいろいろ加えてもよいようです。
彩りが増し、栄養バランスもよくなり、なにより魚、野菜ともにおいしく
食べられるそうです

レシピが詳しく載っていますさっそく作ってみたいと思いました。

いわしのパン粉焼きシチリア風 魚にパン粉をまぶしてオーブン焼きに
する調理法は、イタリアのセコンドピアット(2番目のお料理)の
代表的なもの。シチリアではパン粉に松の実やレーズンを混ぜることも
多く、これを魚で包んだり、魚にまぶしたりして香ばしく焼き上げます。

真鯛のマリネ、ブッタネスカ風 パスタでも見かける名前調べてみたら
娼婦風とでも言いましょうか、いわれは聞きそびれました。

爽やかな色の組み合わせのこちらは「帆立貝、オクラ、ケイパーのタルタル」です
形を変えたカルパッチョともいえるでしょうと解説にありました、緑色はオクラ、ディル、
そしてセルフィーユです。

 

食いしん坊の私はいつまで見ていても飽きない本です。
定番のイタリア料理、パスタやリゾット、そして素材別の料理など盛りだくさんで、
イタリア料理好きにには嬉しい本です、何から作ってみましょうか、、、

 

 

By

ロシア料理「ストロバヤ」

浅草合羽橋で買い物があるという友人とのランチは、いつもの銀座ランチをやめて
銀座線稲荷町で待ち合わせました。

以前から行ってみたいお店として雑誌の切り抜きを渡されていたので案内しました。

国際通りを行き合羽橋方面に曲がるとお店は見つかりました

 

西浅草の「ストロバヤ」ロシア料理は久しぶりです

 

キャベツロールのランチコースにしました

 

ロールパンにはオリーブオイルでいただきます

 

小型の蓋つきの容器には色鮮やかなボルシチ風スープ

 

前菜の揚げ物はエビで包んだかにクリームコロッケと野菜ピクルスにお豆でした

 

キャベツロール 友人はこちらを食べてみたいと言っていたのです、丸い形でなく角型で
良く煮込まれた美味しいキャベツロールでした、付け合わせは、マッシュポテト

 

こちらはバラのシャム、本当にバラの香りがします

 

ロシアンティーとデザートはイチジクのタルトを選びましたロシアンティーとバラのジャムの
組み合わせは初めてでした、ジャムは暖かい中に入れても香りがしました

予約なしで出かけましたが、ランチ時はほぼ満席

 

どのお料理の丁寧に調理されていて美味しかった、大満足でした

お店の方たちも感じが良くて、また行きたいお店ねと友人も大満足。

 

お店の前を行くと合羽橋商店街に出ます、振り向くとこのあたりなら
どこの路地からでも見える景色です。

少し歩くと商店街に出ました。
友人はお菓子を作るのでケースを買ったり、レバーペーストや
バジルペーストなど作り、皆さんに分けるための容器などの
買い物もできました。
ガラス好きの私はお酢を入れる瓶など買いました。

この日は銀座でランチの予定でしたが変更して浅草ランチにしました。
合羽橋に出かけたときに立ち寄りたいお店も見つけました。

By

早朝の「木場公園」

早朝の公園は爽やかですが、5時を過ぎても暗く、寒くなりました。

朝の公園でも思いがけない光景を見かけました。

 

早朝ウオーキングはこちらの公園です

先月紹介した木場の角乗のプールです、ブレてる写真ですが、5時半ごろです

広場の向こう東向きの建物に朝日が差し始めました、左は深川警察署

公園内陸橋

だいぶ明るくなってきました

彼岸花のようなこの花は名前がわかりませんが、垣根の中に咲いていました

こちらももっと早い季節に咲いている花です

なんと朝顔がたくさん咲いていました、この季節に咲いているのは西洋朝顔でしょう

花壇の境の垣根にたくさん咲いています、まだ街灯がついてる時間帯です

ススキと朝顔、イメージ的には夏と秋ですね

なんとこちら花海棠の木にここだけ咲いていました、桜の季節に咲く花です

そしてひまわり、この朝は季節外れのような思いがけない花に出会いました

東の空がだいぶ明るくなっていました

ハーブ園の花も見えました

丸く見える植木は象の背中です

今年のイチョウは葉も少なく寂しい感じです

公園内の一角私の好きな場所です、秋の色になってます

帰り道途中の公園です、こちらも秋色できれいです、6時半頃木場橋から

もう一つ橋を渡ります、両岸は遊歩道になっています。ここは鶴歩橋からの景色です。

 

 

数日後の今朝もいつもより遅れて家を出ました。

 

角乗プールです、いつもは周りの枠を使い体操をする人を見かけます

6時過ぎるとスカイツリーもよく見えます

晴れ予想の早朝

夜明けが見えます

数日前の朝顔をまた見に寄りました、ススキのそばにはつつじが咲いていました

朝顔は少なくなっている気がしました

でもまだ咲いています

そしてなんと夏の花カンナも残っていました

散歩中のワンちゃん、しっかりカメラ目線、この後飼い主さんのところにダッシュしました

いつもは6時過ぎには家に戻りますが、寝坊をした今朝は久しぶりにラジオ体操に参加、
色づいた桜の木の下で心地よいひと時です。

公園はすっかり秋色なのに、夏の名残のような花が色々見られました。

いつもは公園の外の道を歩くのですが、一緒に歩いている友人がお休みでした。
時間帯も少し違う夜明けの公園で、いつもと違う景色が見られた朝でした。

 

(11月21日)

 

By

思いがけない動物

大きなカマキリでした、どこで見かけたかといいますと

 

父の命日に近い11月初めお墓参りに行きました

 

入り口階段のところで見かけたときはびっくり、ほとんど動く気配はなし

 

暖かい日とはいえ季節はもう秋、そっとそばを通りましたが、前回墓石の前に置いた父の好物
チョコレートを箱ごとカラスにさらわれたので、苦手な昆虫でもカラスにさらわれたらと思い
そっと目立たない植木に移動してもらいました

小平霊園です、日曜の朝でしたが人の気配はなく、ひと時カマキリに相手してもらい
両親の墓参でした。

 

こちらはカラス

まだ子供のようでした

 

バス停の椅子から周りをを見物、お気に入りの場所なのでしょうか逃げる気配なしでした。

 

 

 

By

新宿でランチ

最近は新宿に行くことが少なく、この日は杉並に住む妹とランチを
楽しみました。

 

伊勢丹向かいのビルの地下のこちらのお店は妹と行く定番のお店です

 

ワンプレートですが、この日は2種類の肉料理をチョイス、スープは秋の定番カボチャです

 

2種類の肉料理は少し甘めの味付けの骨付きラムとビーフステーキ、ご飯も進みます

ランチ時いつも列ができているお店です。

妹夫婦はメトロ新高円寺近くで「ブーケ」という喫茶店を長く営業していますが、
以前に夫婦でランチに行ったときこちらのお店の人に”ブーケの方ですね?”と言われて
驚いたことがあるそうです。

 

待ち合わせた伊勢丹の入り口にこんなカラフルな車のコ-ヒーショップがありました。

立ち寄りたくなりますね、期間限定でしょうか?

妹とのおしゃべりはあっという間に時間が過ぎてしまします、日頃はメールでの
おしゃべりですが、顔を合わせると懐かしい話や健康のこと、おしゃれのことなど
話は尽きません、楽しいひと時でした、姉妹はいいものです。

By

日比谷公園「ガーデニングショー」

日比谷公園の「ガーデニングショー」に出かけてみました

 

日比谷公園の景色もだいぶ変わりました、心字池の向こう側はミッドタウン日比谷

 

噴水の周りに展示されていたのはライフスタイルガーデン部門

 

ハンギングバスケット部門

ハンギングバスケット部門はいつも楽しみなのです

 

コンテナガーデン部門の周りにかかっています

日傘を持って出かけなかったことを後悔するような、太陽が真上にある時間でした

 

中央にこんなところがありました、七夕のように「おもいのたけ」を
書いて自分で竹に結んでいました

 

久しぶりに公園をひと一回り、有名な銀杏の大木ですね

休日でレストランにも列ができていました、3階のフレンチレストランで香港の友人と
ランチを楽しんだ思いもあります、そして10円カレーの日も、、、

暑いぐらいの日差しの日でしたが、季節は進んでいますね

鶴の噴水池のあたりも紅葉が始まっていました

この石橋は、芝増上寺霊廟の旧御成門前桜川にかけてあった石橋のひとつだそうです
素朴なうちにも力強く、江戸時代の彫の深さを漂わせています

赤く染まったのを見たい気がします

 

第一花壇にはこんな色鮮やかな花が植えられていました

 

香りのある花が植えられている一角もありました

 

今年の夏はこちらで開催の変化朝顔展を見に行けませんでした

心字池ではよくサギを見かけます、心字池の石垣は江戸城の石垣だったといわれていますね

 

日比谷公園は大好きな公園です、子供のころ遊びに行ったり、
子育てのころにも出かけました、そして今も時々出かけたくなります。

いつもそんなことを書いているような気がしますが、
思いで多い公園なのです。

 

 

By

「崑劇」 

イタリア文化会館で一緒のMinakoさんのお誘いで初めて
中国の「崑劇」を見に出かけたのは早稲田大学大隈記念講堂

 

古琴演奏家の第一人者、揚致検氏の演奏
古琴は中国の伝統楽器で、七弦琴とも呼ぶようです

 

小型の楽器で、優しい音色でした

 

崑劇芸術は数百年の歴史がり、中国最古の全国的な影響を及ぼした
演劇の一つだそうです

 

祝家荘と争う梁山泊の豪傑たちは、祝家荘と同盟を組む家に攻め入るが、三娘の返り討ちに、、

歌も演技も素晴らしかった、歌い踊る演技はかなりハードに見えました

 

 

書生の潘必正は科挙の試験に落第したのち、叔母が住職を務める尼寺に
寄属する、そこで才色兼備の尼僧妙常に出会い、ひそかに愛慕の念を抱く

月夜の晩、潘必正は琴の音に託して思いを伝えるが、陳妙常は寺の戒律に背けず、
やはり琴の音で申し出を拒絶する

 

ユーモラスな演技でした、酒売りから酒を取り上げる僧侶、結局2つの桶の酒を
全部飲んでしまいます

 

早稲田大学演劇博物館開館90周年と上海崑劇団建団40周年記念行事でした

通訳の人の説明と舞台に字幕が出ましたから大筋は理解できました。

初めての崑劇は興味深いものでした。

 

Minakoさんは中国語も勉強していて、中国にも出かけています、この日は文化会館で
イタリア語の授業の日だったので女子会のお仲間Yokoさんと3人で出かけました。

 

 

帰り道、大きな鳥居を見かけて立ち寄りました「穴八幡宮」でした

 

見覚えがある神社でした、かなり前になりますが、妹と出かけて一陽来復お守りを
頂いたことがありました

髄神門の上に十三夜に近い日でしたから美しい月が見えました

 

夜の社殿も美しい平安中期の創建で江戸八所八幡のひとつだそうです。

毎年冬至から節分まで領布される一陽来復守が有名です。

 

夜9時近い時間でさすがに境内に参拝者もなく寂しい感じでした。
また昼間訪れてみましょう。

By

木場の角乗

10月後半の日曜日、木場公園で開催される「木場の角乗」今年は晴天に恵まれました。

何回か紹介していますが、日頃の練習の成果を見ていただきたいと思います。

 

女性の演技者も増えた気がします

最後の演技”金のしゃちほこ”逆立ちでなく片足でも大丈夫なのです

次は男性2人

こちらも”しゃちほこ”は未完成

あえなくドボンでした

お嬢ちゃんを肩ぐるましたお父さん、ぜったい落ちられませんね

向きを変えて

無事に戻りました

次は模範演技

しゃちほこもきれいに決まりました

次は下駄を履いた男性

無事に向きを変えて、倒立も成功

下駄を履いた女性登場

しゃちほこも成功!

バランスをとる竿なしで、手にしているのは扇子

残念、ドボンでした

次は歯の高い下駄、足駄を履いています、難易度は上がります

向きを変えて

この日は風は少しありましたが、今までになく落ちる人が多かったです

番傘でバランスをとる男性

扇を持った男性もドボン!でした

もう一度やり直し

下駄を履いた女性登場

無事に向きは変えられましたが

落ちてしまいました

それでもしゃちほこは完成

足駄を履いての演技はとても難しそうです

ちょっとバランスを崩しましたが

美しいしゃちほこ成功!

次の3人組はこの場で梯子をセット、演技を始めます

交代しての演技

3人が交代での見事な演技でした

拍手喝さいの中、梯子を片付けて戻りました

籠が登場

籠が乗っていた材木を外して走ります

ここは木場公園内角乗のためのプール、多くのお客さんが集まりました、例年奥に見える
銀杏の木がきれいに色ずいている頃なのですが、今年は葉も小さく全く色づいていません

次は三方の上の演技、もちろん三方は重ねただけです

残念ながら演技が終わらにうちに落下してしまいました

最後は5人乗り、落ちたら負けです

次々落下、会場から大きな拍手で演技は終了

最後は木遣りで角乗は終了

 

こんなに落下者が多かったのは初めてです、例年初心者は落下することもありますが
ベテランの人たちが落下してしまいました、これもご愛敬、楽しい演技でした。

木場公園で開催の江東区祭り、今年は土曜、日曜と晴天に恵まれました。

いつも早朝に歩いている静かな公園日もこの2日間は多くの人で賑わったようです。