しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

向島百花園の梅の花

 

朝のうちの曇り空が青空に変わった日、梅の花が満開と知り、
大好きな向島百花園に出かけました。

CIMG8264

墨田区東向島にあるここは、江戸の文化が花開いた文化・文政期
(1804~1830)に花の咲く草木観賞を中心とした花園として開園されました。

CIMG8214

一説では「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたとされます。
この木戸を通る時、どんな花を見せてもらえるかいつもワクワクします。

CIMG8226

この日は梅の花が目的、白加賀が満開に近く、上品な花を咲かせていました。

CIMG8216

青空になってから出かけたのが正解でした

CIMG8218

園内からは梅越しにもスカイツリーが見えます

CIMG8221

紅白の共演も見られます

CIMG8229

開園当初は360本の梅が主体だったそうです

CIMG8232

ピンクの花も見られます

CIMG8224

松の雪つりが外される頃になりました

CIMG8236

お茶会が開かれる部屋もあります

CIMG8241

「福禄寿尊堂」横でも紅梅が満開でした

CIMG8219

大きな椿の木もあります、”わびすけ太郎冠者”という札が下がっていました

CIMG8246

趣のある椿です

CIMG8244

気付かずに通り過ぎてしまいそうな小さな花を見つけました

CIMG8245

白とピンクの”ゆきわりそう”でした

CIMG8260

こちらは”福寿草”

CIMG8253

梅の木下には水仙、花の少ない季節に可憐な花を見せてくれます

CIMG8261

忙しく蜜を吸っていたのは

CIMG8262

メジロでした

向島百花園では四季を通じて花が見られます。
現代に残る江戸時代の花園はいつも魅力的です。

CIMG8265

自宅に帰るにはスカイツリーの前でバスを乗り換えます、業平橋の袂の
河津桜が咲き始めていました。

2月は寒い日が続き梅の開花も少し遅かったですが、日差しにちょっぴり
春が感じられ暖かい気分になれたひと時でした。

(3月1日撮影)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL