しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

道の駅 「高千穂物産館」

国道218号沿い道の駅前に、神楽面をモチーフにした大きなモニュメントがありました

 

 

高千穂の地採れ野菜や加工品などを販売、レストランもありました

 

おやつに買ったレモンケーキ

 

このお菓子は道の駅でよく見かけました「跳ね鯛」病魔を跳ね除ける
お菓子、嘉祥菓子で招福、厄除け、無病息災祈願と書かれていました

嘉祥(かしょう)・・仁徳天皇。 文徳天皇の時の称号、室町時代から
始まった年中行事、厄病を防ぐため、餅やお菓子を神棚に備えてから食
べた風習より、と書かれてありましたが、時期だったのでしょうかどの
道の駅でも見かけそれもかなり大きいものまであり、気になっていました。

落雁みたいなお菓子でしょうか? 食べてみたかったですね。

 

(10月25日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL