しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

東叡山「寛永寺」

博物館の帰り、久しぶりに「寛永寺」に立ち寄りました。

山号は「東の比叡山」の意、寺号は寛永年間に創建されたことによります。
比叡山延暦寺を見立てています。

天台宗の大本山
寛永2年(1625)に徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、
江戸城鬼門(東北)にあたる上野の大地に、慈眼大師天海大僧正により
建立されました。

のちに第四代将軍・徳川家綱公のち霊廟が造営され、将軍家の菩提寺も
兼ねるようになりました。

秘仏ご本尊は「薬師瑠璃光如来」比叡山延暦寺の根本中堂のご本尊と同じです

上野公園、博物館とは違い静かな境内でした

このお寺さんには立ち寄りたい理由がありました。

2014年の発行になりますが、「蔦重の教え」という車浮世さんの本が好きで、
その中に寛永寺さんが登場します。

現代から江戸時代にタイムスリップした主人公(中年サラリーマン)が
現代に戻り、寛永寺さんの境内が登場するのです。

時は1780年代、蔦重は蔦屋重三郎、タイムスリップした場所は吉原、
江戸時代好きには興味津々でした。

 

今の上野公園全域が「寛永寺」境内だったのです

 

喧騒を離れてほっとするひと時、「主人公が壺を埋めたのはどの木の根元かしら?」なんて
ちょっぴり江戸時代に思いを馳せました。

 

根本中堂の中でお参りをして、休ませていただき、帰路は珍しく鶯谷駅に出ました。

いろいろ忙しかった数週間、ようやく更新できました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL