しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

神戸でのひと時

神戸で久しぶりに友人に会うために羽田からスカイマークで向かいました。

 

神戸に住む友人と待ち合わせたのは三宮なのでポートライナーに乗りました

三ノ宮駅では約束の時間に会えて、友人の案内でランチを楽しむお店に向かいましたが、
ここは見覚えのある中華街、でも案内されたのは左側のお店のすぐ手前のグリルでした

彼女が行きつけのお店でした

11時半を回ったお昼時で、ランチコースを注文、まずスープとサラダ

メインはビーフシチュー、ほろっと崩れるほど柔らかく煮込まれた美味しいお肉でした。

 

久しぶりの再会で話は尽きず、店内では話しにくい時期でしたから早めにお店を出ました。

 

神戸中心地から近くの「湊川神社」に行きましたが、おしゃべりに夢中でよく覚えていません

久しぶりに会った友人は12歳で女子中高の入学試験の日、受験番号が近くて試験1日目の
最後に残り顔見知りになり、4クラスある同じクラスになったのですが、その後テニスに
夢中になった私と比べて彼女は文系でしたから、在学中は少し離れた時期もありました

卒業後に付き合いもあり、ウエディングドレスの手作りを手伝ったもらったりしたのですが
ご主人の仕事の都合で神戸に引っ越してからは会う機会も減りましたが、とても懐かしい
友人なんです、今回は本当に久しぶりでしたから楽しみでした。

 

次に向かった「相楽園」は明治末期に完成、昭和16年以降神戸市の所有になった庭園でした

中国の古書の一節にある「和悦相楽(わしてよろこびあいたのしむ)からとって「相楽園」と
名付けられ一般に公開されるようになったそうです

日本庭園の入り口には真っ赤に染まったモミジが見えました

12月半ばでしたから赤く染まったモミジが残っているのは嬉しかった、
そして散りモミジの赤も素敵でした

池泉回遊式日本庭園です

石橋を渡ったり、深山幽谷の風景を見ることができます

江戸時代、姫路藩主が河川での遊覧に使っていた「川御座船」の屋形部分だけが陸揚げされた
ものだそうですが、ここから見ると建物のように見えました

ここから見るとよくわかりました、華麗で繊細な作りの美しい川御座船です

小さな流れや滝などもあり風情のある庭園でした。

 

この庭園でゆっくり過ごして、三宮のコーヒーショップでおしゃべりの
続きを楽しみ時間が過ぎるのが早かったこと、6時ごろ私は京都に
向かうため友人と再会を約束して別れました。

思い出に残る神戸でした。

 

昨年12月13日、ずいぶん前から決めていた京都旅行に迷いながら出発、
神戸に住む友人に連絡したら会えることになり、コロナ禍のこともあり
事前に有馬温泉方面に向かう神戸市北区に住む友人に会っていいものか
迷い彼女にも確かめました、そして会えることになりました。

 

(12月13日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL