しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

「常泉寺」の三椏

神奈川県大和市、小田急江ノ島線高座渋谷駅から徒歩で7,8分の
花のお寺 「常泉寺」さんに三椏(みつまた)を見に出かけるのは久しぶりです。

CIMG2398

花の寺としても有名な曹洞宗のお寺さん

CIMG2291

参道の両側にも三椏が見られます

CIMG2394

他にも日向みずきや

CIMG2383

斜面のみつまたの後ろには花桃も咲き始めています、日差しがいっぱいの参堂です

CIMG2388

黄色と赤の三椏

CIMG2390

3月の中ごろから4月はじめが見ごろです

CIMG2381

「清流山常泉寺」  本山は福井県の永平寺と横浜の総持寺だそうです

 

CIMG2296

CIMG2358

珍しいこの椿は孔雀椿 花びらが細かく下向きに咲きます

CIMG2345

本堂のすぐ前には雲南枝垂黄梅   (別名オウバイモドキ)

CIMG2299

枝垂れ桜の大木があります

CIMG2303

まだ開花し始めたばかりのようでした

CIMG2300

盆栽もあります

CIMG2302

アセビとボケの向こうには観音様の石像

CIMG2304

めずらしい花、香港満天星ツツジの札が付いていました、陶器のようなつやのある始めて見る花です

CIMG2310

2色の花桃は「想いのまま」

CIMG2312

咲き始めたばかりのようですが

CIMG2335

1本の木に2色の花が咲く枝垂れ花桃です

CIMG2314

林があったところですが、自然を残した散策道になっています、左は三椏

CIMG2315

アセビと赤の三椏

CIMG2329

見上げたら寒緋桜と花桃そして椿の競演でした

CIMG2321

赤い三椏はこんなにかわいい花です

CIMG2322

三椏は楮(こうぞ)とともに和紙の原料になる植物です

CIMG2325

山道のようですが、いろいろな花が咲き春爛漫の道です

CIMG2333

一回りして寒緋桜が満開の門に出ました

CIMG2343

こちらでは枝垂桜との競演

CIMG2344

石像に出会える小道

CIMG2338

小道に入ると羅漢さんたちがいっぱい、紫色の花は寒文目(かんあやめ)

CIMG2330

こちらのお寺さんは河童も有名です、いろいろなポーズの河童さんたちに出会えますが、なぜ河童?

「こちらを訪れたお客さんたち皆さんに接することができないのでご住職が自分の代わりに心を和ませて
もらえたら」との願いから置くようになったとか・・・

CIMG2313

石仏も多く見られます

CIMG2363

こちらはお祈り中でしょうか、境内にはユーモアのある河童がいっぱい

CIMG2348

笑顔に見えますが、おしゃべりはいけません・・かしら?

CIMG2337

貝母(バイモ)の花の奥で赤ちゃんを抱くのはお地蔵様のよう

 

CIMG2353

地蔵堂

CIMG2360

道祖神でしょうか

CIMG2308

満開の三椏の奥の本堂のご本尊は木造の観世音菩薩

CIMG2307

三椏は境内のいたるところで見られます

CIMG2366

山門近くの枝垂れ桜は3分咲きぐらいでしょうか

CIMG2370

花桃の枝はまっすぐ伸びています

CIMG2372

立金花 (りゅうきんか)

CIMG2350

かたくりの花

CIMG2373

雪割草は黒い日よけの下で可憐な花をつけていました

 

CIMG2375

縁結びの石像に張り付いているのがちょっと不気味・・・ 天邪鬼?

CIMG2378

お昼寝中の河童さんたち

CIMG2376

”よっこいっしょ”  なんとも微笑ましい石像

CIMG2386

葉より先に花が咲く三椏はほとんど満開でした

CIMG2385

黄色の三椏も

CIMG2396

日当たりのよい参堂です、開門の9時ごろお邪魔しましたが客さんもなくゆっくり見物させて頂きました

CIMG2400

参堂を後にするときに見かけたのは真っ赤なボケの花と黄色の三椏。

春の温かい日差しを浴びた花のお寺さんをゆっくり散策しました。

(3月27日)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL