【添乗員同行】青森ねぶたと東北の遺構を訪ねる旅2024

個性ある夏祭りが、ツアーの夜を彩ります
遺跡、集落跡、復興へ向かう街へ
おひとり様歓迎・全国どこからでもOK

詳しくはこちら

広島城と桜

ホテルが広島城に近かったので、この朝は広島城散策からスタートです。

空港が市内にあったころ着陸時滑走路に進入するのに、海側からと、この広島城の上空を旋回して
進入するのと両方を経験していますが、上空からの広島城が印象に残り見に行ったことがありました。

CIMG2635

澄んだ空気が気持ちよい朝に散歩に出ました

CIMG2638

堀を渡り城内に入ると桜が満開、お城とのコントラストも楽しみでした

CIMG2639

旅先でよくお城を見に行きますが、江戸時代好きとしましてはこの光景にちょっとわくわくします

CIMG2646

わぁー すごい!何という美しさ!  こんな言葉しか出ない光景です

CIMG2647

まだ開館前でした、待ちながら周囲を散策、覗き込むと石垣のところにも桜

CIMG2649

お堀の周りも

CIMG2650

どこも桜が満開でした

CIMG2653

そして別の角度から見たらこれもまたすごい、お城が見えないほどの桜でした

CIMG2652

開館を待ち天守閣に上がります

CIMG2656

五層の天守閣に行く途中に展示物が見られます、姿勢を正した武士が読書中の様子が窺がえるようです

CIMG2657

台所でしょうか、箱膳が並びます

CIMG2660

天守閣も小ぶりですが美しい景色が望めました

CIMG2661

広島の街並みが広がります

CIMG2663

前日とはうって変わり青空が広がるお花見日和になりました

CIMG2666

堀と石垣、お城の風景です

CIMG2667

表御門から御門橋を望む

 

CIMG2670

平成6年までに復元された櫓

CIMG2669

内部はまだ真新しく思ったより広かった

CIMG2672

二の丸は本丸の正面を守る役割を果たしていました

CIMG2671

広島城は1592年ごろ毛利輝元により築城されました

CIMG2674

表御門   東側の入り口から入場して、こちらが表御門でした

CIMG2676

広島城は、大田川河口の三角州に築いた典型的は平城です

CIMG2643

広島城は別名を「鯉城」ともいわれています。
一説には、この付近一帯が己斐浦(こいのうら)にあたり、己斐の音が鯉に
通じることから呼ばれるようになったものといわれています。

広島東洋カープはこの鯉(carp)に因んで名づけられたものです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました