しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

深川江戸資料館

深川江戸資料館で「江戸の物売りと大道芸」のイベントがあることを知り、江戸時代好きとしては
見物したいと思い、雨の土曜日でしたが我が家からは徒歩でも15分ほどのところなので出かけました。

 

CIMG5292

ここはには江戸深川の町並みが再現されています

CIMG5294

入り口に深川に関係のある人物の紹介

CIMG5295

どこからか鶏や雀の泣き声、あさり売りの声、時を知らせる鐘の音が、、、江戸時代にタイムスリップです

CIMG5299

干鰯、〆粕(肥料)、魚油(灯油)を扱う大店「多田屋」さん

CIMG5300

大店の反対側には八百屋さんや米屋さんが並びます、その向こうには木戸があります

CIMG5301

木戸を抜けると掘割

CIMG5302

掘割の前には船宿、猪牙舟を使って、船頭が人や荷物を搬送します。飲食や宴会も出来て
小料理屋のような場所です

CIMG5304

おなじみ二八そばやさん

 

CIMG5328CIMG5331

あさり売り               よかよか飴売り

CIMG5352CIMG5336

すたすた坊主            物産飴売り

CIMG5341

火の見櫓のある火除け地、桜の木の下には七味唐辛子売り

CIMG5337

鋳掛け屋さん、穴のあいたなべなど直します、火の見櫓の下では犬が片足上げて、、、

CIMG5344

啖呵売のワンチャ(茶碗売り)

CIMG5353

二人の虚無僧が現れました

CIMG5357

尺八を披露

CIMG5361

南京玉すだれ

CIMG5366

お目にとまれば、、、

CIMG5367

そしてフィナーレ

CIMG5370

広場では大道芸の人たちとの交流会、七味唐辛子はここで売っていました

CIMG5372

外国の方たちも興味津々

 

CIMG5298CIMG5315

八百屋さん            井戸の近くには小さなお稲荷さん

CIMG5314CIMG5319

長屋の排水溝でしょうか       家の中も再現されています

CIMG5322

春米屋の職人秀次さんの家

CIMG5310

棒手振(ぼてふり)政助さんの長屋、あさり・しじみの剥き身を
天秤棒で担いで売るのが仕事

CIMG5309

於し津さんは三味線のお師匠さん、読み書き、手習い、裁縫も教えている

CIMG5306

船宿の船頭松次郎さんの住まい、長い家を壁で仕切っただけの庶民の住む家

CIMG5326

掘割には猪牙舟、引き潮のときでしょうか、杭には貝もついています。

江戸の町並みを実物大で再現してある展示室に、物売りと大道芸がやってきました。

ちょっと薄暗いこともありぼけ写真が多く残念でした。

 

江戸時代にタイムスリップして楽しんだあとは、家に帰る途中で寄り道です。

 

CIMG5380

ここに1号店が出来てもうどれぐらい過ぎたでしょうか「Blue Bottle Coffee」清澄白河ロースタリー&カフェ

CIMG5381

レジに並ぶ列、この程度でしたので立ち寄りました

CIMG5382

注文して支払いを済ませて待ちます

CIMG5383

コーヒーは一人分づつ作り順番が来ると呼ばれます

CIMG5384

おなじみのブルーのボトルです

CIMG5385

天井が高くかなりの広さがありますが、テーブル席は少なめ
そして外から眺めても看板らしきものは見当たりません。

 

江戸時代にちょっぴりタイムスリップしたあとは、超現代的なカフェへ、
我が家近くの散策は面白い取り合わせになった雨の土曜日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL