しなこじダイアリー

日常生活のあれこれ

By

京成バラ園「秋のバラ」

青空が広がった朝、千葉県八千代市の京成バラ園のバラが見ごろと知り出かけました。

秋のバラは香が強いと聞きます、始めて訪れた場所で香りも楽しみました。

園内のバラにはそれぞれ名前がついています、1600品種もあるそうです

「希望」 鮮やかな赤い花です

「フロージン ’82」 開くとこんな色になります

「ヒストリー」 頬を寄せ合うような可愛い花でした

「聖火」

「フリュティー」 他の名札と違う札でしたがこれが名前でしょうか、目立つ赤でした

一休みできる場所もあります

「ミラマーレ」

何箇所かアーチがありましたがどこも花が咲いてなかったのです、後で知りましたつるバラは
春咲きのようです

「愛のガゼボ」恋人の聖地とかかれてありました、回りは白いバラです

「ガルテンツァーバァ ’84」

色とりどりのバラです、春の花より背丈が高いのでしょうか

「パシュミナ」 牡丹の花のよう

散策の森も秋色になり始めてました

春に咲いたバラでしょうか、赤い実がいっぱい

「マヌウメイヤ」 何から付けられた名前でしょうか

「シンプリヘブン」

「ホワイト ラ フランス」

「ザ ピルグリム」

「シャルロット」

「ピンク サクリーナ」

「ソニャドール」

ちょっとした高台から園を眺められます。

 

「バラ園」 続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL