しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

映画「オリエント急行殺人事件」

アガサ・クリスティーの作品「オリエント急行殺人事件」が前回
映画化されたのは1974年かなり前のことです、当時のオールスター
出演で話題になった映画です。

今回の作品はキャストも興味津々でした、映画好きの友人と
日劇の9階で待ち合わせて楽しみました。

ミステリーの女王といわれているアガサ・クリスティーの作品は
結末を知っていてもわくわくします。

ひげが特徴のエルキュール・ポアロ役は監督のケネス・プラナー、
原作でアガサ・クリスティーはポアロのひげを立派と形容して
いるので、その通りにしたのだそうです。

ジョニー・デップは思いがけない役でした。
私は何といっても「パイレーツ・オブ・カリビアン」が好きです

そのラチェットの秘書役はジョッシュ・ギャレット

豪華なオリエント急行は豪華で速い列車とうだけでなく、そこには
豪華な個室があります。

スタジオに列車のセットを建設し、しかもこの列車は実際に動き、
すべては映像の魔術と実際線路で完成したそうです。

吹雪の中、高い陸橋を走る列車の光景は圧巻でした。

公爵夫人(手前)役のジュディー・デンチはアカデミー賞他名だたる
賞を受賞している名優。
”007”でM16の局長を演じていましたね、適役でした。

キャストは名優ぞろいといえば、1974年の「オリエント急行殺人
事件」も名優ぞろいでした。

例えはポアロはアルバート・フィニー、
ラチェット役はリチャード・ウイドマーク、
その秘書役はアンソニー・パーキンス。
W・テフォー役はショーン・コネリー
家庭教師役はヴァネッサ・レッドグレーブ
そしてローレン・バコールはハバード夫人
宣教師役のイングリット・バーグマン他
当時もわくわくするキャストでした。

懐かしい映画を見た気分ですが、やはり映像の美しさや、
特殊撮影はすごい進歩でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL