【添乗員同行】青森ねぶたと東北の遺構を訪ねる旅2024

個性ある夏祭りが、ツアーの夜を彩ります
遺跡、集落跡、復興へ向かう街へ
おひとり様歓迎・全国どこからでもOK

詳しくはこちら

「木下大サーカス」

入場券を購入しあった息子夫婦と「木下大サーカス」を見に「みなとみらい特設会場」に
出かけました。

サーカスなんて何年ぶりでしょうか、懐かしい思い出は子供のころ見たサーカスです。

 

会場はテント張りで、見ただけで懐かしさでいっぱいになりました

 

検温と消毒してから会場に入ります、ウイークデーで小さいお子さんを連れた家族が
多かったです

長椅子に一人おきに座る席でした、テントは大きかったけど中央ステージは思いのほか
小さく感じました

外国人男性二人のピエロの演技から始まり、華麗なるオープニングショー、そして中央の
地上13mでのダブル空中ブランコショーは大小6つのブランコにより繰り広げられるサーカスの
華です、圧巻の「目隠し飛行」などアーティストたちによる息をのむ大技の数々と、女性たち
によるロシアン空中アクロバットショーも素晴らしかった

中央左の丸い網のような中でのバイクのショーは2台のバイクの演技から3台のバイクになり、
会場にバイクの音が響き渡りました

6頭のホワイトライオンのショー、シマウマやゾウなどのアメイジングサファリスペクタクル、
東大寺の落慶法要にも奉納された古典芸・坂網、梯子のショーや古典曲芸などの演技者は
日本人のようでしたが、全体的に外国人演技者も多いようでした

スーパーミラクルイリュージョン・木下大サーカスは素晴らしかったですが、緊急事態宣言に
より回数など減らしての興行です

 

帰り道すぐ駅に向かわずに少し遠回りをして散策も楽しみました

 

遠くに横浜ベイブリッジが見えて、余韻を楽しみながらの帰宅になりました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました