【添乗員同行】青森ねぶたと東北の遺構を訪ねる旅2024

個性ある夏祭りが、ツアーの夜を彩ります
遺跡、集落跡、復興へ向かう街へ
おひとり様歓迎・全国どこからでもOK

詳しくはこちら

アートアクアリュウム2015 ~江戸・金魚の涼~

金魚が5千匹も泳ぐアートアクアリュウム、日本橋の夏の風物詩です。

 

CIMG3969

日本橋のコレド室町、午後2時過ぎに出かけたらチケットを買うのに
ちょっと並んだ程度で入れました

 

CIMG3851

入場するとすぐ見えたのは「カレイドリュウム」3Dという六面体の「万華鏡」として
再現した作品でした、ライトで照らされたアクアリュウムの中を金魚が泳ぐと
きらきらと変化して見え、万華鏡を覗いている感じです

CIMG3852

うす暗い通路の両側に、色が変化する水槽が並びます

CIMG3853

赤い金魚でした

CIMG3966

「頂天眼」という種類は

CIMG3962

眼が上を向いています

CIMG3928

このユーモラスのは「水泡眼」

CIMG3929

膨らんだ袋が眼? 浮き袋のようにふわふわしています、なんだか泳ぎにくそうです

CIMG3931

こちらは蝶のような尾びれを持った種類

CIMG3961

小さな水槽が並ぶ薄暗いところを通り過ぎると広い会場に出ます、目が慣れるといろいろ見えてきます

CIMG3861

ロータスリュウム   蓮をモチーフとした4m四方もある荘厳な雰囲気のアクアリュウム

CIMG3864

刻々と色が変わります、蓮と金魚が織り成す華麗で優美な作品

 

CIMG3863

会場中央には「インフィニトリアム」三角柱の水槽40個が合体した大型の
アクアリュウムです

CIMG3915

上から水が流れ落ちる作品、ミラーが効果的に使われて幻想的です

CIMG3881

上の飾りの色も美しく変化します

CIMG3899

手鞠アクアリュウム 名前の通り手鞠が浮かんでいるように見えます

CIMG3871

のぞくとこの日一番かわいかった金魚がいました

CIMG3909

手毬は会場内にいくつか置かれています

CIMG3904

目が合っちゃいました

 

CIMG3886

アースアクアリュウム・ジャポニズム

CIMG3960

地球をイメージした1,5mの球体の水槽に大型の金魚が乱舞します

CIMG3888

少しづつ回ります

CIMG3858

この不思議な色のはリフレクトリュウム凹凸や二重レンズが取り付けられて
金魚が不思議な感じに見えます

 

CIMG3902

優雅に泳ぐ金魚に癒されました

CIMG3907

種類の多さにも驚きです

 

CIMG3914

 

最後のアクアリュウムは

CIMG3936

琳派リュウム  「琳派」は江戸時代の美の創成者

CIMG3939

日本特有の建具である「襖」をモチーフにしています

CIMG3941

幅3,6m、高さ1,8mの襖に映像が投影される巨大アート作品、紅白の梅が見事に咲きました

CIMG3943

尾形光琳の「燕子花図屏風」がモチーフですね

CIMG3945

こちらも襖いっぱいに咲きました

CIMG3950

金魚が泳ぐと色が換わるようにも見えて不思議な感じです

CIMG3952

襖が開くと

CIMG3953

現れたのは

CIMG3954

風神と雷神

CIMG3955

「風神雷神図屏風」は見事です

 

CIMG3900

もう一度蓮の花を見るとブルーに輝いていました。

 

CIMG3855

そして金魚はこんなところにも

CIMG3919

泳いでいました

 

CIMG3970

帰りにお土産ショップへ

CIMG3971

涼しげな金魚が並びます。

 

ひと時の涼を求めて今年もアクアリュウムへ、金魚たちのかわいさに癒されました。

 

(8月20日)

 

 

コメント

  1. 雲母舟 より:

    夏の金魚はいかにも涼しげでいいですね。
    見せ方によっては、ゴージャスでキュート。
    飼うのは大変なので、江戸風鈴に描かれた金魚で
    この夏をしのいでいます。

  2. shinakoji より:

    雲母舟さん
    ひと時の涼を求めて出かけました。
    今朝早朝の公園に行く道で虫の声を聞き、ちょっと嬉しくなりました。
    この夏の暑さは堪えましたから、秋が待ち遠しいです。

タイトルとURLをコピーしました