しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

クリスマスローズの世界展

早春に咲く可憐な花「クリスマスローズ」の展示花が300点を超える展覧会です
今年もサンシャインシティーに出かけました

早春に咲く雪割草や福寿草などと同じキンポウゲ科の植物です

その華やかさから「冬の貴婦人」とも呼ばれているようです

コンテスト特別賞受賞作

こちらも特別賞受賞作  受賞作は新種とか珍しい種類なのでしょうか、聞きそびれました

マンゴミルフィーユというおいしそうな名前の美しい花

リバーシブルタイプのベースカラー赤色を黄色に置き換え、花弁が重なり
波打つ様子はそのままにミルフィーユを表現しているそうです

中央の鉢はスミレのようです,クリスマスローズとともに小さなスミレも
販売してました

珍しいブルーの縁取りのあるクリスマスローズ

 

クリスマスローズの原産はヨーロッパです、花の少ないクリスマスのころに美しい花を
咲かせるので人気になったとか。

 

原種が森にひっそり咲く写真を見ましたが、目立たない小さなうす緑色の花でした、
愛好家の方々がいろいろな新種を作り出しているのでしょう、いろいろな色と形の
クリスマスロースが楽しめました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL