しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

「江戸三十三観音札所」31番「品川寺」

旧東海道を行きます

 

東京都指定重宝である「江戸六地蔵一番」のお地蔵さん

 

真言宗醍醐派別格本山 「品川寺」東海道に面した品川寺(ほんせんじ)は、平安時代前期に
開創され、「品川」の地名の由来となった。

1300年間、町を見守る品川区で最古のお寺

お参りしたのは桜が咲き始めたころでした

 

ご本尊は水月観音(非公開) 東海道七福神の毘沙門天を祀っています

寺宝は「正観世音菩薩像」「薬師如来像」

大梵鐘は品川区とスイス・ジュネーブ市の友好関係を結ぶきっかけとなり
駅前通りが「ジュネーブ平和通り」と名付けられた由縁となりました

 

梵鐘の周りの小さな石造りの七福神も指定文化財です

 

七福神と一緒にお参りした小さな仏さん

 

指定文化財「弁天堂」

品川寺の歴史は、品川の町そのものです。

 

(3月21日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバック用URL