しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

竹久夢二展

大正ロマンを代表する詩人画家・竹久夢二の生誕130年記念の
「竹久夢二展」は東京では10月初めまでの開催でした。

 

CIMG0766

独特の情感をたたえた美人画で一世を風靡した夢二ですが、雑誌の表紙や
広告から日用品まで幅広くデザインを手がけ商業美術や出版の世界でも
卓越した存在でした

 

CIMG0767

展覧会を記念して作品に描かれている着物3点を製作

 

CIMG0770

特別展示されました

 

 

CIMG0899

「宵待草」
「待てど暮らせど 来ぬ人を 宵待ち草のやるせなさ」

夢二によって創られた詩歌のタイトル

 

CIMG0900

「憩い」

ショートへアーに赤いワンピースとモダンな装いの女性が座っているのは
夢二が自らの設計によるアトリエ付き住居「少年山荘」テラス。

うつろな表情を浮かべる女性の心の内を物語るのは、向かいの空いた椅子と
一客のティーカップ。

 

CIMG0901

「秋のいこい」

鮮やかに紅葉したプラタナスに囲まれた着物の女性は、ベンチで物思いに
ふけっている様子です。
手には青い洋傘を持ち、隣には大きな信玄袋が置いてあります、夢二が
好んだ和の装いと洋を取り混ぜたスタイルには大正時代の華やかさや、
美しさが表現されています。

しかし一方でこの作品が描かれた時代は、米騒動など庶民の苦しい現実という
もうひとつの背景がありました。
絵をよく見ると女性は素足に下駄を履いており、身に着けているのは木綿縞の
質素な着物で、田舎から上京したものの途方に暮れているようにも見えます。

 

CIMG0903

「晩春」

女性と猫は同じポーズをとっています。
ガラス窓にカーテン、洋風の猫と着物姿で指輪をつけた女性、和と洋が
交じり合った夢二の暮らしの一こまです。

 

CIMG0904

「立田姫」

「自分の生涯における総くくりの女だ、ミス日本よ」と語ったと伝えられている
夢二が到達した理想の女性像です。

 

CIMG0902

「いちご」

初期から晩年までの代表作をはじめ、ゆかりの作品や資料など、古き日本への
郷愁と西洋への憧れがとけあった夢二の世界でした。

 

 

 

CIMG0777

竹久夢二展へ誘ってくれた友人Teiさんとランチのお楽しみはカフェ 「アルポルト」

 

CIMG0775

Teiさんはキノコたっぷりのリゾット

 

CIMG0774

パスタ好きの私はめずらしくカルボナーラを注文、好みでないと思っていたカルボナーラでしたが
とても美味しくて好きになりました

CIMG0776

おしゃべりもはずみ、夢二に描かれた女性たちにも似合いそうなかわいいケーキでしめくくり。

 

By

横浜散策

すっかり横浜の住人になっている息子夫婦の家に泊まった翌日、珍しい所を
散策したので紹介します。

京急の生麦駅、ここに「生麦事件」の碑がありました。

 

CIMG0779

「生麦事件」幕末の動乱期におきた外国人殺傷事件は、その後の日本外交に
大きな影響を与えた

CIMG0780

約400mの魚河岸通り  生麦は江戸時代幕府に魚を献上する御菜8ヵ村の
ひとつとして賑わっていたそうです

CIMG0781

一般の人も買えると聞き、プロの人が買う時間を避けて出かけたのですが、
片付け始めていて何となく買いにくく、見物して歩いただけでした。

 

 

CIMG0782

帰り道、キリンビール横浜工場の前を通ったので立ち寄りました

CIMG0783

写真に撮ると立体的に見える不思議なポスター

CIMG0784

見学は予約制で、ロビーには多くの人が待っていましたが、頼んでみたら3人で
見学者の中に加えてもらえることになりました

CIMG0786

ビールの原料の大麦は百年受け継がれてきた製麦、それを数粒食べてみたり、ホップの番人といわれる
職人さんがいるそうで、ホップは始めて手に取りました、香が強かったです

CIMG0788

麦汁がビールになるときに、泡がはじける音、酵母の囁きに耳を澄ませるそうです

CIMG0789

一番絞りと、二番絞り麦汁の味比べ、味の違いはよく分かりました

CIMG0790

容器の軽量化など見た目に変わらなくても改良されているそうです

CIMG0795

こだわりの麦芽、ホップ、水そして酵母から作られたビールを頂きました

CIMG0793

一番絞り生ビールが発売されたのは1990年だそうです

CIMG0796

こちらは黒ビール、半々にも出来るとか、試飲は一人3杯ですが、
3杯飲んでいる人は少なかったようです、もちろんジュース類も
用意されていました

CIMG0794

すぐ隣りでは、ビールづくり体験教室の授業中、6週間後に自宅に送ってもらえるそうです

CIMG0792

売店、グッズなど何となく買ってしまいますね、おつまみをここで買ってから試飲する人もいるとか

CIMG0798

外に出ると緑の多い爽やかな広い庭でした

CIMG0799

ガラス張りの明るい建物、制服姿は係りの人

CIMG0801

10月なのにデイゴの花が咲いていました

CIMG0803

植木の枝で見つけたきれいな色の小さな蝶、シジミ蝶でしょうか

CIMG0804

こちらはレストラン

息子達は見学したことがあるようでしたが、私は初めてのビール工場見学でした。

 

CIMG0806

帰り道にもう一箇所立ち寄った遍照院(へんじょういん)は通称「踏み切り寺」と
呼ばれるお寺さん

CIMG0807

高野山真言宗寺院  江戸時代以前の創建と考えられるが年代は不詳だそうです

 

CIMG0808

東国八十八箇所霊場16番札所

CIMG0809

六地蔵さんのすぐ近く山門の前に京急の列車が通ります

CIMG0811

踏み切り寺という通称も納得

 

翌日台風通過の予報に32階の住まいでの台風も体感することにしました

 

CIMG0812

思ったより風雨がひどくなく、午前中に晴れました

CIMG0813

青空が広がり始めても東京方面の空ははまだ暗く、降っている様子でした

CIMG0814

中央の丸いビルは、新横浜駅近くのホテル

CIMG0815

台風一過、富士山がよく見えました

CIMG0816

夕方、オレンジ色の中に浮かび上がったシルエットがとても美しかった。

 

 

By

虎ノ門 「金刀比羅宮」 大祭

港区虎ノ門は長く住んでいたところで”金ぴらさん”は懐かしい神社です。

 

CIMG0891

久しぶりに行くと、こじんまりしていた境内はすっかり様変わり、琴平タワーの
1階広場の開けた境内になっていました

CIMG0843

正面鳥居を入り参道を左折すると正面が社殿

CIMG0836

万治三年(1660)讃岐国丸亀藩主がその藩領内である亀頭山に鎮座する金刀比羅宮(本宮)の分霊を、
当時藩邸があった芝三田の地に観請し、延宝七年(1679)に現在の虎ノ門に遷座しました

CIMG0838

神楽殿

CIMG0847

社務所の前を天狗さんを先頭に恵比須さんが出発

CIMG0848

大黒さん、獅子そしてひょっとこ、おかめさんたちが続きます

CIMG0851

正面鳥居から入場

CIMG0854

威風堂々の天狗さんが参道を進みます

CIMG0857

恵比須さんや大黒さんの笑顔に待っていた人たちにも笑顔が広がりました

CIMG0860

おかめ、ひょっとこさんたちは踊りながら行進

CIMG0863

お獅子に頭をなでてもらうとラッキーといわれています、私もお願いしました

CIMG0865

神楽殿の前を通り

CIMG0867

社殿正面の鳥居の下を行く行列

CIMG0873

社殿で2礼2拍手1礼の作法でお参り

CIMG0874

揃って記念撮影です

CIMG0875

多くの参詣者が集まりました

CIMG0876

お客さんに応えて笑顔が揃いました

CIMG0880

おかめさんの着物の袂にはお菓子が入っていて、善男善女に配ります

CIMG0881

神楽殿の前で無言劇の始まり、恵比寿さんが釣竿を取り出しましたが

CIMG0883

なかなか釣れません

CIMG0886

ようやく大鯛を釣り上げ得意げな恵比須さん

CIMG0887

大黒さんは打出の小槌を持ち舞います

CIMG0890

小槌の中から出てきたのは観客の皆さんに配るお菓子でした

 

 

CIMG0893

大祭式が始まります、やはり正面鳥居から入場です

CIMG0894

笙の音と共に厳かに進みます

CIMG0895

赤い衣装の宮司さん

CIMG0896

これから大祭式が始まりますので、私も参列者の一人として参加させていただきました

社殿に入ると、日枝神社を初め、港区内の神社の宮司さん、銀行や企業の虎ノ門支店店長さんなど
来賓と、一般の人の席も満席でした。

 

CIMG0839

初めて参列させていただきました、式式第には修祓の儀(しゅうばつのぎ)、巻簾(けんれん)、
献餞(けんせん)、宮司祝詞奏上、など聴きなれない言葉でしたが見せていただくと意味はよく分かり
厳かな式に参加させていただき、とても良い経験でした。

 

子供の頃の思い出や、息子を連れて縁日を楽しんだことなど懐かしい神社の大祭でした。

(10月10日)

 

 

By

「ツーリズムEXPOジャパン」

9月の最終週末東京ビッグサイトで開催された世界最大級旅の祭典に、
土、日の一般開催前の金曜日に旅行会社を経営する息子夫婦と出かけました。

 

CIMG0700

ビッグサイトの東棟の入場口にはこんな列が

CIMG0702

アジアホールから入ると目に付いたのは香港ブース、休憩中だったようです

CIMG0703

インドのブースの中では

CIMG0704

サリー姿の女性と写真が撮れるようでした

CIMG0706

ポーズをとってくれたこちらはインドネシアの民族衣装でしょうか

CIMG0710

台湾は行ったことがあるのし、台湾出身の従妹がいるので親近感が
あります、息子夫婦も列車で一周しているので見て回りました

CIMG0711

台湾列車の駅名に、日本と同じ駅名が32もあるそうです

CIMG0712

最近何かと話題の多い韓国、ずっと前ですが6回も出かけていますから何となく気になりました

CIMG0713

モンゴルのブースで見かけた素敵な衣装の美女

CIMG0714

ハノイですからベトナムですね、舞台で演奏があったようです

CIMG0715

クラトンを作っている美女、こちらはバリ?

CIMG0716

タイの素敵な女性たちは注目されていました

CIMG0718

スリランカは”スリルとワイルド”も売りでしょうか

CIMG0719

このクラッシックな感じのボード、誰もいなくて聞けなかったのですが、かなり昔、
このタイトルの映画がありました、「80日間で世界1周」の記録に挑戦ですから
ずい分昔の映画です、なんだか懐かしくなりました

CIMG0722

日本会場のこちらは沖縄、大きな水槽に巨大なナポレオンフィッシュ

CIMG0725

その影にはウツボ、こちらも巨大でした

CIMG0726

会場でゆるきゃらによく会いますが、どこで出会ったか
分からなくなりました、こちらはシーサー?

CIMG0727

ご当地ゆるきゃらは大はやりですよね

CIMG0731

網走市のニポネ、知らないキャラクターでした

CIMG0729

新米の季節ですね

CIMG0734

四国のブース、昨年の今頃列車や車で回ったのでこちも懐かしい感じです

CIMG0736

「ここには確かに何もないかもしれません、いや正確には何もない、がある
と言った方が正しいでしょうか、太陽の光が織りなす時間の流れの中、
人々は必要な営みを繰り返し、素朴に生きてきました。
それが日常であると同時に、日本人の生活の風景なのです、とにかく忙しい
現代人には、ふと立ち止まって空を見上げ、新緑の香を胸いっぱいに吸い
込み、圧倒的な自然に心打たれ、歴史の囁きに耳を傾ける、そんなゆるりと
した時間が必要なのでしょう、ふうっと一息つくように。
つるぎを廻ってみませんか。」  ーつるぎ廻道ー

CIMG0737

祖谷渓のかずら橋は愛媛県の山間の渓谷に架かるかずらの橋です

CIMG0739

注目の北陸新幹線、東京から金沢まで2時間28分、古都へ直通は魅力です

CIMG0740

今年はこの人、官兵衛さんが話題ですね

CIMG0742

東海汽船のキャプテン橘かしら ?

CIMG0743

広島ののん太くん、何故のん太なのかしら?聞いてみればよかった・・

CIMG0744

富山のブースには大きなお寿司が・・・ 富山で美味しいお寿司を食べたのを
思い出しました

 

CIMG0748

ヨーロッパにも立ち寄りました

CIMG0749

来年ミラノ万博が開催されるそうで、その解説でしょうか、かなり熱が入っていたようです

食がテーマということですし、イタリア好きとしてはちょっと気になります

 

CIMG0751

おなじみムーミンはやっぱり可愛い!

CIMG0753

”実は欧州へ最短最速”というフィンエアーのコマーシャルでした

 

CIMG0754

ヨーロッパ旅行は飛行機の長旅が難点、でもこんな席ならいうことありませんね

CIMG0755

ひと目で分かるエジプト、この国も魅力的です

 

一度行って好きになったドイツのブース、帰りにもう一度探したけどやはり
見つかりませんでした、出展してなかったのかしら?

 

ダーツの高得点でクッキーをもらったり、ガラガラの抽選でタオルが当たったり
なんだかうきうきの旅の祭典。
旅は最高!    すぐにでも出かけたい気分になりました。

47都道府県と世界150を越える国と地域の大集合でした。

 

 

 

By

「皆既月食」の夜にワインで乾杯

昨夜は皆既月食で、午後6時15分頃から欠け始めたようですが、
日本橋室町で待ち合わせがあり夜空を気にしながら出かけました。

日本橋の交差点あたりで見渡しましたが、見えなくて日本橋の袂を
通りかかったら夜空にカメラを向けている人たちがいて見上げると
ビルの間から月が欠けている様子が見えました。

 

CIMG0828

7時25分頃に完全に隠れたそうですが、ここで見たのは7時少し前でした、
月が地球の影に完全に隠れても、太陽の光が地球の大気で屈折し、弱く
月を照らすため、月は赤銅色に光りますが、全部隠れた様子は見られません
でしたが幻想的でした。

 

CIMG0829

月を見たあと白ワインの気分で、まずは乾杯!

 

CIMG0831

赤玉というこのお店の名物、赤玉ポートワインで味付けされたゆで卵

 

CIMG0832

塩鯖のスモーク  ちょっと苦手な鯖もまったく癖もなくスモークの味で美味でした

 

CIMG0833

肉団子のチーズソース  優しいチーズの味でワインに合います

 

CIMG0834

ピッツアは、ツナトマト、薄い生地でつい手が伸びる味でした

 

CIMG0835

もう一枚は、エビとキノコのバジル味にしました   よく選ぶマルゲリータも4種類のチーズ味も
やめて選んだ2種類です
こちらはバジル味がキノコとエビによく合って爽やかなピッツア、初めての味でした。

 

CIMG0830

パスタ、ピッツア、イタリア語でいうStuzzichino(おつまみ)などでワインやビールを楽しむ
「室町ワイン倶楽部」というイタリアンな居酒屋でした。

日本橋までぶらぶら散歩、秋風が心地よい「皆既月食」の夜でした。

 

 

By

日本橋ランチ「桃花林」

日本橋YUITOの「桃花林」のランチはお気に入りです。
このところ日本橋室町の人出の多さにコレド室町から少しだけ離れてこの日は
YUITOにしました。

 

CIMG0435

以前にも紹介しましたが正統派の中国料理(広東)のお店です

 

CIMG0436

この日はランチのコース料理を頂きました

 

CIMG0437

コクのある美味しいスープと春巻き、春巻きはからっと揚っていて熱々、申し分のないお味でした

 

CIMG0439

このお料理が目的でした、焼き豚と鶏モモ肉の焼き物、大好きな香港で覚えた味ですが、日本では
なかなか食べられません、香港より少し甘めの味ですがご飯によく合います

 

CIMG0440

おなじみ杏仁豆腐、柔らかめでさっぱり味が食後にぴったり

 

CIMG0441

でもこの日は揚げ立ての胡麻だんごを別に注文、揚げ立てが美味しくてつい2個も食べてしまいました。

 

こちらの「桃花林」さんはホテルオークラに昔からあるお店の姉妹店で、大好きな広東料理がゆっくり
楽しめる中国料理店です。