しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

浜離宮恩賜庭園

 

お花畑の菜の花を楽しんだあとは園内の散策です、春の花が咲きそろうまでにはまだ少し早かった
ですが暖かい日差しは春に感じ、ワクワクする気分でした。

CIMG8370

白木蓮はかなりの大木で花は少し上ですが、青空にくっきり浮かぶ白が印象的でした

 

CIMG8371

こちらのアセビは白色です

 

CIMG8372

花桃は蕾が膨らんでピンク色が見えています

 

CIMG8377

花木園で一番目立っていたのはこの寒緋桜でした

 

CIMG8378

濃い色のこの桜は下向きにこんな開き方をします

 

CIMG8381

サンシュウ

 

CIMG8384

園内には梅の花も見られますが、もう時期は過ぎていました、お茶室のようです

 

CIMG8385

「潮入り池」に架かる「お伝い橋」を渡ります

 

CIMG8387

東京湾の海水を引き入れています

 

CIMG8392

水辺の散策は心地よいものでした

 

CIMG8393

「中島の御茶屋」 江戸時代の大名庭園などに設けられた園遊接待のための施設です、将軍をはじめ
奥方、公家たちがここで庭園の眺望を堪能した休憩所だそうです

 

CIMG8396

こちらでお茶がいただけます

 

CIMG8400

テラス席でお抹茶をいただきました

 

CIMG8398

テラスからの眺め、対岸には松の御茶屋、11代将軍家斉の時代に建てられた茶屋群のひとつ、
戦災で焼失、残された礎石や遺構を調査、史料に忠実な建築により復元されました

CIMG8401

お伝い橋から見た「中島の御茶屋」

 

CIMG8404

通路の脇は東京湾

 

CIMG8407

東京湾から海水を引き込む水門、海水の出入りを調整しています
東京湾の潮の干満を利用して池の水位を上下させ、庭の趣に変化を持たせるように造られています。

 

CIMG8412

「庚甲堂鴨場」 鴨場とは野生の鴨などなどの水鳥を遊猟するための場所のことです

 

CIMG8417

飛来した水鳥が休むための大きな池と幾筋かの引き込み水路からなっています、小覗きから鴨の
様子をうかがいながら、ヒエやアワなどの餌とおとりのアヒルで引き掘りにおびき寄せ、機をみて土手の
陰から鷹や網で捕らえるという猟を行っていました。

 

 

CIMG8415

周囲が3mほどの土手で囲み草木を植えて人の気配を感じさせないように造られています

 

 

CIMG8420

小高い「御亭山」に上り

 

CIMG8421

潮入りの池を眺めてみました、お伝い橋と中島の御茶屋がきれいでした。
この池にはボラ、セイゴ、ハゼ、ウナギ、カニなどが生息しており、秋・冬には、多くの鴨類や
ユリカモメなどが飛来するそうです。

CIMG8416

次の黄色の花はタンポポでした

 

CIMG8424

帰り道の「中の御門」近くのソメイヨシノの蕾は少し膨らんで見えましたが、
まだ一輪も開花していませんでした。
暖かい日が続き、この2日後には東京の桜が開花宣言されました。
いよいよ楽しみな桜の季節ですね。

CIMG8426

中の御門(この門は使われてません) 通用門として時代によりその役割が変わったようです。

大手門より庭園に入り中の御門より出て、最寄り駅の地下鉄大江戸線汐留駅に向いました。
「浜離宮恩賜庭園」は都立文化財9庭園のひとつです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL